保育士とは(結局保育士ってなにをするの?)

結局保育士ってなにをするの?

「保育士ってよく聞くけど保育所で働く人のこと?」
「保育士って自分で『保育士です!』って言ったら誰でも保育士になるの?」

と思われている人もいるかもしれませんが保育士は”国家資格”です。

保育士とは「保育所・児童養護施設などの児童福祉施設で、保護者に代わって子どもの保育をする子育ての専門家」と定められていますが、保育所にいるスタッフ全員が保育士というわけではありません。

このページでは「保育士って一体どんのことをするの?」といった基本的なことをご紹介します。

保育士の仕事は教育ではなく保育

保育士の仕事は教育ではなく保育のイメージ
保育士の資格を持っていても幼稚園の先生にはなれません。

幼稚園の先生になるには保育士の資格とは別に幼稚園教論の免許が必要です。
管轄の省も違えば法律も違います。

管轄 法律
保育士 厚生労働省 児童福祉法
幼稚園教論 文部科学省 学校教育法

更にいうと保育所は学校ではなく「児童福祉施設」ですので、保育士は「先生」ではなく「福祉の従事者」です。保育士は先生のように子どもたちに教育を行うことを目的としているわけではなく、家庭に代わり子どもを「保育」することが目的です。子どもの対象年齢は0歳~就学前となります。
ただ、twitterのフォワー数が40万以上いることで有名な男性保育士「てぃ先生」のように、一般的な保育所では保育士のことを「◯◯(名前)先生」と呼んでいるため、「先生」に対する違和感を持っている人は少ないでしょう。

保育士=女性の仕事?

保育士=女性の仕事?のイメージ
保育士=女性というイメージが強い人も多いかもしれません。

保育士はもともと「保母さん」と言われていましたが、1985年の男女雇用機会均等法の制定以降、少しずつ男性も増えてきたので、1999年の男女雇用機会均等法の改正と児童福祉法施行令施行に伴って、「保母さん」から「保育士」と改められました。

それでもまだ男性保育士の割合は5%くらいと言われていますので圧倒的に女性が多いということには変わりはありません。

どんな人が保育士に向いているのでしょうか?

どんな人が保育士に向いているのでしょうか?のイメージ
小さな子どもが好きな方にはぴったりのお仕事です。

保育士として働くと、まだ生まれたばかりの赤ちゃんから小学校に入る前のやんちゃで自由奔放な子どもがたくさんいますが、子どもの成長は本当に早いです。昨日までできなかったことが今日できたりと毎日小さな喜びを実感することができます。

そして子どもだけではなく、その子どもの親や時には近隣住民の方々と交流を深めていく必要もありますので、子どもだけではなく大人とのコミュニケーション能力も重要です。

保育士の仕事は体力を使う?

保育士の仕事は体力を使う?のイメージ
保育士という仕事は体力勝負です。とくに腰への負担は非常に大きいです。子供と視線を合わせるために中腰が多くなりますし、泣いている子供をなだめるために抱っこをすることも多いです。

また、オムツの交換やトイレの補助など、お漏らしをしてしまった子供の着替えなど、普段の生活では慣れない作業も多くなります。保護者からのクレームや無茶な要求への対応など、難しい問題に頭を抱えることも多くあります。仕事に慣れないうちはとくに精神的にも辛さを感じてしまうと思います。

保育士スタッフ同士の人間関係がうまくいかなくて辞めてしまう人もいます。

保育士としての喜びは?

私保育士としての喜びは?のイメージ
しかし、子供はみな可愛くて母親のように慕ってくれます。乳児からお世話を担当した子供が笑ったり、立ったり、歩いたり、しゃべったり、走ったりと、成長を保護者より先に感じられるのは保育士ならではの特権とも言えます。

保育士として勤務している人の多くは、子供の成長を何よりのやりがいとして感じているようです。子供と一緒に泣いて、笑って、一緒に成長を感じていけることが保育士としての喜びとも言えます。

他の記事では保育士になるにはどうしたら良いか?保育士になったらどんな仕事に就けるのか?など保育士に関する疑問や基本知識を紹介していますのでご参照ください。

保育士になったら・・

保育士の仕事内容の詳細や「保育」業務に大切なことは、こちらの記事で紹介しています。
●保育士の仕事内容の詳細!「保育」業務に大切なこととは?

● 保育士資格のまとめ

保育士の資格取得を目指す方はウーモアの「保育士資格講座」の一覧をご覧ください。お住まいから学習できる講座の確認ができ、無料で資料請求もできます。

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

資格学習にはメルマガ登録がオススメ!

50,000人以上が購読するメールマガジンに登録しませんか?

・おすすめの資格講座に関する情報
・メルマガ読者だけの最新講座情報
を無料でお届けします。

メールアドレス


個人情報保護方針に同意して

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。