乗馬初心者は5級ライセンスから挑戦!各級の違いや特徴は?

乗馬 ライセンス 乗馬初心者 メリット

ひとりで馬をかっこよく乗りこなす「乗馬」
ちょっと憧れませんか?

乗馬のスキルをもっていれば、乗馬ツアーに参加したり、ホーストレッキング(馬に乗って高原や海岸をゆったり散歩するレジャー)をしたり、趣味やレジャーの幅も広がります。

でも、
「難しそう」
「何からはじめたらいいのかわからない」
「何を目指せばいいのかわからない」

と、ハードルが少し高いように感じるかもしれません。

そこで初心者にオススメなのが、乗馬のライセンスを取得することです。

乗馬のライセンスを取得するメリット

乗馬 ライセンス メリット

馬に慣れていない人にとっては、乗馬はなかなか難しいものです。

馬をゆったりと歩かせる「常歩(なみあし)」という基本テクニックすら、初心者がマスターするのは一苦労といわれています。

そのため、ライセンスの取得を通じて騎乗の技術や馬について勉強すると、乗馬がもっと楽しくなるかもしれません。

とくに乗馬の初心者は最初から一人で馬に乗ることは難しいので、もっともやさしい5級から取得するとよいでしょう。

趣味として乗馬を楽しむようになったら、レベルアップを目指して上位のライセンス取得にチャレンジすることもできます。
そうなると、乗馬がますます面白くなるかもしれません。

初心者にオススメ!「乗馬5級ライセンス」で乗馬の基本をマスター

乗馬 ライセンス 5級 初心者 

「全国乗馬倶楽部振興協会」が認定している乗馬のライセンスは複数あります。

まず、スタンダードな乗馬のライセンスとして認定されているのが「乗馬ライセンス」です。
やさしい順から5級・4級・3級の等級があります。

ただし、この「乗馬ライセンス」には2級・1級が存在しません。

3級も含む上位の級は、より専門色の強い「障害」・「馬場」・「エンデュランス」という3種類に分かれます。

各ライセンスの概要や取得方法については後述します。

そして、先述したように初心者にオススメなのは「乗馬ライセンス」の5級・通称「乗馬5級ライセンス」です。

乗馬5級ライセンスは3日間で取得できる!

乗馬の初心者に乗馬5級ライセンスをすすめる理由は、以下の2点にあります。

短期間で取得できる

乗馬に必要な基礎知識が身につく

ほかの等級は取得するのに約1週間前後かかったり、数ヶ月必要だったりします。
しかし、5級は一般的に3日程度で取得できます。

取得するには、申し込んだ乗馬クラブに通って実技を重ね、座学に出席します。
資格試験は、筆記試験と実技試験のふたつがあります。

筆記試験では乗馬や下馬の方法、手綱の持ち方、馬の名称や手入れの方法などが問われます。

乗馬を続けるうえで知っておくべき基礎知識がひととおり学べるため、初心者にぴったりのライセンスといえるでしょう。

取得にかかる費用の目安

乗馬5級ライセンスの取得にかかる費用は、5万円前後です。

費用の内訳は、以下を参考にしてください。

ライセンスの申請料 10,800円(税込)
※全国一律
5級取得コースの受講料 3万円前後 
※受講先の乗馬クラブによって異なる
3万円前後 ※受講先の乗馬クラブによって異なる 1万円前後

申請料はライセンスの認定元が変わらないため、どの乗馬クラブに申し込んでも全国一律です。

ただし、テキスト代やレッスン代、馬術用具のレンタル料などは、受講先の乗馬クラブによって異なります。

また、ライセンスの取得コースの内容も、

・二泊三日の短期集中型コース
・週末のみの複数回レッスンでゆっくり取得するコース

クラブによって取得コースの日程が異なり、別途宿泊費や食費がかかることもあります。

自分の予算・予定とあうクラブとコースを見つけてみてください。

乗馬5級ライセンスは全国の乗馬クラブで取れる

全国乗馬倶楽部振興協会が認定する乗馬ライセンスは、全国の乗馬クラブで実施されているライセンスコースに申し込み、取得するのが一般的です。

乗馬クラブは全国各地にあります。
お住まいの地域から通いやすいクラブを検索してみるとよいでしょう。

なお、どの乗馬クラブでライセンスを取っても、資格の認定元は全国乗馬倶楽部振興協会です。各級の試験内容やレベルの目安も変わりません。

クラブを選ぶ際は通いやすさや受講費用、インストラクターとの相性などを参考にしてみてくださいね。

乗馬のライセンスを種類別に比較!

乗馬 ライセンス 種類

最後に、乗馬のライセンスを種類別に解説します。

上述したように、乗馬のライセンスには「乗馬ライセンス」という名前のライセンスがあり、5級・4級・3級があります。
乗馬ライセンスには、2級・1級は設けられていません。

3級以上の等級(3級も含む)は、「障害」・「馬場」・「エンデュランス」の3種類に分かれており、より高度な知識と技術を証明するライセンスとなっています。

2級以上のライセンスを取得すると、競技の出場に必要な「騎乗者」資格(B級)にライセンスを移行できます。

競技に出るには「日本馬術連盟」が認定する騎乗者資格(B級)が必ず必要です。

以下、乗馬のライセンスを種類別に分類してみました。

「○」=資格がある/「×」=資格がない
乗馬ライセンス 障害 馬場 エンデュランス
5級
4級
3級
2級
1級

「乗馬ライセンス」5~3級で乗馬の基本技術を学べる

乗馬ライセンスでは、乗馬・下馬・常歩・速歩・巻乗りといった基本的な乗馬テクニックと、馬に関する基礎知識が問われます。

乗馬ライセンス3級を取得するころには、騎乗できる馬の種類も増えています。
そのため、上級のライセンスにも挑戦しやすくなるでしょう。

障害物をクリアできるか競う「障害ライセンス」

障害ライセンスは、障害物が置かれたコースを完走する技術が問われるライセンスです。

難易度はやさしい順から3級・2級・1級に分かれており、上級になるにつれて障害物の数が増えていきます。

馬術マスターも夢じゃない?「馬場ライセンス」

馬場ライセンスでは、馬を丁寧にコントロールする馬術が問われます。

馬場ライセンスには2級・1級があり、試験は馬の訓練場である馬場で行われます。
決められた経路を決められた速度で完走するのが試験内容です。

「馬場内のどのルートを通るか?」
「どこで敬礼するか?」
「入退場の場所はどこか?」

など、経路の暗記や細かなパフォーマンスも審査されます。

「エンデュランス」は乗馬のマラソン競技!長距離の完走が目標

馬と一緒に長距離を走りぬくテクニックが問われるエンデュランスは、たとえて言うなら「乗馬のマラソン」です。

上級になるにつれて走るコースの距離や、完走するべき回数が増えていきます。
最難関の1級では、80km以上のコースを3回完走しなければなりません。

難易度の高いライセンスですが、取得できれば乗馬の腕前はプロ級といえそうです。

まとめ

乗馬ライセンス まとめ

初心者にオススメの「乗馬5級ライセンス」の特徴と、種類別に乗馬のライセンスを解説しました。

趣味やレジャーとして乗馬を楽しんでみたい人は、近くの乗馬クラブを探してみてくださいね。

ウーモアでは、女性にオススメのスポーツを習えるスクールを多数掲載中です。習い事としてスポーツを始めてみては?気になるスクール資料は【無料】でご送付いたします。お気軽にお問い合わせください♪

参考サイト


公益社団法人 全国乗馬倶楽部振興協会「技能認定審査のご案内」(2018年9月10日,http://www.jouba.jrao.ne.jp/information/ginou/index.html)
公益社団法人 日本馬術連盟「平成17年度騎乗者資格改正についてのQ&A」(2018年9月10日,http://www.equitation-japan.com/q_a_04.html)

資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

資格学習にはメルマガ登録がオススメ!

50,000人以上が購読するメールマガジンに登録しませんか?

・おすすめの資格講座に関する情報
・メルマガ読者だけの最新講座情報
を無料でお届けします。

メールアドレス


個人情報保護方針に同意して