学ぶほど育児が楽しくなる!「乳幼児教育アドバイザー」【ギフト教育ラボ】取材レポート

0歳から幼児教育を行う幼児教室の運営や、幼児教育に関する資格認定を行うギフト教育ラボ。今回は取材レポート第2弾ギフト教育ラボの「乳幼児教育アドバイザー」ってどんな資格?をテーマにお送りします!取材レポート第1弾は下記からどうぞ。
「幼児教育」軽視の日本、将来が危ない!?【ギフト教育ラボ】取材レポート前編
「幼児教育」軽視の日本、将来が危ない!?【ギフト教育ラボ】取材レポート後編

Q1.ギフト教育ラボってどういう会社?

第1弾 後編からのつづき

インタビュアー:
ここで改めまして、御社のことについて詳しく教えてください。

ギフト教育ラボってどんな会社?ー寺岡様

100万人の赤ちゃんに「土台作り」の幼児教育を

寺岡様:
子どもの将来を明るくしたい。お母さんを楽にしたい。日本の教育を変えたい。こういう思いで3業態(教室・スクール・ボランティア)を展開しています。
幼児教育の資格講座を作ったのは、日本で最も効率的にこの考えを広められると考えたからです。科学的なエビデンスを学んで資格を取った人に、当社ギフトのノウハウを使って活動してもらう。そのためにスクールを作って、講座を立ち上げる。こうして当社を、幼児教育を、世の中に広げていきたいですね。
日本では毎年100万人の赤ちゃんが生まれます。この100万人の赤ちゃんが、生まれてから3年間は、当社が提供するしっかりした土台作りの幼児教育を受けて大人になっていく。そういう状態が当たり前の社会にしたい。それを実現するためにギフトという会社はあります。

Q2.「乳幼児教育アドバイザー」の資格講座では、何が学べますか?

インタビュアー:
「日本の教育を変えたい」思いを叶えるために作った「乳幼児教育アドバイザー」の資格。この資格を取ることで、どんな知識や技術が習得できますか?

ギフト教育ラボ 乳幼児教育アドバイザーは何が学べる?-元吉様

脳科学・心理学という科学的な観点で、子どもとの接し方を学べます。

元吉先生:
脳科学・心理学という科学的な根拠をもとに、子どもとの正しい接し方を学べます。その接し方によって、その子たちが将来どんな大人になるかが決まってきます。
例えば保育士さんが関わるのは0~6歳ですが、このグラフの青い線の通り、脳の発育が90%完成していく非常に大切な期間に関わるわけですよね。
ギフト教育ラボ 発育曲線のグラフ
子どもたちが20年後どんな大人になるのか?という所まで見据えられる存在であってほしい。科学的なエビデンスをもとに正しい教育・育児を行っていけば、日本の教育が変わっていくと思いますね。

Q3.「乳幼児教育アドバイザー」の資格講座、受講生はどんな方が多いですか?

インタビュアー:
受講生の多くが保育・教育現場で働く方とうかがいましたが、他にはどんな方が受講されているのでしょう?

7割が保育・教育現場の方。中にはイクジジ・イクババも。

寺岡様:
保育士、幼稚園の先生、小学校の先生など、保育・幼児教育に携わる方が受講生の7割を占めています。残りの3割は子育て中の主婦の方や、何らかの形で子どもと関わる仕事の方。数は少ないけれど、おじいちゃん・おばあちゃん世代の方もいらっしゃいますね。

Q4.全国展開や、通信教育を始める予定はありますか?

インタビュアー:
残念ながら、幼児教育を学べる場が少ない現状の日本。今後、全国的に拠点を増やす予定や、通信教育を始める予定はありますか?「乳幼児教育アドバイザー」を取得したい地方の方もたくさんいらっしゃると思います。

「仲間」となった卒業生が、全国展開のパートナー

寺岡様:
はい、あります。アプリ化を含めた通信講座も全国展開も、当初から考えています。

通信講座
通信講座については、顔を合わせて教える機会は残しつつも、通信でできる部分は通信で勉強する形で進めたいですね。
全国展開
全国展開については、まず、横浜のベイクウォーターで教室運営を始めました。そちらは仕事帰りの保育士や幼稚園の先生が通いやすいように夜間スクールとして展開していきたいですね。また、当社はYMCという健康・美容・癒し分野の学校と提携していて、YMCが全国6都市に持っている施設を自由に使わせてもらえるので、首都圏以外の各地で随時セミナーや講義も行っています
卒業生を「仲間」に
当社の資格を取得した卒業生には、自宅で幼児教室を開く道スクールで講師になる道もあり、そのどちらもバックアップできる体制を整えています。今後、卒業生が各地に広がって教室を開いたり講師として活動したりすることで、当社の幼児教育を全国に広げていけると思っています。元吉先生の教え子や、そのまた教え子が、我々の仲間・チームの一人として広めていってくれると期待しています。

Q5.地方から通っている受講生の方もいますか?

インタビュアー:
通信教育のスタートも全国展開も、待ち遠しいですね!御社の幼児教育の資格を取りに、既に地方から上京する受講生もいらっしゃいますか?

来月には国外からも受講生が来ます。

寺岡様:
はい、いらっしゃいます。既に卒業して、各地で教室を始めつつありますね。実は、来月(取材当時2016年6月)には、韓国からも受講生が来る予定です

インタビュアー:
何と海外からも…!それはすごいですね。

寺岡様:
その方自身は日本人で、ご主人が韓国人。ご主人が運営するサッカー教室で一緒に幼児教育をやりたい、という希望を持っているんです。韓国にも幼児教室はあるけれど、単純に雰囲気が良い教室が流行っている。そしてそこで行われる幼児教育には、どうやらきちんとしたエビデンスがない。「これは心配!」となったそうで。幼児教育を学ぶなら、科学的根拠にもとづいた当社の講座しかない!とご自身で調べて探し出してくれたんです。そうした事情があったので、一時帰国している間に資格が取れるよう、短期集中講座を設けました。

インタビュアー:
既に、日本を飛び越えて世界に広がりつつあるんですね!

寺岡様:
はい。九州に進出したいと思っていたら飛び越えてしまいました(笑)ありがたいことに、ほとんどの卒業生が「この知識を広めるために、ギフトの一員になりたい!仲間になりたい!」と言ってくれます。これからも、元吉先生はじめ当社のファンを作って、一緒に当社の幼児教育を広めてくれる仲間をどんどん増やしていきたいですね。

Q6.卒業後もサポートはしていただけるのですか?

インタビュアー:
素敵な好循環ですね。そうした卒業生の方々とは、今でも交流があるのでしょうか?

呼ばれればどこへでも!

元吉先生:
ありますよ!卒業生の方が教室をオープンする時、不安だという声があればお手伝いにも行きます。先日も千葉県船橋市に出張して、初級講座の開講に携わりました。こうして輪が広がるのは嬉しいですよね。そこでもお母さんたちは号泣してしまったり…

▼ 教室の風景
ギフト教育ラボ 教室風景

インタビュアー:
号泣ですか??

元吉先生:
本当にママたちってよく泣いちゃうんです。そのくらい一人で頑張ってる方が多いんですね。でも、「この子は私を困らせようと思ってたわけじゃない」って脳科学的に知ることができる。そしてママたちに「今の悩みも、真剣に子どもに向き合っているからこそ」「知らなかっただけ。あなたは悪くない」と伝えてあげると、心が軽くなって泣いてしまうんですよね。

インタビュアー:
子育ての「頑張り方」が分からなかっただけ、なんですね。元吉先生のような味方ができると、本当に心が救われるでしょうね。

元吉先生:
教える立場になった生徒の方たちにも、そういう気持ちでお母さんに寄り添っていただいています。

Q7.幼児教室を開く際の欠かせないポイントは?

インタビュアー:
そうして知識を学んだ後、幼児教室を開く道を選ぶ卒業生の方もいらっしゃいますよね。幼児教室を開く際、どんな点が大切になるのでしょうか?集客、周知の方法、教える内容など…

子ども・お母さんへの「愛情と覚悟」が一番大事

寺岡様:
集客や宣伝に関しては、私たちもいくらでも支援しますし、資金さえあれば手段も豊富にあるでしょう。
一番大切なのは、「困っているお母さんを助けたい」「子どもの将来のために、これをしてあげたい」といった愛情や気持ちを強く抱いてほしいですね。その部分が薄いとできない仕事だと思うんです。
「主婦が片手間でやるアルバイトではない」「自分の指導で、この子の人生・人格が変わる」「そのくらいの覚悟がないと難しい」という点は、教室で働くスタッフにも絶対に伝えています。集客も宣伝も大切ですが、まずはその覚悟を持てるかどうか、自問自答してみてほしいですね。その上で「幼児教育が天職だ!」と思えたのなら、私たちは全力で支援します。

インタビュアー:
脳の土台が決まる大事な時期なだけに、中途半端な気持ちでは困りますものね。

寺岡様:
そういった気持ちの面では、やはり保育士や幼稚園の先生にこそ、当社のノウハウを学んで活かしてほしいです。ご自身が結婚・出産を経験する前から子どもが好きで、仕事に選ぶほど情熱がある方たちですから。

Q8.幼児教室の開業方法・運営方法を学べる授業はありますか?

インタビュアー:
本当にそうですね。幼児教室の開業方法・運営方法については、授業の中で教えていただけるのでしょうか?

授業では「講師力」の育成を重視しています。

寺岡様:
カリキュラム自体にもありますが、講師に必要な力をつける「ティーチャートレーニング」に重点を置いています。開業するのであれば、まずは講師として一人前になることが大切ですから。もちろん集客や教室運営に関わるバックアップは行いますが、メインは卒業後、実地で行っています。

Q9.資格取得を考えている方にメッセージをお願いします!

インタビュアー:
では最後に、乳幼児教育アドバイザーの資格取得を考えている方にメッセージをお願いします。

ギフト教育ラボ 幼児教育の受講を考えている方へ

知れば楽しくなります!子育ても、保育のお仕事も。

元吉先生:
ママたちを救うことが、子どもたちを救っていくことにつながります。保育士さんであれば、保護者の方へのアドバイスが「脳科学的に」できるようになります。一緒に日本の子育てを変えて、救っていきましょう。ぜひその仲間になってください!

寺岡様:
「知れば納得!面白い!」という当社のキャッチコピーがありますが、まさにその通りなんです。スクールには、受講生の「今日は何が学べるかな?」とワクワクした目、ニコニコした顔が溢れていて、本当にその姿が印象的。ぜひ一緒に学んでいただきたいです。

元吉先生:
絶対楽しくなりますよ!子育ても、子どもに関わるお仕事も。

インタビュアー:
本日はお忙しい中、本当にありがとうございました。幼児教育の大切さ、御社の資格「乳幼児教育アドバイザー」の魅力がよく分かりました。帰ったら、さっそく妻に「お金出すから一緒に勉強しよう」と伝えます!

幼児教育を学んで、正しい育児を楽しもう

約80%が3歳までに完成する人間の脳。その大切な時期に、どう子どもの才能を引き出し、思いやりある賢い子に育てるか。ギフト教育ラボでは、その方法を科学的な根拠を軸に伝授しています。子育てに悩んでいるお母さんも、もっと子どもの心を理解したいと思っている保育士さんや幼稚園の先生も、脳科学・心理学に裏打ちされた「正しい子どもとの接し方」を学んでみませんか?
ギフト教育ラボの幼児教育講座は、以下から詳細が確認でき、無料で資料請求もできます。

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、media@hoiku-me.comまでどうぞ。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪