手話通訳士になるには?資格の試験概要と仕事内容が気になる!

手話通訳士 試験概要 仕事内容 手話技能検定との違い

選挙の政見放送の画面の端で、議員の演説を手話に訳している人を見たことはありませんか? 
あのような形で手話を行っている方のことを、「手話通訳士」といいます。

手話通訳士は、聴覚の不自由な方や発話に困難を抱えている方のコミュニケーションを助ける仕事です。

また、厚生労働大臣認可のもとに認められた公的資格の名前でもあります。

福祉関連の仕事をしている方のスキルアップにもなる資格です。

そんな手話通訳士の資格概要や試験内容、仕事への活用法を解説します。

手話通訳士とは?

手話通訳士 とは

手話通訳士とは、手話の通訳に長けた専門家のことです。

手話通訳士は、言葉を手話に訳したり、反対に手話を言葉に訳したりなどして、意志の伝達にハンディがある方々のコミュニケーションを助けます。

手話通訳士になるには?

手話通訳士になるには、主にふたつの方法があります。

ひとつめは、手話通訳士にふさわしい手話の知識や経験を有していること。

もうひとつは、培った手話のスキルをもって、「社会福祉法人聴力障害者情報文化センター」が実施する「手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)」に合格し、登録することです。

手話通訳士は資格がなくても業務を行えますが、この手話通訳士試験に合格し登録することで、公的な政見放送や裁判などでも手話通訳業務を行えるようになります。

手話通訳士に必要な手話のスキルを磨く方法として、主に以下の4つがあげられます。

1.地域の手話講習会に行く

全国の地方自治体やNPO法人が実施している「手話講習会」に参加して、スキルを磨く方法です。

受講費用がリーズナブルな価格(多くは受講費用無料、もしくはテキスト代・保険費用のみ)であるほか、初心者を歓迎する講座が多いため、「手話を学ぶのは初めて」という人でも参加しやすいのがメリットといえます。

参加条件は自治体によって異なりますが、

・講座の募集元である自治体に在住・在勤・在学している
・15歳以上である(自治体によっては16歳以上など、年齢が異なることもある)
・講座に無理なく参加できる予定である

などの条件が設けられていることがほとんどです。

講座に参加してみたい方は、自分が住んでいる自治体の公式サイトを見るか、「住まいの自治体名+手話+講座」などのキーワードで検索してみてくださいね。

2.地域の手話サークルに参加する

全国の自治体やNPO法人には、地元の人々が参加する「手話サークル」があります。

サークルでは毎週~隔週ペースで手話の学習会が催されており、日常会話に役立つ手話や、福祉についての心構えなどを学ぶことが可能です。

手話講習会と違って開講の時期も定員も決まっていないので、申し込みのハードルも低いでしょう。
多くは参加条件もとくになく、誰でも参加できる点もポイントです。

3.専門学校や高校で学ぶ

一部の福祉系専門学校や高校で、手話の通訳を学ぶこともできます。

現在、手話を専門的に学べる教育機関は以下のような学校です。

教育機関 場所
国立障害者リハビリテーション学院 手話通訳学科 埼玉県
日本福祉教育専門学校 社会福祉学科手話通訳コース 東京都
金城学院大学 人間科学部 コミュニティ福祉学科 愛知県

◆参考:「手話を学びたい方々へ」社会福祉法人聴力障害者情報文化センター

手話を基本から学べるほか、手話通訳技能認定試験の対策も行われることが多い点がメリットです。

手話通訳技能認定試験の難易度は高い傾向があり、合格するためには座学に加えて、数年の実務経験が望ましいといわれています。

そのため、手話の学校に通う場合は「手話通訳技能認定試験に合格するため」というより、「手話通訳士の基礎知識を身につけるため」に入学すると捉えたほうがよいかもしれません。

また、ここにあげた学校以外でも、一部の専門学校で手話コースを設けているところもあるので、チェックしてみてください。

4.テレビ番組や書籍で学ぶ

テレビで放送されている手話の講座番組や、手話の書籍を使って学ぶ方法です。
どちらの方法も「手話を学びたい!」と思い立った日から勉強をはじめられるところが魅力といえます。

ただし、テレビ番組の場合は視聴開始日によってカリキュラムが途中からになってしまうことも多いため、まずは初心者向けの手話の書籍などからあたってみるのがオススメです。

とくにDVDつきの参考書は、テレビと同じく手話の動きを実際に見られるので、上達も早くなるでしょう。

手話通訳士の試験概要

手話通訳士 試験概要

先述したとおり、手話通訳士になるには手話通訳技能認定試験に合格する必要があります。
試験には学科試験と実技試験があるため、双方の対策が必要です。

ちなみに平成29年度(2017年)に実施された第29回の試験では、受験者数は約1000名、合格者は85名、合格率は8.2%でした。

それ以前の合格率は、11.2%(第28回)、2.1%(第27回)、11.1%(第26回)です。

年度により異なりますが、難易度は高い傾向にあることが分かります。

◆参考:「合格者概況」社会福祉法人 聴力障害者情報文化センター

受験に際して特別な資格は必要ありませんが、実技試験をクリアするには、数年の手話通訳の経験があることが望ましいとされています。

このため、手話通訳士試験は初心者向きの資格試験というよりも、すでにある程度の手話通訳経験がある方や、手話通訳士として専門的に仕事にしたい方向きの試験かもしれません。

手話通訳技能認定試験 概要
□ 受験資格:20歳以上(試験実施年の年度末までに20歳になる人を含む)
□ 受験費用:18,000円(税込)
□ 試験日:年1回(2018年の試験は10月実施)※学科・実技で2日
□ 受験会場:東京・大阪・熊本

なお、 「学科試験」と「実技試験」では以下の内容が問われます。

学科試験
1.障害者福祉についての知識(障害者支援についての法律や制度、理念についての知識)
2.聴覚障害についての知識(聞こえの程度、コミュニケーションの方法など)
3.手話通訳者に必要な一般教養(異文化理解、手話通訳者の倫理観など)
4.文法、文章読解に関する国語の知識(文の構造についての知識や、敬語の使い方など
※四肢択一方式(4分野各20問ずつ)
実技試験
 
手話の通訳の正確さ、表現力、スピードはもちろんのこと、相手に訳を伝える際の声の調子、トーン、視線の動き、態度なども含めて採点される
※聞き取り通訳・読み取り通訳

手話通訳士の仕事内容

手話通訳士 仕事内容

手話通訳士の主な仕事は、言葉を聞き取るのが難しい人と手話がわからない人の間に立ち、双方のコミュニケーションをサポートすることです。

正しい手話の技術はもちろんのこと、発言者の意図を汲んで通訳するスキルや、発言者同士のプライバシーを守る倫理観などが求められます。

具体的には、市役所での手続きに付き添ったり、免許の更新を手伝ったり、医師の言葉を手話に訳して伝えたりといった業務を行います。

手話通訳士の活躍の場は?

手話通訳士の活躍場所は、老人ホームや保健施設、政見放送、行政機関の窓口、手話講習会の講師などです。
現状では、非正規雇用での就労率が高いとされています。

手話通訳派遣事業に登録し、派遣の仕事を得る方法もあります。
その場合、都道府県や市町村に手話通訳士として登録しなければなりません。

手話通訳士以外の福祉に関する資格を取得している方もいます。

平成22年度(2010年)の『手話通訳士実態調査事業報告書』によれば、手話通訳士以外の取得率が最も高い資格は「ホームヘルパー(14.9%)」(※原文ママ)でした。
次いで「社会福祉主事任用資格(13.1%)」、「保育士(10.8%)」です。

このため、介護職と手話通訳士の仕事を兼任する人もいます。

手話通訳士の仕事だけで生活している人は、実はほとんど見当たりません。
その背景には、手話通訳士の仕事の募集が少ないことや、手話通訳士の仕事だけでは生活が成り立たないことが挙げられています。

ただし、先述した調査の結果を見ると、資格を取得した方で実際に「手話通訳」の仕事をしている方の割合は30.2%。
「管理職」や「事務員」など、ほかの職種と比較しても就業率は群を抜いて高いため、それだけ専門的なスキルを身に着けていることが強く求められる仕事なのかもしれません。

◆参考:社会福祉法人聴力障害者情報文化センター「H22_手話通訳士実態調査事業報告書」

「手話技能検定」との違い

手話技能検定 手話通訳士 違い

手話に関する資格には、「手話技能検定」もあります。

手話技能検定は、手話を学んでいる人の手話スキルの習熟度をはかる民間資格です。
等級は初心者向けの7級から、上級者向けの1級まであります。

手話通訳士との違いは、手話技能検定の方が初心者向けの資格である点。
そして、手話通訳士と比べて資格と仕事が直結するわけではない点です。

手話技能検定はあくまで自分の手話のレベルを知る資格であり、手話通訳の技能を評価する資格ではありません。

手話通訳士として活躍したい方は手話通訳士技能認定試験に合格し、手話通訳士としての登録を申請しなければなりませんので、混同しないように注意しましょう。

手話技能検定についてくわしく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

手話技能検定の特徴とは?各級の違い・勉強方法を解説!

2018.08.24

まとめ

手話通訳士 まとめ

通訳するということは、直訳ということではなく、発言者の真の意図や心情を汲み取り、相手に伝える行為です。
コミュニケーションに対する理解力や正確性が非常に大切となります。

手話通訳を専門的に学び、将来手話通訳士として活躍したい方はもちろん、聞き取りや発話に困難を覚えている方を助けたい方や、すでに福祉関連の仕事に就いていてスキルアップできる資格を探している方にも、手話通訳士の資格はオススメです。

人と人のコミュニケーションを支える仕事として、手話通訳の勉強を始めてみてはいかがでしょうか?

ウーモアでは女性にオススメ・人気の資格講座を多数掲載中です。
気になる資格講座の資料は【無料】でご送付します。お気軽にお問い合わせくださいませ♪

参考サイト


社会福祉法人聴力障害者情報文化センター「手話を学びたい方々へ」(2018年8月10日,http://www.jyoubun-center.or.jp/slit/howto/)
厚生労働省「第30回(平成30年度)手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)について」(2018年8月10日,https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/shuwatsuyaku/)
一般社団法人 日本手話通訳士協会「手話通訳士の仕事」(2018年8月10日,http://www.jasli.jp/interpreter.html

「手話通訳士実態調査事業報告書」社会福祉法人聴力障害者情報文化センター(2018年8月23日,http://www.jyoubun-center.or.jp/wp-content/themes/joubun/pdf/houkokusho/s-d8-pdf04-H21.pdf)
厚生労働大臣公認第 30 回 手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)「受験の手引」(2018年8月23日,
http://www.jyoubun-center.or.jp/wp-content/themes/joubun/pdf/slit/30d2-5_tebiki.pdf)
社会福祉法人聴力障害者情報文化センター「手話を学びたい方々へ」(2018年8月23日,http://www.jyoubun-center.or.jp/slit/howto/)
社会福祉法人聴力障害者情報文化センター「第30回 手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)案内」(2018年8月23日,
http://www.jyoubun-center.or.jp/wp-content/themes/joubun/pdf/slit/30d2-1_shiken-annai.pdf)
社会福祉法人聴力障害者情報文化センター「試験案内・受験申込等」(2018年8月23日,http://www.jyoubun-center.or.jp/slit/about/)
日本福祉教育専門学校「手話通訳士」(2018年8月23日,https://www.nippku.ac.jp/license/ws/)

資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

資格学習にはメルマガ登録がオススメ!

50,000人以上が購読するメールマガジンに登録しませんか?

・おすすめの資格講座に関する情報
・メルマガ読者だけの最新講座情報
を無料でお届けします。

メールアドレス


個人情報保護方針に同意して