保育士の就職先と平均年収は?

保育士の就職先と平均年収

2016年にほいくらいふが行ったアンケートでは、潜在保育士の63.4%が「給与への不満」を理由に退職したと回答しています。
また、2014年3月に東京都福祉保健局の行ったアンケートでは、現在保育士として働いている人の、職場への改善希望点について「給与・賞与の改善」が59.0%という結果が出ています。
昨今では政府や自治体が保育士の待遇改善策を打ち出していますが、気になる保育士の就職先や平均年収についてご紹介します。

保育士ってお給料はどれぐらい?

保育士ってお給料はどれぐらい?

厚生労働省の「平成28年賃金構造基本統計調査」によると、保育士の年収は平均で326万円です。

保育士の年収と勤務に関するデータ

こちらは保育士の平均的な年収や勤務に関するデータです。

保育士の平均年収 326.7万円
保育士の平均月収 22.3万円(残業代等含む)
保育士の年間ボーナス等 58.8万円
保育士の平均年齢 36.0歳
保育士の平均勤続年数 7.7年
保育士の総労働時間 169時間(+残業4時間)/月
保育士の男性平均年収 363.7万円
保育士の女性平均年収 324.7万円
保育士の男性割合 5.4%
保育士の女性割合 94.6%

◆参考:厚生労働省「職種別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額」

保育士の年齢別・企業人数別の平均年収

職種別
以下に紹介するのは、厚生労働省の資料を元に、保育士の性別、年齢別、企業人数別の平均年収をグラフ化したものです。
グラフを参考にしていただくにあたり、以下のグラフ内用語をご説明しましょう。

きまって支給する現金給与額

労働契約、労働協約、あるいは事業所の就業規則などによって定められている支給条件、算定方法によって6月分として支給された現金給与額のことを指します。手取り額でなく、所得税、社会保険料などを控除する前の額です。

所定内給与額

「きまって支給する現金給与額」のうち、超過労働給与額を差し引いた額のことを指します。超過労働給与額とは、時間外勤務手当、深夜勤務手当、休日出勤手当、宿日直手当、交替手当を含んだ額のことです。

年間賞与その他特別給与額

原則として1月から12月までの1年間の間に支給される、いわゆるボーナスのことです。

◆参考:厚生労働省「職種・性、年齢階級別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額」

女性の年齢別・企業人数別の平均年収

それでは、女性保育士の年齢別、企業人数別の平均年収から見ていきましょう。

企業規模計10人以上の平均年収

女性10人

企業規模計10人~99人の平均年収

女性10人~99人

企業規模計100人~999人の平均年収

女性100人~999人

企業規模計1000人以上の平均年収

女性1000人

男性の年齢別・企業人数別の平均年収

続いてこちらは男性保育士の年齢別、企業人数別の平均年収です。

企業規模計10人以上の平均年収

男性10人

企業規模計10人~99人の平均年収

男性10人~99人

企業規模計100人~999人の平均年収

男性100人~999人

企業規模計1000人以上の平均年収

男性1000人

男性と女性保育士の年収を相対的に見てみると、勤続する年齢層が男性と女性で隔たりがあることがわかります。

また、企業の人数規模が異なっていることや、資料に記録のない年齢層も存在しているなどの要因から、一概にまとめることは出来ませんが、男性の保育士である程度の年齢層に達している人の方が、女性の保育士である程度の年齢層にいる人よりも「年間賞与その他特別給与額」(ボーナス)が高い傾向があるようです。

なぜ保育士の給料は低いといわれているのか?

保育士の就職試験

昨今のニュースなどで、保育士の賃金問題に関する話題はよく論じられています。

国家資格を保有しているということで公的な信頼も高く、子どもたちのために尽くす。保護者への対応もこなし、体力も必要な職業…そんなふうに鑑みてみると、平均月収が22.3万円(残業代等含む)というのはいささか安いのではとお感じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

同じ国家資格でも、看護師(480万円)や薬剤師(514万円)の年収と比べても、保育士の給料は低いといえます。
ホームヘルパー(304万円)や美容師(287万円)の給料と比べれば高いものの、なぜこんなにも保育士の給料は低いといわれているのでしょうか?

公立・私立で給料が異なる

認可保育園には、公立と私立の2種類がありますが、保育士の賃金問題の根本には、公立・私立の保育園によって保育士に支給される初任給や給料が違うという前提があるのです。

公立保育園に関しては、自治体の公務員であるため、勤務する自治体の給料表に応じて給料が決まります。
基本的に年功序列式に給料も上がっていきますので、私立保育園で働く保育士よりも給料が高い場合が多いといいます。

対する私立の保育園ですが、主な財源は公的な補助金による運営費と、保護者からの保育料です。
まず、保護者が払った保育料は市町村に渡ります。そこから、個々の保育園に市町村から「運営費」が支給されます。

この「運営費」は、子ども一人を保育することで決まる「基本額」という単価と、園のさまざまな取り組み(休日保育、障がい児の受け入れ、主任保育士の配置など)によって給付される「加算」から成り立っています。

こうした「基本額」と「加算」が積み上げられていくことにより、園の総合的な「運営費」が決定され、市町村から園に支給されます。
その「運営費」の中から、自園の方針に従って保育士に給料を支払うのが、私立保育園の給料の仕組みです。

そのため、民間企業、NPO、社会福祉法人など、運営元がそれぞれ異なる私立の保育園の方が、給料格差があるといえるでしょう。

しかし認可外の保育園に関しては、東京都の一部の保育園を除き、基本的に「運営費」の補助はないとされています。認可外の保育園の主な財源は、保護者からの保育料のみとなっています。

結局、保育士の給料が低い理由は●●!

このように見てくると、賃金の問題がより深刻なのは私立の保育園に勤める保育士であるかのように思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、相次ぐ財政難の中で、多くの自治体は人件費を下げることを求められています。
公立の保育園もその対象外ではありません。

一般的に、認可保育園の運営経費の約7割は人件費であるといわれています。
2011年度の全国社会福祉協議会の調査によると、4041ヶ所の公立の保育園のうち3割強が、非正規雇用の職員を6割以上雇用していることがわかっています。

この背景には、財政力がなく、少子化と過疎化の進む自治体の公立保育園においては、将来的に保育園の統廃合も視野に入れざるをえないことから、正規雇用の職員を増やせない一面があります。

また、東京都の私立保育所の平均賃金に比べて、東京都練馬区の保育士の平均賃金が2倍近い一例もあることから、公立の保育園を運営していくには私立保育園の1.7倍のコストがかかってしまうという事情もあって、公立の保育園の人件費の節約が求められているのです。

つまり、保育士の賃金の低さの問題は、一言でいえば自治体の財政難人件費の節約が求められていることに集約されると考えられます。

ただし、政府もこのままの状態を放置しているわけではありません。
東京都では2017年度、保育士の待遇改善のため、保育士1人あたり月額平均4万4千円の給与補助をする方針を発表しています。このような政府や自治体による保育士の給与面での補助により、収入は徐々にですが増加傾向にあります。

保育士の主な就職先

保育士の主な就職先
保育園は、全国に2万以上設置されているといわれています。
しかし、保育園以外にも他にも以下のような就職先施設があるため、保育士の活躍のフィールドはかなり広くなっています。

保育所

保護者が労働や疾病などの理由で保育に欠ける児童(0歳~小学校入学前)を預かり保育することを目的とする施設です。大きく認可保育所と認可外保育所に分けられます。

認定こども園

教育・保育を一体的に行う施設で、いわば幼稚園と保育所の両方の良さを併せ持っている施設です。

児童厚生施設

児童館や児童遊園です。児童に健全な遊びを提供し、健康増進と豊かな情操を育てることを目的とする施設です。

母子生活支援施設

生活と養育が困難な母子世帯を保護し、自立できるまでの生活を支援する施設です。

乳児院

面倒を見る保護者のいない乳児~小学校入学前の児童を支援・援助するための施設です。

助産施設

保健上必要であるにもかかわらず、経済的な理由などで入院できない妊産婦を入所させ、助産を行う施設です。

児童養護施設

保護者のいない児童、虐待された児童、その他家庭の事情で養護を要する児童を保護し、自立のための支援を行う施設です。

知的障害児施設

知的障害のある児童の保護と、独立自活に必要な知識・知能を与えることを目的とした施設です。

知的障害児通園施設

知的障害を持つ児童を自宅から通園させ、将来独立して自活できるような知識と技能を習得させるための施設です。

盲ろうあ児施設

盲児や強度の弱視児を入所させて保護し、自活支援をしていく施設です。

肢体不自由児施設

上肢、下肢または体幹機能の障害児治療と、独立自活に必要な知識・知能を与えることを目的とした施設です。

重症心身障害児施設

重度の知的障害と肢体不自由が重複する児童の保護と治療、日常生活の指導を目的とした施設です。

情緒障害児短期治療施設

軽度の情緒障害を持つ児童を短期間入所・通所させ、治療と援助を行う施設です。

児童自立支援施設

不良行動をしたり、する恐れのある児童、家庭に問題のある児童を教育・指導するための施設です。

児童家庭支援センター

地域の児童の福祉に関するさまざまな相談に応じ、必要な助言・指導を行う施設です。

増えてきた民間企業への就職

今や民間企業でも、保育士の活躍の場は増えています。
ベビーシッターサービス・ベビーホテル・乳幼児向けの学習塾・スポーツクラブ・デパートなどの一時預かり所など、育児に関するサービスは目下増加中です。

あわせて、民間企業による認可外保育施設も増えてきている現状もあります。国や自治体の定めた基準を満たしていないため、設備等は不十分なことが多いですが、待機児童が多くて認可保育園に入れない保護者・児童にとってはとても重要な役割を果たしているでしょう。

保育士になるには?

保育士になるには?

保育士になるには、厚生労働大臣指定の保育士養成施設を卒業することで保育士資格を取る方法と保育士試験に合格する方法があります。

多くの方が希望する公立の認可保育園では、公務員試験に合格する必要があります。試験は各自治体で内容が異なりますが、基本的には1次試験が筆記、2次試験が面接となっています。

私立保育園の採用試験は各園で違うため一概には言えませんが、筆記・実技・面接という形式が多いようです。
筆記は、保育士試験の内容と一般教養、実技はピアノの弾き歌いなどがあります。園によっては筆記がなく、実技と面接のみというケースもあります。

以下のページに保育士に関する情報をまとめていますのでご覧ください。

●保育士とは?

ウーモアでは保育士の専門学校や通信講座など多数のスクールが掲載されています。
気になるスクールは無料で資料請求できますので、以下よりスクールを検索し、資料請求をしてみてください。

参考

『保育園問題』(前田正子,中央公論,2017年)
ほいくらいふ「5万円の給料アップでも復職したくない!」約8割<潜在保育士のホンネ>」(2017年9月12日,https://hoiku-me.com/other/nurture-news/28446/)
ほいくらいふ「保育士の給料の実態と背景~なぜ賃金が上がらないのか~」(2017年9月12日,https://hoiku-me.com/other/nurture-news/13527/)
東京都福祉保健局「東京都保育士実態調査報告書」(2017年9月12日,http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2014/04/DATA/60o4s201.pdf)
厚生労働省「平成28年賃金構造基本統計調査 結果の概況」(2017年9月12日,http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2016/index.html)
厚生労働省「賃金構造基本統計調査 調査の概要」(2017年9月12日,http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/chinginkouzou_b.html#10)
厚生労働省「統計表一覧 政府統計の総合窓口」(2017年9月12日,http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020103.do?_toGL08020103_&tclassID=000001062209&cycleCode=0&requestSender=estat)

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

資格学習にはメルマガ登録がオススメ!

50,000人以上が購読するメールマガジンに登録しませんか?

・おすすめの資格講座に関する情報
・メルマガ読者だけの最新講座情報
を無料でお届けします。

メールアドレス


個人情報保護方針に同意して

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。