リフレクソロジーの歴史

世界各国でリフレクソロジーの原型が存在

リフレクソロジーの起源は明確なものはありませんが、一番古い記録では、紀元前2500年頃のエジプトの壁画にあると言われています。人の手や足を触っている絵が描かれています。この壁画は、何らかの医療的な処置を示していると言われています。

エジプト以外にも世界中の古代文明が栄えた国々でリフレクソロジーのルーツに関係する資料が見つかっています。

中国では、古代から伝わる伝統的医学があり、気の流れを体系的に経絡としてまとめた独自の足治療法が存在しています。「黄帝内経」という中国の医学書には、物理的な刺激をツボに施して、その反射原理を利用して治療をする方法が紹介されています。こちらが、中国の足療法の原点と言われています。

インドでは、「アーユルヴェーダ」の治療法の中に、足を刺激して心身の不調を改善するという記述があります。大宇宙の自然と小宇宙の人間の接点であると考えられていました。仏陀の足の裏には太陽や月など宇宙が描かれています。

アメリカ・インディアンの間では、足を刺激することはそこに流れるエネルギーの調和や体の器官と反射区に関連性があるということが古くから伝承されています。病気の治療や痛み止めに使われていました。

リフレクソロジーは、特定の国での発見というより、各国で生活の中での経験から効果を感じ取って発展していった学問という考えが主流となっています。

近代のリフレクソロジーはインガム女史の功績

欧米で普及している現在のリフレクソロジーの原点は、ゾーンセラピーという理論です。この研究の第一人者は、フィッツジェラルド博士で彼の研究を共有された理学療法士のユーナス・インガム女史が独自の研究を重ねてオリジナルの学説と施術法を生み出しました。彼女の功績は、足に体の臓器や器官を投影したマップを作成、発表したことです。それは、足の反射区に刺激を与えれば全身にさまざまな効果をあげられるという「反射療法」の確立でした。別名で「フットチャート(足裏反射区図)*1」とも呼ばれています。

*1 フットチャートは足裏ツボ図と表現されることもありますが、リフレクソロジーで刺激する反射区は、つぼとは関連性がありませんので、足裏ツボ図という表現は正しくありません。

フットチャート

フットチャート(足裏反射区図)

◆画像引用元:http://seitailabo.com/chapter4/refrexol/Refrexology.html

イギリスでのリフレクソロジー

イギリスでのリフレクソロジーは看護師のルネ・ターナー氏の活動によって普及されました。ルネ・ターナー氏による大量のデータ収集と検証を経て、通常の保険医療に組み込まれるようになりました。具体的にはホスピスにおける緩和ケアなど患者のクオリティ・オブ・ライフ*2の向上に貢献しています。

*2 クオリティ・オブ・ライフは、物理的な豊かさやサービスの量、個々の身辺自立だけでなく、精神面を含めた生活全体の豊かさと自己実現を含めた概念のことを指します。

日本でのリフレクソロジー

日本では、「英国式」「台湾式」と呼ばれるものが有名です。また、リフレクソロジーと似た手技として観趾法(かんしほう)と呼ばれるものがありますが、リフレクソロジーとは起源が異なり、足裏健康法が起源となっています。

英国式リフレクソロジーについては、元JALキャビンアテンダント藤田桂子氏がイギリスでの経験をもとに「英国式」と銘打って店舗を展開したことがきっかけです。多忙なOLやサラリーマン層を中心に利用者が広がりました。リフレクソロジー専門店舗以外では、整体のサービスを行っていた店舗が、あらたにリフレクソロジーの手技を習得して、メニューに追加している例も多くなっています。

ルネ・ターナー氏の手技を習得した方が日本のホスピスでボランティア形式で施術することで、末期癌患者のクオリティ・オブ・ライフに貢献しているケースもあり、評価する声が多くなっています。

リフレクソロジーを学ぶ

リフレクソロジーの歴史まとめ
リフレクソロジーの歴史について紹介しました。
リフレクソロジーについて学びたい方はこちらから詳細が確認でき、無料で資料請求できます。

リフレクソロジーについてはこちらの記事でもまとめています。

「リフレクソロジー」ってなに?資格はある?リフレクソロジーまとめ

2016.04.05

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

資格学習にはメルマガ登録がオススメ!

50,000人以上が購読するメールマガジンに登録しませんか?

・おすすめの資格講座に関する情報
・メルマガ読者だけの最新講座情報
を無料でお届けします。

メールアドレス


個人情報保護方針に同意して

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。