保育士が取りたい資格1位!「絵本専門士」とは

保育士や幼稚園教諭なら、毎日のように読む絵本。絵本の選定や読み聞かせは意外と大変でスキルを要するため、苦労している先生も多いのでは?絵本専門士は、そのスキルをもった絵本のプロフェッショナルであることを証明する資格です。保育士や幼稚園教諭のスキルアップにつながり、図書館・書店・子育て支援施設などでも活躍できる絵本専門士は、ぜひ注目したい資格。今回は、そんな「絵本専門士」について詳しく解説します!

「絵本専門士」の資格取得者に取材した記事はこちらから!
絵本を人に届ける活動をしている高橋真生さんが、絵本専門士のことや絵本の魅力、仕事の流儀を語ってくれました。

絵本専門士 高橋真生 取材 インタビュー 絵本を伝え、届けるのが絵本専門士の役割

「絵本専門士」ってどんな資格?仕事につなげられるの?絵本をこよなく愛する高橋真生さんインタビュー

2018年11月5日
保育・子育て関連の資格・講座・スクールを探す

「絵本専門士」とは

絵本専門士とは
「絵本専門士」は、絵本に関する深い知識と読み聞かせなどの高いスキル・感性をもった「絵本の専門家」であることを証明する資格です。独立行政法人国立青少年教育振興機構によって認定される資格で、講座を受講し、一定以上の成績を修めることで取得できます。平成26年度にスタートした新しい民間資格ですが、保育・幼児教育の現場からは早くも注目を集めています。実際に、2016年7月8日に「ほいくらいふ」で行ったアンケート調査でも、現役保育士の3人に1人が取りたいと回答しており、「病児保育士」と並んで取りたい資格1位でした。

保育士さんが取りたい資格トップ5

現役保育士の取りたい資格トップ5
アンケートの詳細は「現役保育士さんに聞いた!取りたい資格と、取れない理由」をご覧ください。

絵本専門士の資格が活かせる職場

絵本専門士 職場
絵本専門士の資格取得後の働き方としては、図書館・保育園・幼稚園・小学校などでのワークショップや読み聞かせ会の開催にとどまらず、治療の一環としての絵本も注目されていることから、医療機関で活動することも。また、絵本を実際に選んで読み聞かせるだけでなく、絵本への理解や知識を広めるための研究会やネットワークを通じたワークショップのコーディネートなど、仕事の内容は多岐にわたります。

絵本専門士の資格を取るには

絵本専門士資格を取るには

東京で開催される講座の受講が必要!

絵本専門士の資格は、独立行政法人国立青少年教育振興機構によって認定されます。資格取得には、「絵本専門士委員会」が策定するカリキュラムの講座を受講し、修了課題をクリアする必要があります。授業の成績と修了課題の評価をもとに審査されます。
東京都の国立オリンピック記念青少年総合センターで資格取得講座が開催されるため、東京で受講できる人でないと取得できない点は地方在住の方にはネックかもしれません。しかし、基本的には2ヶ月に1度、土日の2日間の開講となっているため、この時間だけ頑張って調整できればOK。資格取得に興味がある方は、ぜひ挑戦してみましょう。

絵本専門士以外に保育の現場で役立つ資格講座は、こちらから無料で資料請求できます。

絵本専門士の資格が取れる講座

絵本専門士の資格講座

受講に必要な条件

絵本専門士の講座を受講するためには、以下4つの受講資格をクリアする必要があります。

●子供や絵本に関連する資格を有する者
●絵本に関わる実務について、原則として3年以上の経験を有する者
●絵本に関わる活動に携わり、原則として3年以上の経験を有する者
●絵本学や児童文学、美術について研究実績を有する者 等
◆引用元:独立行政法人 国立青少年教育振興機構

「子供や絵本に関連する資格」とは、司書や司書補、幼稚園教諭、保育士、小学校教諭の資格などです。「絵本に関わる実務」は、図書館職員としての実務経験や絵本や児童文学の出版、販売、編集の実務経験も含まれます。

資格取得にかかる費用

50,000円(指導上必要な物品の購入などで、別途費用が発生する場合も)

期間・時間

50時間ほど(1コマ90~120分の授業×30コマ)+修了課題で構成されます。

学べる内容

絵本に関する知識やおはなし会を開催するために必要なスキルなど、絵本専門士に必要な知識・スキルをバランスよく学べる内容です。

注意点

講座の開講は年に1ターンの開催で、募集時期も限られています。こまめにHPをチェックしておくようにしましょう。

絵本専門士に求められる資質・能力

絵本専門士 資質 能力
上記の講座では、絵本専門士に求められる資質や能力、技能を身につけるための授業もあります。まずは、どんな資質・能力が求められているのかを確認してみましょう。

3領域
・知識:絵本に関することだけでなく、児童福祉や児童心理など子どもに関することも含む
・技能:読み語り、手遊びの他、創作活動まで
・感性:豊かで魅力ある人間性
6つの力
・選択力:子どもの発達に合わせた絵本の選択
・コーディネート力:人やモノのネットワーク化
・企画力:事業を企画、実行する
・コミュニケーション力:適切な意思疎通
・表現力:論理的に説明する。共有化する力や共感力を身につける
・指導力:ワークショップの運営など。

絵本専門士の資格取得講座を受けることで、これらのスキルがみがけます。「児童心理」「子どもの発達に合わせた絵本の選択」は、自分の子育てや、子どもと関わるほかの仕事にも活かせそうですね。

絵本専門士は保育士・幼稚園教諭のスキルアップに最適

絵本専門士 保育士

「絵本専門士」と「保育士・幼稚園教諭」資格の違い

絵本専門士は、国家資格である保育士・幼稚園教諭とは違い、民間資格です。資格取得の難易度も、国家試験をパスするか養成施設を数年単位で卒業する必要がある保育士・幼稚園教諭と比べたら取りやすいでしょう。絵本専門士はまだ新しい資格のため、認知度も一般的にはまだ低めで仕事として確立していない面もあります。

「絵本専門士」は保育士・幼稚園教諭のキャリアの幅を広げる

この2つの資格は、「どちらかを取得して働く」というよりも「保育士・幼稚園教諭のスキルアップの1つとして、絵本専門士という資格がある」認識でいるのがよさそうです。保育園や幼稚園で日々触れる絵本への知識やスキルを高めることは自分にプラスになりますし、子どもたちへの良い保育・教育につながります。絵本専門士の資格取得が、仕事の幅も広げてくれるでしょう。
反対に、絵本専門士として活動するにあたって、保育士などの資格が有利に働くことも。たとえば、書店などで読み聞かせ会を開催する場合、「絵本専門士だけよりも、保育士資格も持った人なら安心感が増す」などのメリットが考えられます。

保育・子育て関連の資格・講座・スクールを探す

まとめ

絵本専門士まとめ
絵本の専門家である「絵本専門士」は、保育や教育現場の方・本に携わる方の知識を深め、仕事の幅を広げてくれる資格です。「絵本についてもっと勉強したい」「読み聞かせのスキルを高めたい」と思っている方は、ぜひ注目してみてください。

絵本専門士以外に保育の現場で役立つ資格講座は、こちらから無料で資料請求できます。

参考サイト

国立青少年教育振興機構「絵本専門士」(2017年3月28日,http://www.niye.go.jp/services/plan/ehon/)

国立青少年教育振興機構「絵本専門士養成講座」(2017年3月28日,http://www.niye.go.jp/services/plan/ehon/yousei.html)

国立青少年教育振興機構「絵本専門士リーフレット」(2017年3月28日,http://www.niye.go.jp/files/items/2995/File/h28gaiyou.pdf)

国立青少年教育振興機構「第4期絵本専門士養成講座募集リーフレット」(2017年3月28日,http://www.niye.go.jp/files/items/2997/File/4ehonre.pdf)

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪