チャイルドマインダーの試験内容を徹底解説!過去問はある?合格率は?

少人数保育かつ各家庭の方針に沿う保育を行う資格・仕事であるチャイルドマインダー。チャイルドマインダーの資格は、資格認定を行う団体・スクールの試験に合格することで取得できます。チャイルドマインダーは民間の認定資格のため、試験は各団体・スクール毎に作成しています。そのため、どこのチャイルドマインダー資格を目指すかによって、試験対策も変わってきます。今回は、チャイルドマインダーの試験内容や合格率、勉強方法について。

保育・子育て関連の資格・講座・スクールを探す

チャイルドマインダーの試験とは

チャイルドマインダーの試験とは
チャイルドマインダーになるには、資格認定を行う団体・スクールの講座を受講し、検定試験に合格する必要があります。認定を行う団体によって試験内容は異なりますが、基本的には、学習内容の習得度を確認する内容のため、難易度は高くない傾向にあります。

チャイルドマインダー試験の合格率

チャイルドマインダーの試験合格率は、70~90%といわれています。同じ保育に関わる資格でも国家資格の保育士の合格率は20%程度という点を踏まえると、比較的容易に取得できる資格といえます。合格率が高くなる理由は、「学習したことを理解できているか確認するレベルの試験内容」である点と、「受講したスクールで試験を受けられる場合が多い」点が大きいといえるでしょう。

チャイルドマインダー試験の受験資格

チャイルドマインダー試験の受験資格(受験するにあたって必要な条件)は、指定講座の受講を修了していること以外に、年齢制限がある場合があります。たとえば、NCMAジャパンでは20歳以上、チャイルドマインダージャパンでは16歳以上という規定があります。基本的には18歳を超えていれば多くのスクール・団体で受験が可能となりますが、20歳未満の方は事前に確認しておくことをオススメします。

チャイルドマインダーの試験内容

チャイルドマインダーの試験内容
チャイルドマインダーの試験問題は各スクール・団体によって異なるため、「これができていればOK」という明確な基準を設けることは困難。また独学で学んでも「講座の受講修了」という受験資格を満たさないため、試験を受けられません。まずは受講を決めたスクールの講座で、カリキュラムにしたがって着実に勉強を進めましょう。

チャイルドマインダーの試験概要

試験時間は、40~60分間の筆記試験です。保育士試験は筆記試験と実技試験に合格する必要がありますが、チャイルドマインダーの試験に実技試験はありません。通学講座では、カリキュラムに従って受講をすすめ、その最終日に試験が行われるケースも。知識が新しいうちに試験が受けられるのは嬉しいですね。下記に主要スクールの試験概要をまとめました。

NCMAジャパン
・受験料:16,200円(税込) ※講座の受講費用は別途必要です。
・試験時間:60分
・学習形態:通学・通信
ヒューマンアカデミー
・受験料:4,320円(税込) ※講座の受講費用は別途必要です。
・試験時間:60分
・学習形態:通学のみ
チャイルドマインダージャパン
・受験料:10,800円(税込) ※講座の受講費用は別途必要です。
・試験時間:40分
・学習形態:通学・通信

チャイルドマインダーの試験科目

スクール・団体によって異なる受講内容・カリキュラムに沿って試験が行われるため、「◯科目分の試験がある」という規定はありません。共通しているのは、0~12歳までの子どもの保育に関する問題である点です。他にも基本的な部分は、同じ分野で問題が出題されると考えられます。

基本的な試験分野
・0歳~12歳までの子どもの保育に関すること
・チャイルドマインダーの位置づけ
・子どもの発達や安全、衛生面について
・保護者とのコミュニケーション方法
・ビジネスマナー、スキル

講座のカリキュラムがヒントになる

試験の出題範囲や内容に関しては、受講する講座のカリキュラムを確認すると、おおよその察しがつけられます。
たとえば、ヒューマンアカデミー」のカリキュラムは、「チャイルドマインダーの概念と職分」「こどもを知る」「コミュニケーション」「健康と安全」「ビジネスとしてのチャイルドマインディング」「小児救急救護法」となっています。
チャイルドマインダージャパンでは、「チャイルドマインダーとしての心構え」「こどもの発達と心理」「こどもの安全を守る」「こどものすこやかな発育のための栄養、離乳食、食事」「衛生管理法」「コミュニケーション法」「ビジネスマナー」などがカリキュラムに組まれています。
NCMAジャパンでは、「保育の分担」「教育者としてのチャイルドマインダー」「プロフェッショナルな姿勢」「安全な環境」など。
科目毎の試験が行われるのではなく、まとめて1試験が行われるため、全体の勉強をしておくようにしましょう。

チャイルドマインダー試験の過去問はある?

チャイルドマインダーの過去問題
チャイルドマインダー試験の過去問題は、ほとんど出回っていません。各スクール・団体で問題を作成して試験を行っていて、内容は非公開となっています。そのため受験した人に聞く以外に、問題の内容を把握することはできない状態です。
過去問で対策することはできませんが、出題される問題は講座で学んできたことばかりのため、普段の学習時から復習を続けていれば難しい問題ではないことが予想されます。合格率から見ても難解な問題が出題されることはなさそうなので、過去問題が手に入らないからといって焦る必要はありません。スクールによっては、事前に試験対策講座を別途設けているところもあるようなので、心配な方は受講を検討してみても良いでしょう。

チャイルドマインダー試験に合格するために

チャイルドマインダー試験に合格するために
チャイルドマインダーの試験は決して難易度が高いわけではありませんが、資格取得後に実際子どもの命を預かることを考えれば、当然しっかり知識と技術を習得するために勉強が必要です
各スクール・講座では、現場で役立つ知識を体系的かつ効率的に学べるようカリキュラムを組んでいるはず。そのカリキュラムに従って「受講期間中の学習内容を1つ1つ確実に身につける」こと、「試験本番まで常に勉強を続ける」ことが試験合格のポイントであると同時に、現場で子どもを預かり保育するにあたって必須でしょう。
参考用に、チャイルドマインダーの試験に合格し、晴れて資格を取得した方々の勉強方法や心構えをご紹介します。

学校によっても違うと思うのですが、大人として当たり前の常識、人としての気遣い、そして子どもへの愛情 超シンプルに言うならば、これさえあれば合格できる試験だと思います。(中略)しかーし!安心しきって勉強しない人は落ちます!!通信の人よりも通学の人の方が合格率が低いのは、自宅での勉強不足だそうです。(中略)暗記よりも理解することが大切で、国語や保健の試験に近いのかな 試験が易しいからと言って子どもを預かるという事は考えただけでも安易な仕事というわけではなく、現場に出れば命をお預かりするとても責任ある仕事で、それと同時にやり甲斐の感じられるなによりも必要とされている仕事(資格)だと思います。
◆引用元:菅井玲の3歩進んで2歩下がるん

資格取得を目指すために専門学校に通いました。独学は最初から考えておらず、自宅から通学可能な学校に資料請求をした上で、ヒューマンアカデミーにて勉強を開始しました。こちらの学校に決定した決め手は学校見学です。オープンキャンパスのような催しが開催されており、実際に抗議してくださる予定の講師の先生や、卒業後に資格を生かして開業されている卒業生の方たちの有意義なお話を聞く事が出来、具体的な授業内容や、資格取得後のことをイメージしやすかったのが良かったです。社会人でも通いやすい通学スケジュールだったのも決め手の一つでした。
◆引用元:暮らしの小箱

保育・子育て関連の資格・講座・スクールを探す

まとめ

チャイルドマインダー試験まとめ
チャイルドマインダーになるには試験合格が必要ですが、試験も1つのステップに過ぎません。試験自体は比較的平易であったとしても、実際に自分の子や利用者の子どもの命を預かるために必要な知識が問われているということを忘れずに臨みたいですね。
保育士や保育所不足が深刻な中、チャイルドマインダーのように保育の知識を携えた人材は貴重です。とくに、集団保育では難しい子ども一人ひとりの個性と家庭の教育方針を尊重する保育サービスは、今後さらに需要の高まりも予想できます。育児経験を活かして仕事につなげたい方、少人数保育を学びたい保育士・幼稚園教諭の方、子どもへの接し方に自信を持ちたい方は、ぜひ資格取得を目指してみませんか?
チャイルドマインダーの資格講座は、ウーモアにも掲載されています。以下より「チャイルドマインダー講座」の詳細が確認でき、無料で資料請求もできます。

参考サイト

http://childminder-navi.net/category2/sikengaiyou.html
http://www.chidmindr.com/capacity/test.html
http://www.childminder.jp/l_g26a_cm_tg_schedule.html
http://www.hoiku.co.jp/about/index.shtml
http://haa.athuman.com/academy/child/course/detail/10051101.asp?code=041039

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、media@hoiku-me.comまでどうぞ。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪