アロマセラピストは香りで人を癒やすプロ!資格は取るべき?

植物や花から抽出した精油(エッセンシャルオイル)の香りを使う「芳香療法」が、「アロマテラピー」です。

心身の緊張をほぐしたり、リラックスさせたりと、アロマテラピーには人の心と体を癒やす効果があり、アロマテラピーを施すプロのことを「アロマセラピスト」と呼びます。

アロマセラピストになる方法や仕事内容、そしてオススメの資格についてまとめました。

アロマセラピストとは香りで癒やしを届ける人!

アロマセラピスト

アロマセラピストは、アロマテラピーの専門家として、アロマの正しい使用法やアロマテラピーを健康維持に用いる方法を教えます。

安全にアロマテラピーを楽しむ方法をアドバイスしたり、香りによるカウンセリングを行ったりなどの働き方を選ぶ人もいます。

香りによる人癒やしを届けるのが、アロマセラピストの役割といえるでしょう。

アロマセラピストの仕事内容や活躍場所の詳細は後述します。

アロマセラピストになるには2つ方法がある

アロマセラピスト なるには

以下の2つが、アロマセラピストになる方法です。

・アロマの資格を取得する
・サロンで経験を重ねる

ひとつめは、アロマに関する資格を取得することです。

ふたつめが、サロンで経験を重ねること。

未経験から仕事を始めて現場で知識を覚え、経験を重ねながら一人前になる人もいるようです。
すでに経験のある人が現場で知識を磨き続けたり、接客力を高めていったりするケースもあります。

サロンによっては資格の取得を後援することもありますが、アロマの知識を習得する方法は人それぞれ。

働きながらアロマに関することを勉強し、現場の即戦力となるスキルを得たい人もいれば、通信講座などを使い、自分のペースで学習を進めたい人もいるでしょう。

アロマセラピストの仕事内容

アロマセラピスト 仕事内容

アロマセラピストとして働くには、アロマ(精油)の専門的な知識を有していることが必須です。

人体に対する影響など、生理学的な知識が求められることもあります。

仕事内容や職場によってはお客さまにカウンセリングを行うこともあるため、メンタルヘルスに関する知識を勉強しておくこともオススメです。

アロマセラピストの活躍場所は?

アロマセラピストの活躍場所は多岐にわたります。

アロマセラピスト 活躍場所
□ アロマテラピーサロン
□ アロマショップ
□ オーガニックコスメショップ
□ アロマテラピー教室
□ アロマテラピーのボランティア
□ 病院
□ 介護施設
□ アロマテラピーに関するコンサルテーション事業

美容・健康・福祉・介護など 、幅広い領域で活躍が期待できます。

もっともイメージしやすい例としては、アロマトリートメントを行うアロマテラピーサロンやリラクゼーションスパなどに就職することかもしれません。

精油を販売するアロマショップや化粧品の販売員として、お客さまに合ったアロマオイルを提案する働き方もあります。

カルチャースクールやアロマスクールなどで、講師としてアロマに関することを教えるアロマセラピストもいます。

病院や介護施設でアロマテラピーを行うなど、治療やリハビリテーションのために技術を活用する人もいるようです。

アロマセラピストを目指せる!オススメの資格4選

アロマセラピスト 資格

アロマセラピストになるには資格取得が必須ではありませんが、取得しておくことがオススメです。

アロマテラピーは人の心身に影響を与えるものなので、専門知識を学べる資格を取得して損をすることはないでしょう。

アロマセラピストになるのに役立つ資格は、以下の4つです。

アロマテラピー検定1級

アロマテラピーアドバイザー

アロマセラピスト

アロマテラピーインストラクター

上記の資格はすべて、「公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)」が主催しています。

以下に、それぞれの資格概要をまとめます。

アロマテラピー検定1級

「アロマテラピー検定」は、アロマに関する資格のなかで入門ともいえる資格です。
アロマの基礎を勉強したい人にぴったりの資格でしょう。

等級には1級・2級がありますが、アロマセラピストとしてステップアップをはかり、仕事に繋げていくには、1級の取得がオススメです。

アロマテラピー1級 概要
□ 受験資格:誰でも受験可能(1級からの受験も可)
□ 受験費用:6,480円(税込)
□ 日程:年2回(5月・11月)
□ 取得方法:試験合格

アロマテラピーアドバイザー

アロマの使用法や安全に楽しむ方法をアドバイスしたり、アロマテラピーの基礎的な知識を社会に伝えたりする技能を証明します。

「アロマテラピーアドバイザー」は、アロマショップで販売員の仕事をしたい人や、一般の人にアロマに関する知識を伝えたい人にオススメです。

職場環境の改善・健康管理のために活用する人もいるとのこと。

なお、アロマテラピーアドバイザーの資格を取得するには、資格を主催しているAEAJに入会する必要があります。

アロマテラピーアドバイザー 概要
□ 受験資格:アロマテラピー検定1級合格者およびAEAJ入会者
□ 受験費用:5,140円(税込)
□ 日程:年2回(2月・8月)
□ 取得方法:「アロマテラピーアドバイザー認定講習会」の受講

アロマセラピスト

職業名ではなく、資格のひとつとして「アロマセラピスト」があります。

アロマテラピーサロンに就職したい人や、サロンを経営したい人にオススメです。
病院や介護施設でアロマテラピーを行うなど、高度な知識と技術が要求される仕事にも役立ちます。

資格取得にあたって求められるレベルも高いため、アロマテラピー検定1級とアロマテラピーアドバイザーを取得していることが必須となります。

このため、アロマテラピーアドバイザーのステップアップ的な資格ととらえることもできるでしょう。

「アロマセラピスト学科試験」と「トリートメント実技試験」のふたつの試験に合格することも資格取得の条件です。

認定スクールで所定の科目(「アロマセラピスト必須履修科目」)を履修し、「カルテ演習」というアロマテラピーに関するカルテ作成の演習も行います。

アロマセラピスト 概要
□ 受験資格:
・アロマテラピー検定1級合格者
・AEAJ入会者
・認定スクールでの「必須履修科目」の修了者
・学科試験合格者
・実技試験合格者
・カルテ演習修了者
□ 受験費用:5,140円(税込)
□ 受講費用:20万円~30万円前後(スクールごとに異なる)
□ 日程:年2回(5月・11月)
□ 取得方法:
・学科試験合格
・実技試験合格
・カルテ演習修了

アロマテラピーインストラクター

「アロマテラピーインストラクター」は、安全にアロマテラピーを実施する方法や、アロマテラピーを健康維持に役立てるコツを教える技能をもちます。

アロマセラピストの資格同様、精油に関する高度な知識が求められると同時に、解剖生理学やメンタルヘルスに関する知識も必要です。

アロマテラピーを普及したい人や講座を開きたい人など、アロマテラピーを人に「伝える」ことに興味がある人にピッタリです。

アロマセラピストと同じく、アロマテラピーアドバイザーのステップアップとなる資格ですので、アロマテラピー検定1級・アロマテラピーアドバイザーの取得は必須です。

認定スクールでの「アロマテラピーインストラクター必須履修科目」の修了も求められます。

以上の条件を満たしたうえで「アロマテラピーインストラクター試験」に合格すると、資格取得となります。

アロマテラピーインストラクター 概要
□ 受験資格:
・アロマテラピー検定1級合格者
・AEAJ入会者
・認定スクールでの「必須履修科目」の修了者
・試験合格者
□ 受験費用:5,140円(税込)
□ 受講費用:10万円~20万円前後(スクールごとに異なる)
□ 日程:年2回(3月・9月)
□ 取得方法:試験合格

講座でアロマを勉強!通学・通信どちらで学ぶ?

アロマ 講座 通信 通学

アロマテラピーに関する知識を身につけ、アロマセラピストを目指すには、講座に申し込んで勉強するのも手段のひとつ。

通信講座は忙しい人にピッタリ

通信講座ならば、空いている時間を使って自分の都合に合わせた学習計画を立てられます。

働きながら取得を目指す人や、忙しい時間の合間を縫って勉強したい人は、通信講座がオススメです。

添削課題つきの通信講座であれば、講師によるフィードバックから弱点を見つけたり、勉強不足な部分を補うヒントを得られます。

精油がついてくる通信講座もあるため、実際の香りを嗅ぎながら学習を進めましょう。

通学講座はアロマサロンで働きたい人にオススメ!

通学講座はアロマトリートメントを使ったリラクゼーションサロンや、アロママッサージ店などに就職を希望する人にオススメです。

精油を使ったほぐしの手技などを身につけるには、実習を通して技術を覚えることがもっとも確実かつ近道となる方法でしょう。

リラクゼーションサロンなどに勤務経験のある講師のもとにつけば、リアルな現場の話を聞くことで接客のコツや施術の注意点も学べます。

店舗を経営している講師がいれば、店舗運営に関するノウハウを直接教えてもらえる可能性もあります。

一人での学習に不安があったり、より実践的な知識を吸収したい人は、通学講座で勉強する方がよいかもしれません。

まとめ

アロマセラピスト まとめ

香りには、人を癒やす力があるとされています。

「ちょっと疲れたなあ」と悩んでいる人や、気分転換の方法として精油を日常に取り入れてみたい人をそっと支えることができるのが、アロマセラピストです。

香りで癒やしを届けるアロマセラピストになりたい人は、アロマに関することを勉強してみてはいかがでしょうか?

ウーモアでは、アロマテラピーに関する資格講座を多数掲載中です。気になる資格講座の資料は【無料】でご送付いたします。お気軽にお問い合わせください♪

参考


『日本の給料&職業図鑑』(2016年,宝島社,給料BANK)
『日本の給料&職業図鑑Plus』(2016年,宝島社,給料BANK)
『2019年版資格取り方選び方全ガイド』(2019年,高橋書店,高橋書店編集部)
アロマセラピスト「アロマセラピスト学科試験」(2018年10月2日,https://www.aromakankyo.or.jp/licences/therapist/)
(公社)日本アロマ環境協会「アロマの検定・資格」(2018年10月2日,https://www.aromakankyo.or.jp/licences/)
アロマスクール ラヴァーレ「アロマセラピストとは」(2018年10月2日,https://www.lavare.co.jp/aroma/job.html)
(公社) 日本アロマ環境協会「資格取得者の声」(2018年10月2日,https://www.aromakankyo.or.jp/licences/therapist/report/)
(公社) 日本アロマ環境協会「アロマテラピー検定」(2018年10月2日,https://www.aromakankyo.or.jp/licences/aroma/)
(公社) 日本アロマ環境協会「アロマテラピーアドバイザー」(2018年10月2日,https://www.aromakankyo.or.jp/licences/adviser/)
(公社) 日本アロマ環境協会「アロマテラピーインストラクター」(2018年10月2日,https://www.aromakankyo.or.jp/licences/instructor/)

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

資格学習にはメルマガ登録がオススメ!

50,000人以上が購読するメールマガジンに登録しませんか?

・おすすめの資格講座に関する情報
・メルマガ読者だけの最新講座情報
を無料でお届けします。

メールアドレス


個人情報保護方針に同意して