最短3日で取れる!「食育スペシャリスト」の資格と仕事

2005年に「食育基本法」が制定されてから、食育に関する資格が数多く生まれています。今回ご紹介する食育スペシャリストもその1つ。通学課程で実践的に学ぶことで、正しい食に関する知識とスキルを取得できる資格です。「食育スペシャリスト」が数ある他の食育関連の資格と比べて違う点や、資格の難易度、仕事への活かし方などについて解説します!
食育スペシャリストの資格講座について詳細が知りたい方はこちらからどうぞ。無料で資料請求できます。

食・フード関連の資格・講座・スクールを探す

食育スペシャリスト資格で学べること・身につくスキル

食育スペシャリスト資格 学べる内容

即戦力を目指せる「メニュープランニング」重視!

「食育スペシャリスト」は、NPO法人みんなの食育が認定している民間資格です。
就職に直結するメニュープランニングを重視した内容が特徴で、前半はメニュープランと商品企画、後半は飲食店プロデュースとコンサルティングという、とても実践的なカリキュラム。大人の食育としては、メタボ予防アンチエイジングに役立つ食事。子どもの食育としては、正しい箸の使い方・食事のマナーの教え方なども身につきます。
カリキュラムの内容は、以下の通りです。

メタボリックシンドロームと食育

子どもの食育

おとなの食育

食事のバランスガイド

食育情報の収集と発信

食育プレゼンテーション

これらのカリキュラムを通じて、美肌・アンチエイジングに効く食材のメニュー企画を行ったり、集中力・記憶力を高める「健脳食」のメニューを企画したり、海外や国内の食に関する問題や社会の動きを学習できます。
食に関する知識を基礎から「楽しく・分かりやすく・バランス良く」学べるため、乳幼児から高齢者まで幅広く食育を実践していきたい方にとてもオススメの資格講座です。

最短3日!食育スペシャリスト資格を取れる講座

食育スペシャリスト資格がとれる講座
ヒューマンアカデミーが提供する「食育スペシャリスト講座」では、計16時間のスクーリングを受けることで、最短3日間で効率よく食育のプロに必要なスキルや知識を学ぶことができます。更に、担当する講師は食育現場で経験豊富な現役のプロ。また、プレゼン力や「食」情報の取捨選択スキルも習得できます。食育スペシャリストの資格とあわせて、5種類の「フード・インストラクター」の資格を取得できるカリキュラムになっているため、ごく短期間で合計6つの「食」関連の資格取得を目指せるのも魅力です。

ヒューマンアカデミー「食育スペシャリスト講座」
□ 受講条件:とくになし
□ 受講費用:入学金 32,400円(税込)
受講料 132,920円(税込)
□ 受講期間:最短3日間~2ヶ月間
※受講期間は校舎によって異なります。
□ 教材:食育のプロも活用中のフルカラーテキスト
□ 学習スタイル:通学

ヒューマンアカデミー「食育スペシャリスト講座」について詳細が知りたい方はこちらからどうぞ。無料で資料請求できます。

食育スペシャリストの資格は、課題レポートを提出して全カリキュラムを修了し、認定試験に合格することで資格を取得できます。残念ながら試験の出題内容や合格率は公表されていませんが、試験で基準点に達することで合格になります。試験に合格すると、食育スペシャリストとフードインストラクターの資格を取得できます。

食育スペシャリストの資格を活かせる仕事

食育スペシャリスト資格を活かせる仕事
メニュープランニング重視の「食育スペシャリスト」資格は、食の領域でプロを目指す方も多く受講しています。資格取得後はどのような仕事に活かせるのかを見てみましょう。

フードアナリストとは食の情報の専門家です。レストラン、食品、食材に特化したブランディングと情報発信のプロなのです。
◆引用元:フードアナリストさとのブログ

2013年6月8日に食育スペシャリストの認定を受けた「さと」さんは、フードアナリストとして活躍中です。フードアナリストはメニュー開発ブランディングなどに携わることもあり、食に関する知識だけではなくマーケティングの知識も必要だと紹介しています。このように、食に携わる仕事のステップとして、食育スペシャリストを取得する方も珍しくありません。

現在は日本人にあった食生活の指導を心療内科クリニックにて行う。その他、食生活アドバイザー公認講師、専門学校講師、幼児・社会人向けの食育講座、各種料理教室、撮影、執筆、企画運営など、多岐にわたって活動中。
◆引用元:ヒューマンアカデミー「食育スペシャリスト講座 講師紹介」

高須希代さんは、ヒューマンアカデミーで「食育スペシャリスト講座」の講師を勤めるほか、心療内科で食生活の指導を担当しています。メニュー開発だけではなく、食と健康に関するアドバイスを必要としている方にも、食育スペシャリストで学んだ知識を活かすことができます。

そのほか、食育スペシャリストの資格は、下記のように幅広い職場・職業に活かす道があります。

□ 料理教室・カルチャースクールの講師
□ 保育園・幼稚園での食育講師
□ 保育園・幼稚園の栄養士、調理師
□ 保育園・幼稚園の保育士、幼稚園教諭
□ 医療機関・介護施設の栄養士、調理師
□ 食品メーカーの企画職
□ 飲食店・小売店の企画職
□ 料理教室の経営
□ 食に関するフリーライター・コラムニスト

食育の大切さを教えたい年代・性別、実際に調理をするのか、企画やアドバイスに徹したいのかなど、自分の手腕と志向次第で、活躍の場は多岐に渡ります。資格取得にあたって、学んだ知識をどう活かしたいのかも考えてみるといいですね。

食育スペシャリストとして活躍の幅を広げる方法

食育スペシャリストとして活躍するには
食育スペシャリストとして活躍するには、他の「食育」関連資格の取得もオススメです。
食のプロとして活躍できる資格は、食育スペシャリスト以外にも、食育実践プランナー、食生活アドバイザー、食育アドバイザー、食育メニュープランナーなど多岐に渡ります。以下は、食育に関する資格の一例です。

食育実践プランナー 家庭で活かせる知識やスキルが身につく。
<ユーキャン食育実践プランナー講座の場合>
期間:通信で標準学習期間6ヶ月/最長12ヶ月
費用:39,000円/一括払い時/税込
食生活アドバイザー 食生活全般のスペシャリストを認定する資格。
<ユーキャン食生活アドバイザー® (2・3級)合格指導講座」>
期間:通信で4ヵ月
費用:39,000円/分割払い可
食育アドバイザー 主に家庭・地域・教育現場で安全・安心な食を伝える食育のスペシャリスト。
<キャリア・カレッジジャパン「食育アドバイザー資格取得講座」>
期間:通信で3ヶ月
費用:36,000円(税別・送料無料)※インターネット申込限定特別価格
食育メニュープランナー 年齢や体調にあわせて、一汁三菜をベースとしたバランスのよい献立を自分で考えるようになれるような知識を培う。
<ヒューマンアカデミーたのまな「食育メニュープランナー養成講座」>
期間:通信で学習期間6ヶ月/在籍期間は12ヶ月
費用:20,570円(税込)
食育インストラクター 服部幸應氏が監修している食育リーダーを目指せる資格。
<がくぶんの「服部幸應の食育インストラクター講座」>
費用:通信で6ヶ月間
期間:39,900円

その他の食育資格

食育資格は、目的・学べる範囲などによってたくさんの資格があります。
あなたにピッタリの資格講座を探してみてくださいね。

学びやすい食育資格4選-試験の難易度は?どんな仕事に就ける?

2016年5月26日

まとめ

食育スペシャリストまとめ
食育スペシャリストの資格と仕事についてご紹介しました。今、食育関係の知識は、小さな子がいる家庭の方、保育・教育現場の方、飲食・栄養・調理に携わる方など、多くの方からニーズが高まっています。興味を持った方は、ぜひ資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。
ウーモアでは、「食育・幼児食」に関する講座を多数掲載しております。以下から詳細が確認でき、無料で資料請求ができます。

食育スペシャリストの資格講座は、ウーモアにも掲載されています。詳細が知りたい方はこちらからどうぞ。無料で資料請求ができます。

食・フード関連の資格・講座・スクールを探す

参考サイト

ヒューマンアカデミー「食育スペシャリスト講座」(2017年7月7日,http://haa.athuman.com/kouza/food/kouza/food-education.asp)

ヒューマンアカデミー「食育スペシャリスト講座リニューアルのお知らせ」(2017年7月7日,http://haa.athuman.com/pr/FoodSpecialist/)

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪