各国のリフレクソロジーの違い

リフレクソロジーとは、反射療法とも呼ばれ、手や足、耳など、ある特定の部位を押せば体の特定部位に変化が起こる現象を利用し、手や足などに存在する特定のゾーン(反射区)に、特有の手法で刺激を加える療法です。

これにより、血行の促進や全身の機能を活性化させ、神経の通路にある滞りを除去することで、心身のバランスを保ち、自身の持つ自然治癒力を最大限に引き出す助けをします。

ボディケア関連の資格・講座・スクールを探す

西洋式リフレクソロジーと東洋式リフレクソロジーの違い

リフレクソロジーは、世界ではアメリカ・イギリス・フランスで普及している”西洋式リフレクソロジー”と、中国や台湾などで普及している”東洋式リフレクソロジー”に大きく分けることができます。

どちらも、基礎となっているのは、アメリカ人医師・フィッツジェラルド博士が発見した、“身体のある部分に圧力を加えると離れた他の部分にも効果が及ぶ”という理論の「ゾーンセラピー」です。

この理論を、ほぼそのままで取り入れているのが“西洋式”で、この理論に東洋医学や独自の理論、テクニックが加わっているのが“東洋式”です。

“西洋式”と“東洋式”の大きな違いは2つ

1つ目は、反射区の考え方です。

リフレクソロジーでは、身体を1つのエネルギー体と考えていて、頭の頂点から足先まで、身体の中を10本のエネルギーラインが垂直に流れているとされています。エネルギーラインがスムーズに循環することで、体内に溜まった老廃物が排出され、身体の不調が回復していきます。

エネルギーラインの始まりとなっているのが、反射区です。

“西洋式”では、エネルギーラインは、右半身はすべて右足へ、左半身はすべて左足へつながっているとされています。一方、“東洋式”では、エネルギーラインは首元で交差していると考えられており、首から上の部分に限っては、右半身は左足へ、左半身は右足へつながっているとされています。

2つ目は、足裏への刺激の強さです。

西洋人は、痛みはストレスと考える方が多く、撫でるような刺激を好む傾向があるため、指の腹を使って撫でるような刺激で施術します。施術を行う際には、パウダーやブレンドオイル、アロマオイルなどを使用します。一方、東洋人は、痛みが強いほど効能・効果があると考える人が多いため、棒や指の関節を使い、時には激痛を伴うほどの刺激で施術します。施術を行う際に、クリームを使用することもあります。

英国式リフレクソロジー

西洋式リフレクソロジーは、日本では「英国式」と呼ばれていることが多いですが、もともと「英国式」というものは存在しません。イギリスでリフレクソロジーの勉強をされた藤田桂子さんが、日本に西洋式のリフレクソロジーを持ち込む際に、「英国式リフレクソロジー」と名付けました。つまり、「英国式リフレクソロジー」は商品名のようなものといえます。

“強すぎる刺激には耐えられないけど、撫でるような刺激だと物足りない”という日本人の好みに合わせて開発されたオリジナルな技術のため、イギリスで「ブリティッシュ・スタイル」と言っても通じません。

英国式リフレクソロジーは、パウダーを用いて、指の腹などを使って足裏をソフトに撫でるような刺激で施術します。足裏の反射区と足指への刺激をメインとしています。また、『リラックス』を目的としており、適度な心地よい強さで揉みほぐすのが特徴です。

より高いリラックス・ヒーリング効果を得るために、アロマの香りやヒーリングミュージックを併用しているサロンが多くあります。

中国式リフレクソロジー

中国式リフレクソロジーは、指の腹や指関節を使って足裏の反射区を刺激し、また足指全体をもみほぐすのが特徴です。「足底療法」「足裏反射区療法」「足ツボ療法」ともいわれており、足指、足裏、ふくらはぎ、ひざ裏まで足全体を施術します。

リラクゼーションというよりは、予防医学のひとつとして治療的な要素が強く、強い刺激ほど効果があるとされています。「涙がでるほど痛い」という人も多いですが、痛みになれたり、体質が改善されると痛みは和らいできます。

台湾式リフレクソロジー

台湾式リフレクソロジーは、東洋医学をベースにした四千年の歴史を持つ世界最古の伝統療法で、強い刺激を与えるのが特徴です。東洋人は、「痛いほど効果がある」と考える傾向が強く、リフレクソロジーにおいても取り入れられたようです。足裏から膝上までに存在している反射区に対して、強めに刺激を与える施術です。

指の関節を使い、しっかりとした刺激で足を揉みほぐし、施術後の効果を最優先に考えています。老廃物のたまっている人は大変痛いと言われていますが、むくみが取れスッキリします。

ボディケア関連の資格・講座・スクールを探す

タイ式リフレクソロジー

タイ式リフレクソロジーは、英国式や台湾式と比較して、ソフト過ぎずハード過ぎず、丁度中間的な圧で施術します。専用の細長い木の棒を使い、オイルやクリームも使うのが特徴です。足裏だけでは無く、膝下まで全体的に施術します。

足裏全体と足指の反射区に対する刺激だけではなく、足指や足首の柔軟性回復へのマッサージとストレッチ、足の甲からすね、ふくらはぎや膝に至るまで、非常にきめ細やかに刺激してほぐしていきます。

それぞれのリフレクソロジーには長所があり、単純にどの手法が効果が高いかということを判断することはできません。強い刺激を好む方は中国式や台湾式の東洋式リフレクソロジーを、強すぎる刺激はストレスになるという方は西洋式(英国式)やタイ式リフレクソロジーを、ご自分の好みで選ばれることをお勧めします。

リフレクソロジーを学ぶ

各国のリフレクソロジーの違いまとめ
各国のリフレクソロジーの違いについて紹介しました。

リフレクソロジーが学べる通信・通学講座は、以下より詳細が確認でき、無料で資料請求できます。

リフレクソロジーについてはこちらの記事でもまとめています。

「リフレクソロジー」ってなに?資格はある?リフレクソロジーまとめ

2016年4月5日

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、media@hoiku-me.comまでどうぞ。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪