時事問題に強くなる!「ニュース検定」とは?試験概要・各級の特徴

ニュース検定 とは? 世の中の動きがわかる

テレビや新聞、インターネットなどで、私たちは日々ニュースにふれています。

何気なく見たり聞いたりしていることも多いかもしれませんが、世の中で何が起こっているのか? 何が問題なのか? どんな課題があるのか?
といったことを考えることは、社会の一員として、実は大切なこと。

そこで、時事のニュースを読み解き、情報感度を高めることに役立つ「ニュース検定」という検定を紹介します。

ニュース検定とは?

ニュース検定とは

ニュース検定(ニュース時事能力検定)とは、ニュース報道を公正に理解し、課題解決のための思考力を磨く資格です。

時事力は、日々目覚ましく変動する現代を生き抜くために、年齢・職業にかかわらず必要不可欠な能力といえます。

ニュース検定と聞くと「どれだけニュースを知っているのか」という知識量を測るものだと思う方がいらっしゃるかもしれませんが、それだけではありません。

ニュース検定で時事力を高めると、以下の3つの力も身につきます。

・膨大な情報の中から正しく必要な情報を選ぶ力
・歴史的な背景を考えながらニュースを考察する力
・さまざまな立場を考慮したうえで自分の意見や考えを伝える力

つまり、ニュース検定は学生から社会人まで、さまざまな年齢・立場の人にとっても役立つ資格であるといえます。

ニュース検定の試験概要

ニュース検定 試験概要

ニュース検定では、経済、政治、暮らし、国際、社会、環境の5つの分野から問題が出題されます。
この5つの分野によって、総合的な時事力が評価されます。

検定は、はじめてニュースを学ぶ小学生・中学生向けの5級から、新聞の社説を読み解き、社会や自分の課題を設定できる力がつく大学生・一般向けの1級まであります。
全部で6つの等級に分かれているのが特徴です。

試験の出題範囲は、検定日1ヶ月前までのニュースです。

2~5級の検定問題は、公式教材の内容から約6割が出題されます。

公式教材には「公式テキスト」・「問題集」・「ワークブック」があります。
公式教材は、ニュース時事能力検定のホームページのほか、全国の書店でも購入可能です。

世代別!ニュース検定を受けるメリット

学生から一般まで各世代ごとに、ニュース検定を受けるメリットは異なります。
以下に、世代別のメリットをまとめました。

小学生

ニュースに関心をもつきっかけとなり社会科の勉強につながります。
中学入試では時事問題を取り扱う学校が多いので入試対策にも。

中学生

ニュースを理解することで授業の理解度が深まります。
また、ニュース検定は高校入試の調査書や履歴書にも記載できるため、入試に役立ちます。
さらに、ニュースを通じて社会を知っておくことは将来の進路を考えるときにも大きなヒントとなるでしょう。

高校生

ニュース検定は大学入試にも役立ちます。
センター入試や小論文、英語の長文読解においてもニュース検定の知識があると有利です。
またニュース検定を出願資格とする大学や国立大学での活用も増えています。

大学生

ニュースを知ることは、会話力を高めます。
さまざまな分野の最新情報を知っておくことで、どんな世代の人とも会話ができるようになります。
つまり、社会に出る前の時期に、ニュース検定で会話力を高められる可能性があるのです。

社会人になると、色々な世代や考えをもった人と仕事をするため、相互理解が不可欠です。
どんな分野の話題をふられても答えられることが、人と信頼関係を築くことにもつながります。
何気ないニュースにも対応し、会話できる力は社会人にとって重要ですので、この時期から勉強しておくことに越したことはないでしょう。

また、公務員を目指す人は、公務員試験の対策にもなります。

一般

日常の仕事において、時事問題の理解力はさまざまな場面で求められます。
企画や会議、営業先との商談において、高い時事力は武器になるでしょう。

たとえば、プレゼンテーション能力、分析能力や問題解決能力、コミュニケーション能力の向上にもつながります。
世の中の最新情報をキャッチすることで企画や事業のアイディアが生まれるなど、時事力はビジネスチャンスを生むかもしれません。

また、常に社会に関心をもって、好奇心を失わないようにするための生涯学習のツールとしても、ニュース検定は役立つでしょう。

各級の特徴

ニュース検定 各級の特徴

各級の特徴を以下にまとめました。

1級 概要
□ 受験対象の目安:高校生、大学生、一般
□ 問われる内容:新聞の社説レベルまで理解し社会の新たな課題を設定できる
□ 出題範囲の公式教材:2018年度版 ニュース検定公式問題集(1,296円・税込)
□ 合格の基準(100点満点中):80点程度
2級 概要
□ 受験対象の目安:高校生、大学生、一般
□ 問われる内容:ニュースを批判的に読み解いて自分の意見・考えを導ける
□ 出題範囲の公式教材:
・2018年度版 ニュース検定公式問題集(1,296円・税込)
・2018年度版 ニュース検定公式テキスト「時事力」発展編(1,620円・税込)
□ 合格の基準(100点満点中):70点程度
準2級 概要
□ 受験対象の目安:中学生、高校生、大学生、一般
□ 問われる内容:幅広いニュースを社会のさまざまな問題を結び付けて理解できる
□ 出題範囲の公式教材:
・2018年度版 ニュース検定公式問題集(1,296円・税込)
・2018年度版 ニュース検定公式テキスト「時事力」発展編(1,620円・税込)
□ 合格の基準(100点満点中):70点程度
3級 概要
□ 受験対象の目安:中学生、高校生、大学生、一般
□ 問われる内容:社会の仕組みの中に基本的なニュースを位置付け、理解できる
□ 出題範囲の公式教材:2018年度版 ニュース検定公式テキスト&問題集「時事力」基礎編(1,296円・税込)
□ 合格の基準(100点満点中):70点程度
4級 概要
□ 受験対象の目安:小学生、中学生、高校生
□ 問われる内容:ニュース報道に関心を持って、実生活と結び付けて考えられる
□ 出題範囲の公式教材:2018年度版 ニュース検定公式テキスト&問題集「時事力」基礎編(1,296円・税込)
□ 合格の基準(100点満点中):70点程度
5級 概要
□ 受験対象の目安:小学生、中学生、高校生
□ 問われる内容:日本国内のできごとを中心に社会のルールやニュースに関心をもつ
□ 出題範囲の公式教材:2018年度版 ニュース検定公式ワークブック 入門編(756円・税込)
□ 合格の基準(100点満点中):70点程度

なお、設問数(45問)、試験時間(50分)は各級共通しています。
1級のみ記述問題も出題されますが、2級~5級までは四肢択一式の出題です。

1級は5%前後の高難易度!ニュース検定の合格率をチェック

ニュース検定 合格率
ニュース検定の合格率について、2015年から2017年度の結果は以下のとおりです。

2015年 2016年 2017年
1級 5.2% 9.91% 4.4%
2級 36.5% 32.33% 30.4%
準2級 45.1% 37.24% 38.8%
3級 61.9% 60.23% 62.1%
4級 73.4% 83.15% 83.8%
5級 90.9% 89.53% 85.5%

1級の難易度は高く、各年度で10%に満たない合格率となっています。

それほど難易度が高い級ですので、ニュース検定の1級に合格すれば、高い時事力が証明できます。
高校や大学の進学時の評価にもつながる可能性があるでしょう。

就職活動時にも、アピール材料のひとつとして役立つかもしれません。

ニュース検定の受験者層は幅広い

ニュース検定は、毎年5万人程度がチャレンジしています。

合格者の最高齢は91歳(準2級/2015年)、最年少が6歳(5級/2015、2016年)です。

非常に幅広い年齢層の方が挑戦できる検定ということがわかりますね。

まとめ

ニュース検定 まとめ

日々社会で起きていることを理解し、課題解決のための思考力を磨けば、進学や就職活動のとき、周囲に一目置かれたり、自分自身の評価につながったりする可能性もあります。

社会で起きている問題を理解し、考える力を養いたい人は、ニュース検定を受験してみてはいかがでしょうか。

参考サイト


ニュース時事能力検定「ニュース時事能力検定とは」(2018年10月20日, https://www.newskentei.jp/a_index.html)
ニュース時事能力検定「検定内容」(2018年10月20日, https://www.newskentei.jp/a_level.html)
ニュース時事能力検定「公式教材」(2018年10月20日, https://www.newskentei.jp/text.html)
ニュース時事能力検定「受検者データ」(2018年10月20日, https://www.newskentei.jp/a_data.html)

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

資格学習にはメルマガ登録がオススメ!

50,000人以上が購読するメールマガジンに登録しませんか?

・おすすめの資格講座に関する情報
・メルマガ読者だけの最新講座情報
を無料でお届けします。

メールアドレス


個人情報保護方針に同意して