現場や在宅でも役立つ「介護食」の資格を取得するには?

介護食 資格 介護食士 介護食アドバイザー 介護食コーディネーター

「介護食」は、噛む力や飲み込む力が弱い高齢者向けの食事です。

在宅介護をしている人や介護業界に従事している人は、馴染み深いもの。

しかし、きちんと勉強する機会がないまま独学で介護食をつくった結果、

「これで本当によいのだろうか……」
「あんまり美味しそうに食べてもらえない……」

このように、自分の介護食のスキルに疑問をもってしまう人もいるかもしれません。

せっかく介護食を作るのであれば、安全で美味しい介護食を提供し、介護される人・する人どちらにとっても気持ちのよい食事にしたいですよね。

そこで、在宅介護を行っている方や、介護や栄養に関する仕事をしている方に向けて介護食のスキルアップに役立つ資格を紹介します。

介護食とは?

介護食とは?

そもそも介護食とは、どのような食事を指すのでしょうか。

介護食は、噛む力や飲み込む力が弱い高齢者向けに食べやすくつくられた食事のことです。

嚥下(えんげ)機能が低下している高齢者は、食事をしっかり噛んだり飲んだりできないため誤嚥や低栄養のリスクがあります。

そのため、介護食は、栄養バランス・食材の大きさや柔らかさ・味付けも考慮する必要があるのです。

安全に食べてもらう介護食を提供するには、高齢者が不足しがちな栄養素や、嚥下機能が低下していても食べられる固さを把握しなくてはなりません。

食欲をうながす見た目や「おいしい」と喜んでもらえる味付けにもこだわりたいところです。

介護食の資格取得はどのような人にオススメ?

介護食 オススメ

介護食の資格取得は、介護業界・福祉業界・飲食業界・家族の介護にかかわる方々、そして老後の暮らしに役立つ知識を習得したい方々にオススメです。

介護業界・福祉業界で働く方々

介護施設や訪問介護などで利用者の食事をつくる機会のある方のなかには、自己流の調理に限界を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、介護食の正しい知識と調理技術を身につければ、すぐに現場で活かすことが可能です。

また、介護食の資格取得は、病院に勤務する管理栄養士などのスキルアップにも繋がります。

飲食業界・食品業界で働く方々

高齢社会では、介護食のマーケットは拡大の一途をたどっています。

飲食業界や食品業界で働いている方は、介護食に関する資格を取得することで学んだことを商品開発やメニュー開発に活かせるでしょう。

在宅介護を行っている方々

自宅で家族の介護をしている方は、メニューのバリエーションを増やせたり、介護食のコツを覚えられたりなど、美味しい介護食を提供することで家族に喜んでもらえるメリットがあります。

安心・安全な食事を提供することで、介護者にとっても要介護者にとっても気持ちのよい生活が送れるでしょう。

自分が高齢者になったときの食事に気をつけたい方々

食事に気をつけることは、健康を気づかうことにも繋がります。

今のうちから介護食の知識や調理技術のノウハウを身につければ、将来家族の中に要介護者が出たときにも対応できるうえ、自分自身の噛む力や嚥下力が低下したときにも役立ちます。

未来への投資や安心材料として、資格を取得するのもひとつの手です。

介護食士

介護食士

介護食士とはどんな資格?

「介護食士」は内閣総理大臣認定・公益社団法人「全国調理職業訓練協会」が設けた認定資格制度です。

要介護者向けの介護食を提供できる専門知識があることを証明し、介護に携わる人々が正しい調理技術をもって食事を提供できることを目的に設立されました。

ちなみに、介護食士は公益事業として認定されている資格です。

訪問介護員や栄養士・調理師・介護福祉士など介護に携わる方を中心に多くの方が介護食士の資格を取得しています。

介護食士を取得するには?

介護食士の資格を取得するには、講習会が開かれている学校(専門学校など)に入学する方法と、学校などで開かれている一般向けの講習会に参加する方法があります。

等級は、1級から3級まで。
いずれの等級も学科・実習合わせて72時間の講習会に出席して修了試験を受験する必要があります。

受験資格は出席率80%以上で付与されます。

試験の合格点は、実技・筆記ともに60点以上です。

費用は各級7~9万円程度です(講習会の認定施設によって受講料は異なります)。

講習会の一覧はこちらからご覧ください。
介護食士 | 公益社団法人 全国調理職業訓練協会「資格取得方法・開講施設」

介護食士3級

介護食士3級は、調理学校などの学生ならびに一般の方が受講できます。

受講資格はとくにありません。

学科の授業時間は25時間です。
受講内容は以下のとおりです。

「介護食士概論」
「医学的基礎知識」
「高齢者の心理」
「栄養学」
「食品学」
「食品衛生学」

実習では、基本料理法・生活習慣予防食・便秘予防食・軟食などを学び、実際に調理も行って学習を進めます。
授業時間は47時間です。

介護食士2級

介護食士2級の講座は、介護食士3級を取得した方が受講可能です。

学科では、

「医学的基礎知識」
「高齢者の心理」
「栄養学」
「食品学」
「食品衛生学」

について学びます。学科の授業時間は16時間です。

実習では、調理理論と調理実習を56時間学びます。
嚥下補助食品や、食材別の調理を実践を通じて身につけます。

介護食士1級

介護食士1級は、介護食士2級の資格を取得した後に、2年以上の介護食調理実務経験を有する25歳の以上の方が対象の講座です。

学科の授業時間は32時間。

「医学的基礎知識」
「高齢者にかかわる制度」
「栄養学」
「食品学」
「食品衛生学」

について習得します。

低栄養に対応する献立づくりや食品と薬の関係についての講義、体の機能や疾病を考慮した献立作成などの実習があります。
実習の授業時間は40時間です。

介護食アドバイザー

介護食アドバイザー

介護食アドバイザーとはどんな資格?

「介護食アドバイザー」は、「日本能力開発推進協会(JADP)」が認定する資格です。

高齢者の心理や生理機能を考慮し、栄養バランスのとれた安全な介護食レシピをつくる技術を備えていることを証明する資格です。

食欲を増進させる盛りつけ方法や、食べやすい調理のコツなど、調理現場で実践できる知識やスキルを3ヶ月で学びます。

食事介助に関することも基本から学べますので、要介護者に食事を食べさせる際に気をつけたいポイントも押さえられます。

受験概要は以下のとおりです。

介護食アドバイザー 概要
□ 受験資格:JADPが指定する認定講座を修了した方
□ 履修内容:
高齢者の心理/栄養学や介護食の基礎知識など
□ 高齢期の病気や食生活
□ 受験費用:5,600円(税込)
□ 合否基準:得点率70%以上
□ 試験実施方法:在宅受験

教材には、イラストや写真が豊富なテキストのほかに、10分で調理可能な「レシピ集」もついてきます。

忙しい時間の合間を上手に縫いながら、美味しい介護食を作れるようになれるでしょう。

介護食アドバイザーを学べる講座

介護食アドバイザーの認定講座の詳細はこちらです。

介護食アドバイザー認定講座 概要
□ 講座の内容:
高齢者がかかりやすい病気や体の機能に関する知識を身につけ、口腔ケアや口腔機能トレーニング法のスキルも学びます。
介護食の作り方・食べさせ方・介護食レシピについて習得します。
介護の現場で活躍中の講師から添削指導を受けることも可能です。
□ 教材:メインテキスト2冊
添削問題集
学習ガイドブック
介護食レシピ
□ 受講費用:ネットからの申し込みの場合36,000円(税別)
□ 標準学習期間:3ヶ月

介護食コーディネーター

介護食コーディネーター

介護食コーディネーターとはどんな資格?

一般社団法人「日本味育協会」が認定しているのが「介護食コーディネーター」という資格。

要介護者が食を通して生きる喜びを感じ、健康を維持する支援・提案ができるプロフェッショナルが、介護食コーディネーターです。

「介護食コーディネーター講座」を受講し、期間内に全課題を提出して試験に合格すれば、資格を取得できます。

介護食コーディネーター 概要
□ 受験資格:とくになし
□ 試験実施方法:在宅受験

介護食コーディネーターを学べる講座

介護食コーディネーターの認定講座はふたつあります。

「生涯学習のユーキャン」と「ジャパン・フードコーディネーター・スクール」による講座です。

ユーキャンの介護食コーディネーター講座

ユーキャンの講座では、介護食に必要な調理のコツやノウハウを実践的に学べるカリキュラムが用意されています。

レシピのバリエーションも豊富なところがうれしいポイント。

献立づくりに迷わずに済んだり、旬の食材を使った介護食を作れるようになったりと、実践に役立つ教材が特徴です。

ユーキャンの介護食コーディネーター講座 概要
□ 受講費用:29,000円(税込)
□ 教材:メインテキスト 2冊
レシピ集1冊
DVD1枚
旬の食材ポスター
ガイドブック
など
□ 標準学習期間:3ヶ月

ジャパン・フードコーディネーター・スクールの介護食コーディネーター講座

ジャパン・フードコーディネーター・スクールによる講座は、高齢者の体の変化から介護食のレシピ・見た目を美しくするポイントなどを学べるのが特徴です。

講師による添削指導が3回と「質問用紙」が用意されているため、受験前に不安な点を押さえることが可能でしょう。

ジャパン・フードコーディネーター・スクールの介護食コーディネーター講座 概要
□ 費用:38,600円(別途入会金が30,000円、送料が1,200円かかります)
□ 教材:テキスト1冊
DVD2枚
添削課題(3回)
レシピカード3枚
質問用紙
通信講座受講マニュアル
□ 標準学習期間:3ヶ月

介護食に関する資格取得……将来性はある?

介護食 資格 将来性

内閣府が公表している「平成30年版高齢社会白書」によると、65歳以上の要介護認定者数は年々増え続けています。

それに伴い、介護に従事する人材の需要も高まり、常に不足している状況です。
実際に、2017年の介護分野の有効求人倍率は3.5倍でした。

このような背景から、今後は介護食を正しく作れる知識や調理技術を持った人材が求められることが予想できます。

まとめ

介護食 まとめ

介護食に関する資格は、
・介護食士
・介護食アドバイザー
・介護食コーディネーター

の3つがあります。

各資格に共通していることは、要介護者が美味しく食べやすい食事を楽しめるような献立を提供する知識や調理技術を身につけることです。

受講期間や受講費用、受講内容など、人によって資格取得に求める条件は異なります。

自分のピッタリの介護食に関する資格を取得して、在宅介護や仕事のスキルアップに役立ててみてくださいね。

ウーモアでは、介護や福祉、食に関する資格講座を多数掲載中です。
「私もそろそろスキルアップしたい!」
「何か資格を取って新しいことを始めてみようかな」
「前から興味があった●●について、本格的な勉強をしてみたい」
こんなふうにお考えの方は、気になる資格講座を検索してみてください♪
気になる資格講座の資料は【無料】でご送付します。
あなたがなりたい自分になれますように。

参考サイト


ユーキャンの介護食コーディネーター講座「介護食とは」(2018年7月10日,http://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/1434/about/)
農林水産省「新しい介護食品(スマイルケア食)の提供方法に関する基本的考え方」(2018年7月10日,http://www.maff.go.jp/j/shokusan/seizo/kaigo/pdf/guide_lines_1.pdf)
ユーキャンの介護食コーディネーター講座「こんな方におすすめ」(2018年7月10日,http://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/1434/suggestion/)
全国調理職業訓練協会「介護食士」(2018年7月10日,http://www.kaigosyokushi.jp/kaigoshokushi/kaigoshokushi.html
http://www.kaigosyokushi.jp/naiyou/naiyou.html#pagetop
http://www.kaigosyokushi.jp/jukoushikaku/jukoushikaku.html#pagetop)
通信教育のキャリアカレッジジャパン「介護食アドバイザー資格取得講座」(2018年7月10日,https://www.c-c-j.com/new_p/course/03_nursing_food/)
通信教育のキャリアカレッジジャパン「勉強方法・学習カリキュラム」(2018年7月10日,https://www.c-c-j.com/new_p/course/03_nursing_food/curriculum.html)
内閣府「平成30年版高齢社会白書(概要版)」(2018年7月10日, http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2018/gaiyou/pdf/1s2s_02.pdf)

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

50,000人以上が購読するメールマガジンに登録しませんか?

・おすすめの資格講座に関する情報
・メルマガ読者だけの最新講座情報
を無料でお届けします。

メールアドレス


個人情報保護方針に同意して