リテールマーケティング(販売士)1級・2級・3級の試験を全解説!

リテールマーケティング 販売士 販売のプロ 流通・小売業で役立つ資格

・接客の腕を磨きたい販売員
・マーケティング担当者
・経営者

など、販売と経営の知識が必要な職種の人にオススメの資格が、「リテールマーケティング(販売士)」です。

リテールマーケティング(販売士)は、流通業界への就職を目指す学生やスーパーといった小売店で働く主婦など、幅広い層にも注目されています。

接客の技術や幅広い販売・経営の知識を学べる点が資格の特徴。
取得すると、「販売のプロ」としての技能を証明してくれます。

販売の知識やスキルを底上げしたい人に向けて、リテールマーケティング(販売士)試験の概要、オススメの勉強方法などをまとめました。

そもそもリテールマーケティング(販売士)とは?

リテールマーケティング(販売士) とは

「リテールマーケティング(販売士)」は、「販売のプロ」ともいうべき人材を認定するための資格です。
以前は、「販売士検定」と呼ばれていました。

「販売士」とは、接客や商品管理、マーケティングなど、流通業界におけるあらゆる知識や技術をもつ人のことです。

販売のプロを証明する資格ということもあり、この資格で学べる内容は多岐にわたります。

売場販売員、また管理者や経営者が、販売や経営に携わるプロとして身につけておくべき知識や技術を学べます。
流通業界全体を広く見渡せる知識なども得られるでしょう。

ちなみに、資格を保持し続けるためには、5年ごとに更新試験を受ける必要があります。
常に新しい学びを得ることができるのも、この資格の特徴です。

リテールマーケティング(販売士)の試験

リテールマーケティング(販売士) 試験

資格を取得するには、検定試験に合格することが条件です。

検定試験には、3級から1級まであります。
受験資格はとくになく、誰でも受けられます。

また、受験は好きな級から受けられ、併願受験も可能です。

出題形式が改定!より受験しやすい形に

2015年からすべての級で出題形式が変更されたため、従来よりも受験にチャレンジしやすい形になりました。

これまで2級および3級では、少なくとも7個、最大10個程度の語群が提示され、そのなかから回答を選択する形式でした。しかし改定後は、選択肢が4つに絞られています。

また、1級で出題されていた「面接」も2015年の改定により廃止となりました。
このため、受験のハードルが低くなったと言えるでしょう。

出題形式と合格基準

2級と3級はマークシート形式、1級は選択問題と記述形式の試験です。
すべての級で、共通の5科目が問われます。

リテールマーケティング(販売士) 試験科目
(1)小売業の類型
(2)マーチャンダイジング
(3)ストアオペレーション
(4)マーケティング
(5)販売・経営管理

◆参考:「出題範囲・合格基準」リテールマーケティング(販売士)検定試験

それぞれの科目で50%以上、科目全体の70%以上が合格ラインとなっています。ただし、ひとつでも50%を下回る科目があると不合格となるため、すべての科目をまんべんなく勉強する必要があるでしょう。

受験回数と期間

2級と3級は年に2回、1級は年に1回検定試験が行われます。
2018年度の試験は2019年2月20日(水)で、同じ日にすべての級の試験が実施されます。

受験場所は商工会議所です。
東京都23区内で受験することも可能ですが、23区以外で受験を希望する場合は最寄りの商工会議所にお問い合わせください。

◆参考:「商工会議所検索」商工会議所の検定試験

3級

販売担当者に向けた問題が出題されます。

売場の見せ方や接客に関する知識、技術のほか、マーケティングや流通および小売業界に関する基本知識が出題範囲です。
「試しに受けてみたい」という人は、3級から始めるのがオススメです。

講座修了者・「商業経済検定試験」の合格者は一部受験免除に

3級では、商工会議所指定の「養成通信教育講座」を修了し、スクーリングを終えると、「販売・経営管理」の科目が免除されます。

また、「養成講習会」を修了し、講習会内で実施される「予備試験」に合格した人も、一部の科目が受験免除になります。
「全国商業高等学校協会」が主催している「商業経済検定試験」合格者も、一部の科目が免除されます。

申請には「販売士科目免除申請書」および合格証明書、もしくは合格証明書のコピーが必要ですので、準備しておきましょう。

科目と受験時間

時間配分は5科目で100分となっています。
科目免除を受けている人は、免除が1科目の場合80分、2科目の場合60分となりますのでご注意ください。

3級 試験概要
□ 試験時間:1時間40分
□ 受験料:4,120円(税込)

2級

流通業や小売業などのマネージャーなど、管理職に向けた問題が出題されます。

売場づくりや顧客目線をとらえる力はもちろん、販売促進に関する企画立案なども試験範囲です。

科目と受験時間

2級では「小売業の類型」と「マーチャンダイジング」で60分、そのほか3つの科目で90分です。
ただし、「販売・経営管理」の科目が免除の場合、受験時間はどちらも60分となります。

2級 試験概要
□ 試験時間:2時間30分(休憩時間は別途設けられています)
□ 受験費用:5,660円(税込)

通信講座を修了すれば、一部の科目受験が免除になる

3級と同じく、「商工会議所」が指定する通信教育機関で「養成通信教育講座」を修了し、スクーリングを終えている場合、一部の科目が受験免除となります。

免除の手続きには、「販売士科目免除申請書」および「修了証明書」のコピーが必要です。

1級

1級は、経営者やコンサルタント、経営管理や企業戦略などを行う人にオススメの級です。

マーケティングや経営企画、財務予測にいたるまで、小売・流通業界に関するあらゆる専門性が求められるレベルとなっています。

出題科目自体は同一ですが、2級や3級と異なるのは、出題のされ方、そして時間配分です。

1級では、各科目で「記述式」および「客観式選択問題」が出題されます。
出題科目を、便宜上AとBに分類して紹介します。

□ A
・小売業の類型
・マーチャンダイジング
・ストアオペレーション

□ B
・マーケティング
・販売・経営管理

時間配分に関してですが、Aは3科目で120分、Bは2科目で80分の受験時間が設けられています。
Aは午前、Bは午後に試験が行われます。

1級 試験概要
□ 試験時間:3時間20分(休憩時間は別途設けられています)
□ 受験費用:7,710円(税込)

不合格でも一定の条件クリアで一部受験免除になる

1級では、不合格になったとしても、70点以上を獲得した科目は受験免除となります。
2020年度までに再受験すれば適用されますので、再チャレンジしやすいといえるでしょう。

「販売士科目免除申請書」および「科目別合格証明書」があれば、再度受験が可能です。

※証明書の再発行はできません。

試験を突破するオススメの勉強方法

リテールマーケティング(販売士) 勉強方法

オススメの勉強法として、以下の3つがあります。

①テキストを使って独学で勉強する

②通信講座を利用する

③通学で受験対策講座を受ける

テキストを使って独学で勉強する

リテールマーケティング(販売士)検定試験には公式の教材が用意されているため、独学で勉強することが可能です。

東京商工会議所が紹介している学習教材をご紹介しますので、参考にしてください。

●1級
1級ハンドブック(改訂版)≪5冊セット≫
出版元:株式会社カリアック
価格:8,100円(税込)

●2級
2級ハンドブック(5冊セット)
出版元:株式会社カリアック
価格:7,020円(税込)

●3級
3級ハンドブック(5冊セット)
出版元:株式会社カリアック
価格:6,480円(税込)

公式以外にも、各級に特化したものなどさまざまなテキストが出版されているので、それらを参考にしてみてもいいでしょう。

通信講座を利用する

以下の4つの機関では、販売士養成のための通信講座を提供しています。

・日本販売士協会(2級・3級のみ)
・日本経営協会(2級・3級のみ)
・公開経営指導協会
・産業能率大学

上記の通信講座の修了者で、スクーリングを終えた方は「販売・経営管理」の科目受験が免除となります。

免除科目があれば、その他の科目に集中して勉強しやすくなります。
苦手な科目を補う学習をしたり、弱点を克服する時間を作ったりなど、通信講座で科目合格すれば、時間に余裕も生まれるでしょう。

確実な合格を目指せるのが通信講座のメリットですので、有効活用してみてください。

通学で受験対策講座を受ける

一部の商工会議所や大学、専門学校ではリテールマーケティング(販売士)検定試験の受験対策講座を行っているところがあります。

独学や通信講座など、ひとりでの学習に不安がある人は、仲間と一緒に学べる環境で勉強する方法がよいかもしれません。

通学講座は、講師にその場で質問できたり、指導してもらえたりする点も魅力です。
講義の情報が気になる人は、大学や商工会議所のHPをチェックしておくとよいでしょう。

リテールマーケティング(販売士)は流通業界の仕事に役立つ!

リテールマーケティング 流通業界 仕事

リテールマーケティング(販売士)検定試験を受けると、小売業や卸業など、さまざまな流通業界で通用する知識が得られます。
そのため、コンビニやスーパー、専門店などの現場で働く販売員にオススメです。

ほかにも、管理職や店長など、流通・小売業界で店舗経営・運営をしている人も、リテールマーケティング(販売士)で資格で得た知識を活用できます。

販売のほかにマーケティングや商品管理の分野も学べるため、幅広い知識とスキルが身につきます。

経済の動きなども学ぶので、接客や商品知識だけではなく、経済全体のことが理解できるようになる点も大きなメリットです。

将来、流通業界で活躍したいという学生も、勉強しておいて損はないでしょう。

まとめ

リテールマーケティング(販売士) まとめ

リテールマーケティング(販売士)の資格を解説してきました。

リテールマーケティング(販売士)の資格は、販売接客だけではなく、経営企画やコンサルタントといった多種多様な職種で応用可能です。

仕事に役立つ、幅広い販売や経営の知識を身につけたい人にピッタリの資格ですので、スキルアップやキャリアアップを目指したい人は、取得を検討してはいかがでしょうか。

参考サイト


商工会議所の検定試験「リテールマーケティング(販売士)検定試験の出題形式の変更について(平成27年1~3級試験から変更)」(2018年10月18日,https://www.kentei.ne.jp/7251)
東京商工会議所検定試験情報「リテールマーケティング(販売士)検定試験 | 出題範囲・合格基準」(2018年10月18日,https://www.kentei.org/hanbaishi/testinfo.html)
商工会議所の検定試験「販売士 販売士とは」(2018年10月18日,https://www.kentei.ne.jp/retailsales/about)
リテールマーケティング(販売士)検定試験「公式通信講座」(2018年10月18日,https://www.kentei.org/hanbaishi/tsushin.html)
商工会議所の検定試験「リテールマーケティング(販売士)検定 始まります!!」(2018年10月18日,https://www.kentei.ne.jp/6300)

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

資格学習にはメルマガ登録がオススメ!

50,000人以上が購読するメールマガジンに登録しませんか?

・おすすめの資格講座に関する情報
・メルマガ読者だけの最新講座情報
を無料でお届けします。

メールアドレス


個人情報保護方針に同意して