今からダイビングライセンスを取る方法!資格の種類・費用も解説

南の島などのリゾート地で、スキューバダイビングを楽しむ……そんな体験に憧れる方もいらっしゃるかもしれませんね。

安全かつ楽しいスキューバダイビングを行うには、「Cカード」と呼ばれるスキューバダイビングのライセンスの取得がオススメです。

Cカードを取得せずにスキューバダイビングをする場合は「体験ダイビング」を受けることになりますが、体験ダイビングでは潜れる時間が短く、深さも3m~5m前後と比較的浅めの海に限られます。

また、インストラクターの付き添いも必須なうえに、Cカードを持っていない方はその都度講習を受けなければなりません。

しかし、Cカードを取得すると自分で器材も扱えますし、潜れる時間も長くなります。
インストラクターなしで、自由にダイビングを楽しめるようになるのです。

Cカードの取得は、一人でもダイビングができる知識と技術を備えていることの証明になるからです。

この記事では、スキューバダイビングのライセンス取得方法やライセンスの種類、取得にかかる費用の目安などを解説します。

スクールを選ぶコツや、ライセンス取得後のことについてもふれているので、参考にしてみてくださいね。

スキューバダイビングのライセンス「Cカード」とは?

スキューバダイビング Cカード

スキューバダイビングの認定証である「Cカード」は、「レジャーダイビング認定カード普及協議会(通称Cカード協議会)」が認定するダイビングの資格です。
「ダイビングライセンス」と呼ばれることもあります。

Cカードは、「特定の時期」に「特定の場所」で、スキューバダイビングに関する知識と技術を一定のレベル(最低限のレベル)で習得したことを示します。
また、ダイバーを受け入れる事業所にとってはダイバーのレベルを推し量る指標にもなります。

Cカードを所有していないことが原因で、酸素ボンベなどの器材を貸し出しできなかったり、ダイバーとして受け入れられなかったりするケースも珍しくありません。

よって、スキューバダイビングを行うにはCカードの提示が求められるケースが一般的です。

スキューバダイビングライセンスの種類

スキューバダイビング ライセンス 種類

スキューバダイビングのライセンスである「Cカード」には、いくつかの種類があります。
代表的なライセンスは以下のとおりです。

オープン・ウォーター・ダイバー(OWD)

「オープン・ウォーター・ダイバー(OWD)」は、もっとも基礎的かつ入門的なダイビングライセンスです。
潜水の計画や海況の見極め、危機回避などといった知識と技術を学びます。

取得すると、水深18mまで潜れるようになります。
2人以上の人たちと一緒にダイビングをすることも可能になります。

ただし、「自分の経験の範囲内で潜る」というルールがあるため、潜れない場所があったり、ダイビングスクールによっては受講できなかったりする場合も。

アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー(AOW)

「アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー(AOW)」は、水中撮影をしたり、魚の観察をしたり、ナビゲーションができたりする知識と技術を証明するライセンスです。

いってみれば、中級者向けのライセンスといえるでしょう。

ライセンスの取得には、オープン・ウォーター・ダイバー以上のCカードを所持していることが条件です。

レスキュー・ダイバー(RED)

ダイビング中に発生するさまざまなトラブルに対処できる知識や水中トラブルの未然防止、救命方法、応急処置などの技術を習得できるのが「レスキュー・ダイバー(RED)」です。

自分自身の身を守れる術が勉強できるうえに、一緒に潜るほかのダイバーの身の安全性に気を配る意識も持てるようになれます。
より安全なスキューバダイビングを楽しめるようになるでしょう。

なお、「レスキュー・ダイバー」を取得すると、世界各国のあらゆるダイビングポイントに潜れるようになるといわれています。

スペシャルティ・ダイバー(SP)

「スペシャルティ・ダイバー(SP)」は、なんらかの分野に特化したダイビングスキルを習得するライセンスです。

ある分野に関する専門的な知識と技術を身につけ、学んだことを応用し、監督者なしでスキューバダイビングができるようになることが目的。

たとえば、魚を見分けるスペシャルティ、船を基点としたボートダイブスペシャルティ、器材の使用法を学ぶスペシャルティなどがあります。

自分の興味関心がある分野を掘り下げたい方にオススメです。

スキューバダイビングライセンスの認定団体

スキューバダイビング 認定団体

スキューバダイビングのライセンスを発行している認定団体は複数あります。
ダイビングライセンスはすべて民間団体が発行しています。

ここでは、国内外で高い知名度を誇る認定団体を紹介しましょう。

PADI (Professional Association of Diving Instructors)

認定ダイバーや、海外に置く拠点も世界最大数を誇り、講座のプログラムも充実している認定団体が「PADI」です。
本部はアメリカにありますが、日本にも拠点を構えています。

世界180ヶ国以上に13万5000人以上のインストラクターが所属しており、ダイブセンターやダイブリゾートも世界に約5800ヶ所あるなど、非常にワールドワイドな組織です。

スキューバダイビングの認定団体としての実績はピカイチといえるでしょう。

また、PADIの認定講座のカリキュラムは、国内外で同じ内容となっています。
海外リゾート地などでダイビングの講習を受ける方は、日本でスキューバダイビングをするときも知識と技術の証明ができるので安心ですね。

手軽に楽しめることや、継続してトレーニングを行えること、そしてステップアップしやすいところもポイント。
短期間で効率的に技術を身につけられるところが、PADIの講習の魅力です。

NAUI(National Association of Underwater Instructors)

「NAUI」は、世界初のスキューバダイビングの指導員組織です。
創設は1960年代とのこと。伝統ある歴史が特徴の認定団体です。

NAUIの理念は、
「最愛の人を任せられる信頼」
「DIVE SAFETY THROUGH EDUCATION 教育を通した安全なダイビングの実践」

のふたつです。

NAUIの目的は、上記の理念にもとづいたハイレベルかつ実践的で柔軟なダイビング講習を提供することで、リーダーシップメンバーやインストラクターの人材育成を行うこと。

インストラクターは国内のみならずアメリカ、アジア、ヨーロッパ、南米など各国に点在しており、世界中から信頼を集める認定団体として認知されています。

ほかにも、NAUIに所属する「リーダーシップメンバー」やインストラクターの活動をサポートするプログラムと商品も提供しています。

BSAC(The British Sub Aqua Club)

「BSAC」は、イギリスのロンドンで設立された認定団体です。あのウィリアム王子が総裁に就任しています。

BSACの理念は、「SAFETY FIRST(安全はすべてにわたって優先する)」。
BSACで提供される講習内容はすべてこの理念にもとづいており、安全性を何よりも優先したものになっています。

ダイバー個人のレベルに応じたトレーニングを提供している点も特徴のひとつ。

スキューバダイビングの初心者から上級者まで対応した知識と技術を学べます。

ちなみに、「BSAC JAPAN(日本支部)」の講習では、ダイバーの安全性とスキルアップを考慮したうえで、日本の環境にもとづいたダイビング指導を行っています。

SSI(SCUBA SCHOOLS INTERNATIONAL)

アメリカで誕生以来、45年以上に渡ってスキューバダイビングの講習を提供してきた認定団体が、「SSI」です。

SSIでは、30ヶ国以上の言語に対応したダイバー向けの教材も販売しており、世界110ヶ国の2800ヶ所に30以上のサービスセンターも設けています。

ダイブセンターやリゾートといった施設も提供しており、日本のダイブセンターは全国に約30ヶ所あります。

SSIのサービスセンターとは、ダイバー同士が交流できたりスキューバダイビングを楽しめたりする場所のことです。

スキューバダイビングのライセンスはどこで取る?

スキューバダイビング 取得場所

スキューバダイビングのライセンスを取るのに海外のリゾート地や、国内でも名の知れたダイビングスクールやダイビングショップなどで取得する方法を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。

これは、いわゆる「現地型」と呼ばれる取得方法です。

海外リゾート地や沖縄、伊豆といった海辺の観光地で講習を開いているスクールが多いのが特徴です。
旅行のプランの一環として、家族や友人、恋人と一緒にダイビングのライセンスを取得する人も少なくありません。

憧れのリゾート地で、非日常の楽しみを体験したい方にオススメです。

また、「都市型」と呼ばれる取得方法もあります。
街中にあるダイビングスクールやショップでダイビングのライセンスを取得できる方法です。

実際の海で潜る「海洋講習」を地元の海で実践できるので、近場で手軽にライセンスを取得したい方にオススメです。

スキューバダイビングのスキルアップには「都市型」スクールの活用もオススメ

せっかくスキューバダイビングのライセンスを取ったとしても、体を動かさなければ潜る感覚も知識も、時間の経過とともに忘れてしまいますよね。

そこで、ライセンスを取得したあとも継続してスキューバダイビングの練習をしたい方や、スキルアップして上位のライセンスを取得したい方、趣味としてダイビングを極めたい方は、都市型のダイビングスクールやショップで講習を受ける方法がオススメです。

仕事終わりに通えたり、休日に行けたりなど、近場ならではの手軽さや利点があります。

ライセンスを取得した後、感覚が鈍らないようにするための練習場所として利用することも可能です。

ちなみにスキューバダイビングを継続したい方は、ライセンスを取得してから最低3ヶ月から半年以内に練習を再開するのがよいといわれています。

ライセンス取得にかかる費用と期間

スキューバダイビング ライセンス 費用 期間

ライセンス取得のための費用は、Cカードの種類(受講したいコース)やスクール、日帰りで取得するのか、宿泊で取得するのかによって異なります。

スキューバダイビングの入門ライセンスであるオープン・ウォーター・ダイバーを例にとると、取得費用には約3万円~6万円前後かかるようです。

費用には以下の内容が主に含まれています。

学科講習費

プール講習費

海洋講習費

教材費

施設使用費(プール実習や海洋実習のさいに使用するシャワー、休憩施設利用などにかかる費用)

器材費

Cカード申請費

スクールによって異なりますが、多くのスクールでは上記の取得費用に加えて別途費用として、往復の交通費やウェットスーツなどの備品レンタル代、食事代、保険料などがかかります。
申し込むコースが宿泊の場合は、宿泊費も必要です。

どれぐらいの期間で取得できる?

ダイビングのライセンスはさまざまな種類があるため、取得にかかる期間はライセンスの種類、スクール、申し込むコースによって異なるのが一般的です。

一例として、都市型のスクールでPADIが発行するオープン・ウォーター・ダイバーを日帰りコースで取得する場合、学科講習・プール講習・海洋講習すべてあわせて、4日前後が目安となります。

宿泊コースの場合、伊豆だと1泊2日、沖縄だと4泊5日が多いようです。

「自分がどの認定団体のどのライセンスを取りたいのか?」
「どのスクールのどのコースであれば無理せず取得できるのか?」
「できるだけ早く取得したい!」

など、ライセンスの取得にあたって必要な条件を洗い出したうえで、よく下調べをしておくことが大切です。

講習ではどんなことを学べる?

スキューバダイビング ライセンス 講習

スキューバダイビングの講習は、「学科講習」「プール講習」「海洋講習」の3つに分かれることが一般的です。

学科講習では、スキューバダイビングを安全に楽しむために必要な知識を習得します。
たとえば海に潜ることで体に生じる変化や影響、器材の使用法・管理法、海の環境と水中生物に関する知識など。

ライセンス取得後のステップアップ計画を考えるスクールもあります。

いわゆる「実習」にあたる講習が、プール講習と海洋講習です。

まずはプール講習で、スキューバダイビングの疑似体験ができます。器材の使い方や、潜る技術の基礎などをプールで実践します。

その後は、いよいよ海洋講習です。プール講習で練習した成果を、本物の海で発揮しましょう。

スクールを選ぶコツとは?

ダイビングのライセンスを取得できるダイビングスクールやダイビングショップは、日本全国のあらゆる地域に存在しています。
いったいどこに通って取得すればよいのか、迷ってしまうかもしれませんね。

現地型にせよ、都市型にせよ、まずは自分が取得したいライセンスの講習内容をチェックしてみましょう。
スタッフやお店の雰囲気と、自分が取りたい時期に講習が開講されているか確認することも重要です。

スキューバダイビングのライセンスを取得した後もスキューバダイビングを継続したい方は、ライセンス取得後のプランを見据えることも大切です。

現地型のスクールでライセンスを取得した方でスキルアップを目指す方は、地元で通えるダイビングスクールがないか、ぜひ調べてみましょう。

はじめから都市型のスクールで取得した方は、ライセンスの取得後もそのスクールに通い続けられるか?
取得後のスキルアップをサポートしてくれる制度は整っているか?
信頼できるインストラクターが在籍しているか?

このような点に注目してみてくださいね。

まとめ

スキューバダイビング 資格 まとめ

Cカードを取得すれば、一人で自由に海の中を泳げるようになれます。

家族や友人、恋人などと一緒に取得すれば、スキューバダイビングを一緒に楽しむことも可能です。Cカード取得後のうれしいポイントといえますね。

また、スキューバダイビングのライセンスを取得したことですっかり海に魅了され、「もっと上手に潜れるようになりたい」という目標ができた方は、ぜひ潜る練習をマメに重ねてみましょう。
ステップアップ・スキルアップには練習あるのみです。

趣味として手軽に楽しむ方法もあれば、趣味の域を超えて本格的にのめりこめる方法もあるスキューバダイビング。

あなたも、この夏始めてみてはいかがでしょうか?

ウーモアでは、スキューバダイビングをはじめとした女性にオススメのスクールや資格講座を掲載中です。
「何か新しい趣味を始めたい!」
「習い事に通って休日を充実させたい」
「資格講座でも勉強してみようかな」
このような方は、お気軽にウーモアで気になるスクールや資格講座を検索してみてくださいね。
気になる資料は【無料】でご送付いたします♪
あなたがなりたい自分になれますように。

参考サイト


パパラギダイビングスクール「ダイビングライセンス(Cカード)を取得する前に絶対知っておきたい事」(2018年7月6日,https://www.papalagi.co.jp/databox/data.php/owd_license_ja/code#ank_09)
SSI「SSIについて」(2018年7月6日,https://www.divessi.com/ja/inside-ssi/about/)
NAUI「NAUIについて」(2018年7月6日,https://www.naui.co.jp/about/)
BSAC「BSACについて」(2018年7月6日,http://www.bsac.co.jp/about/)
PADI「PADIについて」(2018年7月6日,https://www.padi.co.jp/scuba-diving/about-padi/)
PADI「PADIスペシャルティ・ダイバー・コース」(2018年7月6日,https://www.padi.co.jp/scuba-diving/padi-courses/course-catalog/specialty-diver-courses/)
PADI「レスキュー・ダイバー・コース」(2018年7月6日,https://www.padi.co.jp/scuba-diving/padi-courses/course-catalog/rescue-diver/)
PADI「アドヴァンスド・オープン・ウォーター・プログラム」(2018年7月6日,https://www.padi.co.jp/scuba-diving/padi-courses/course-catalog/adventure-in-diving-program/)
PADI「PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コース」(2018年7月6日,https://www.padi.co.jp/scuba-diving/padi-courses/course-catalog/open-water-diver/)
小田原ダイビングスクール「Cカード(ダイビングライセンス)の種類」(2018年7月6日,http://odawaradiving.jp/ow/license-value.html)
ダイビングライセンス取得ならマレア「スキューバダイビングの資格の種類」(2018年7月6日,https://www.marea.jp/scuba/type.html)
ダイビングスクールシャークアイ「【2018年 最新版】解説:ダイビングライセンスを取得する方法 自分にあった取り方とは?」(2018年7月6日,http://www.shark-eye.jp/licence#C)
Cカード協議会「Cカード協議会とは」(2018年7月6日,http://c-card.org/about/index.html)
Cカード協議会「Cカードの基礎知識」(2018年7月6日,http://c-card.org/basic_knowledge/index.html)

資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

資格学習にはメルマガ登録がオススメ!

50,000人以上が購読するメールマガジンに登録しませんか?

・おすすめの資格講座に関する情報
・メルマガ読者だけの最新講座情報
を無料でお届けします。

メールアドレス


個人情報保護方針に同意して