食育インストラクター資格とは?難易度・仕事での活かし方を解説

2005年に食育基本法が制定され、食育に関する多くの資格が誕生しました。その中の1つが食育インストラクターです。有名料理研究家服部幸應氏が監修しており、段階的に食の知識を究めていけることもあって、数ある食育関連の資格の中でも人気の高い資格です。今回は、そんな食育インストラクターの資格の試験や、資格を活かせる仕事内容などについてまとめました。

食育インストラクターって、どんな資格?

食育インストラクターの資格とは

服部幸應氏が監修!食育リーダーを目指せる資格

食育インストラクターは、「NPO法人食育インストラクター協会」が認定する民間資格で、日本を代表する料理研究家・評論家の服部幸應氏が監修しています。食育に関する資格の中でも、食育を基礎から学ぶだけではなく、食育の指導者となることに重点を置いた資格である点が特徴です。

全部で5段階!上位資格は食のプロも受験

食育インストラクターは、プライマリーから1級まで、全5段階の資格に分かれています。プライマリーと4級は誰でも受験することができますが、3級以上の受験は下位級を取得していることが受験に必要な条件となります。ただし、食・栄養に関する国家資格を持っていると、3級以上の上位級からの受験が可能です。
プライマリーと4級は、食育の基本や家庭料理に関する内容を学べます。3級以降は、管理栄養士・栄養士・調理師など食と栄養のプロも多く受講しているため、より本格的な内容に。

食育の資格講座は、以下より「食育講座」の詳細が確認でき、無料で資料請求もできます。

食育インストラクター資格の試験とは

食育インストラクターの試験とは
全部で5段階ある食育インストラクターの資格。受験するための条件や、試験内容についてみていきましょう。

「プライマリー」は通信講座で取得可能

プライマリーは、NPO食育インストラクター協会の指定する通信講座である、がくぶんの「服部幸應の食育インストラクター講座」を受講することで、資格が取得できます。課題を5回提出して修了認定課題に合格した後、申請によってプライマリー資格の認定を受けられます。標準的な学習期間は6ヶ月間とされていますが、さらに6ヶ月間の延長もできます。受講費用は39,900円です。(2016年7月21日時点)

4級からは通学や研修の受講が必要に

食育インストラクター4級以降の取得には、推進校への通学や研修を受けることが必要です。推進校とは、NPO法人食育インストラクター協会が認めた「食育インストラクター」養成校のことをいい、受講費用は推進校の規定によるため、確認が必要です。推進校の一覧は、こちらから確認できます。

「4級」は養成校への通学と試験を受験

4級からは食育インストラクター養成校(推進校)への通学が必要です。調理実習と食育の授業を6単位ずつ履修し、筆記試験へ合格することが必要です。あるいは、調理実技実習と実技筆記試験を受けて、研修会へ参加し、食育筆記試験に合格するという方法も。

「3級」は研修の受講と試験の受験

3級以上の受験は、下位級を取得していることが必要です。3級の受験には、NPO日本食育インストラクターの研修、または、食育インストラクター養成校(推進校)での食育の授業で6単位の取得が条件です。食育筆記試験と調理実技筆記試験への合格が必要ですが、調理実技筆記試験は食育インストラクター養成校での調理実技での20単位の取得に替えることも可能です。

「2級」は研修と試験、「1級」は実践的な内容に

NPO日本食育インストラクターの研修は、1級と2級は合同で開催され、12単位の履修が必要です。2級の取得にも、食育筆記試験と調理実技筆記試験への合格が必要で、調理実技筆記試験は食育インストラクター養成校(推進校)での調理実技での40単位取得に替えることもできます。
1級は、栄養教諭または2級の資格を取得後1年以上の実務経験者が対象です。1級の取得には食育筆記試験に加えて、食育活動報告書の提出と食育メニュー提案といった実践的な内容も含まれています。

Q.栄養教諭制度とは?
学校において食育を推進・指導するために2005年4月からスタートした制度。各学校に配置された栄養教諭は、食に関する指導・計画を行い、体系的で継続的な食育を担います。なお、栄養教諭になるには栄養教諭普通免許状(専修、一種、二種)を取る必要があり、栄養士・管理栄養士の資格を持っていることが前提です。

食育インストラクターの試験の難易度

食育インストラクター試験の難易度
食育インストラクターの試験の難易度について、受験する級による違いを解説します。食育インストラクターの試験では、合格率は公表されていませんが、上位級にいくほど専門性が求められています。

「4級」と「プライマリー」は比較的平易

食育インストラクターの資格のうち、「プライマリー」は通信講座を受講し、課題の提出⇒合格で取得できます。テキストの内容を理解しておけば難易度は高くありません。「4級」の筆記試験の合格ラインは60点以上で、食育の基本を身につけることが必要です。

「3級」以上は食育のプロも受験

3級以上は管理栄養士栄養士調理師など食育に関する国家資格を持つ方も対象となっていますので、研修内容の難易度も当然上がるでしょう。
2級と3級は食育筆記試験60点以上、調理実技筆記試験は80点以上が合格ラインです。3級以上の試験は事前に送付されるテキストと研修の内容が出されます。テキストと研修で学んだ内容をしっかり習得することで、合格に近づきます。

実践力が問われる「1級」

1級の食育筆記試験の合格ラインは70点以上です。前述のように、食育活動報告書の提出と食育メニュー提案も含まれていることから、食育インストラクターとしての実践力が問われるものとなっています。

食育の資格講座は、以下より「食育講座」の詳細が確認でき、無料で資料請求もできます。

食育インストラクターとしての仕事内容

食育インストラクターの仕事内容
食育インストラクターには級が設けられているため、習得した知識レベルに応じて、食に関わる仕事に活かしていけるでしょう。

プライマリー・4級は、家庭の食生活に

プライマリーや4級の取得では、食育の基本や家庭料理に関することです。自分の食生活の改善や、日々の家族の食事に活かしていくことができます。

3級以上は、食育の指導者として活躍

3級以上はプロ向けの資格となっています。管理栄養士や栄養士、調理師といった資格と合わせて取得することで、食育の指導者としての強みを発揮しやすいでしょう。
フリーランスの食育インストラクターとして、料理教室の講師や飲食店などのメニュー考案、地域で開かれる食育セミナーの講師を務めるといった仕事についている方もいます。

食育の資格講座は、以下より「食育講座」の詳細が確認でき、無料で資料請求もできます。

食育インストラクターの資格を活かせる仕事

食育インストラクターの資格を活かせる仕事
食育インストラクターの資格は、もともと下記のような仕事をしている方にはとくにオススメです。

栄養教諭として活躍!

栄養教諭は、前述のとおり2005年にできた新しい資格職で、学校給食の管理や児童・生徒に対する食生活の指導を行います。食育インストラクターの資格を合わせて取得することで、食育に関する専門性を高めるのに役立ちます。

保育園、幼稚園で活躍!

保育園や幼稚園で働く保育士・幼稚園教諭・栄養士・調理師の方も、食事の楽しさ・大切さ・地域の食文化・食事のマナーなどを子どもたちに教えられます。保護者向けの食育セミナーを開催する、保護者からの食育に関する相談に答えるといった場面でも活用できるでしょう。

飲食店、小売店、食品メーカーなどで活躍!

飲食店やスーパーで働く調理師は、食育インストラクターの資格を取得することで、食育に重点をおいた年代別メニューを考案したり、スタッフへの指導を行ったりできるでしょう。食品メーカーやコンビニの商品開発部門でも、消費者のニーズが高いアンチエイジング、メタボ、ダイエットに効果的な商品開発などに活かせます。

もちろん、食育インストラクターの資格取得をキッカケに、上記の仕事を目指していくスタイルもあるでしょう。得られた食に関する知識を、「どこで」「誰に」「どのように」活かしていきたいか。資格を目指すにあたって、この点も考えておけると良いですね。

その他の食育資格

食育資格は、目的・学べる範囲などによってたくさんの資格があります。
あなたにピッタリの資格講座を探してみてくださいね。

学びやすい食育資格4選-試験の難易度は?どんな仕事に就ける?

2016.05.26

まとめ

食育インストラクターまとめ
食育インストラクターの資格は級が5つに分かれているため、食に関する知識を基礎から学んで、徐々に深めていくことができます。資格取得を通じて「食育のプロ」「食のプロ」を目指しやすい資格でしょう。まずは、日々の食生活にすぐに活かせる知識を学べるプライマリーや4級から、資格取得を目指してみませんか?

食育の資格講座は、以下より「食育講座」の詳細が確認でき、無料で資料請求もできます。

参考サイト

日本食育インストラクター協会「食育インストラクターとは」(2016年7月21日,http://www.npo-shokuiku.com/shikaku/)

HATTORI食育クラブ「NPO日本食育インストラクター資格認定のしくみ」(2016年7月21日,http://www.shokuikuclub.jp/instructor)

がくぶん「食育の大切さがわかって資格認定も」(2016年7月21日,http://www.gakubun.co.jp/aff_shoku_c27/c27.html)

がくぶん「食育インストラクター養成講座 」(2016年7月21日,http://www.gakubun.net/pc/00000003/e/C270000/)

All About「ミセスに人気! 食育関連の資格と活かし方」(2016年7月21日,http://allabout.co.jp/gm/gc/294699/2/)

名古屋経済大学「栄養教諭ってどんな仕事?」(2016年7月21日,http://www.nagoya-ku.ac.jp/meikeinavi/654/)

文部科学省「栄養教諭制度の概要」(2016年7月21日,http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/eiyou/04111101/003.htm)

全国調理師養成施設協会「食育インストラクター認定登録制度」(2016年7月21日,http://www.jatcc.or.jp/instructor)

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

資格学習にはメルマガ登録がオススメ!

50,000人以上が購読するメールマガジンに登録しませんか?

・おすすめの資格講座に関する情報
・メルマガ読者だけの最新講座情報
を無料でお届けします。

メールアドレス


個人情報保護方針に同意して

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。