なにが違うの?~ 民間資格・公的資格・国家資格~ 

資格は、大きく分けて3種類に分けられます。
国家資格・民間資格・公的資格・という区分です。

資格取得の目的は人によってさまざま。

今の仕事のスキルアップ、転職、教養をつける、将来のために取っておきたいなど・・・。
そして「どうせ目指すなら、食べていける資格を!」と思う方も多いでしょう。

そんな時、1つの目安になるのが先述の資格の種類です。

今回は、資格取得を目指すなら知っておきたい「国家資格・公的資格・民間資格の違い」についてご紹介します。

資格を取得することで、「今の自分になにかプラスしてみたいな」とお考えの方は、興味のある資格を探してみては?
ウーモアでは、女性の社会進出、キャリアアップに役立つ資格講座を多数掲載しております。
●興味のある資格講座を探してみる

何が違う? 国家資格・公的資格・民間資格

国家資格・公的資格・民間資格の違い

「『士』がつけば国家資格?」
「国家試験がない=国家資格じゃない?」

何となくのイメージでとらえている方も多いかもしれません。
民間資格・公的資格・国家資格、それぞれ何が違うのかを見てみましょう!

民間資格とは

民間資格
民間資格は、業界の発展・向上を目的として、民間団体・企業・学校が独自の基準で認定する資格です。

認定元:民間団体、企業、学校

難易度:低~高

国家資格と違って法律の規制がない点も特徴です。
民間資格は民間団体や企業、学校が認定元であるケースがほとんどです。そのため、社会的情勢や、社会的ニーズが反映されて生まれたものもあります。

国家資格にはないようなオリジナリティの高い資格も存在し、企業の人材育成のために企業内に独自の資格が設けられていることもあります。

その資格を取得していることで、その人にある一定の能力が備わっていることを証明してくれる場合もあります。
国家資格・公的資格をゆうに上回る民間資格が存在していることも事実です。

TOEIC、MOS、英検など認知度・信用度が高めの資格もあります。

ただし、少し注意が必要な点も。
なかには、社会的認知度や信用、信頼度の低いものもあるということです。

国家資格や公的資格と近い名称の民間資格も数多いため、国家資格や公的資格を取りたい方は要確認する必要があるでしょう。

民間資格の種類

「ウーモア」では多種多様な民間資格を掲載しています。
気になる資格名をクリックしていただければ、その資格の詳細情報をチェックすることもできます。

民間資格 ジャンル
チャイルドマインダー 保育
ベビーシッター 保育
ベビーマッサージ 保育
チャイルドカウンセラー 保育・ケアストレス
整体師・カイロプラクター ボディケア・リラクゼーション
リフレクソロジスト ボディケア・リラクゼーション
医療事務 医療・事務
調剤薬局事務 医療・事務
メイクアップアーティスト 美容・ファッション
ネイリスト 美容・ファッション
マイクロオフィススペシャリスト(MOS) パソコン・IT
ペット介護士・ペットシッター ペット
秘書検定 ビジネス
食育系・幼児食系資格 食・フード
書道師範・賞状技法士 書道
介護事務 介護・事務
認知症介助士 介護・認知症ケア

民間資格ってこんなに多種多様なんだ!と驚かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
もちろん、民間資格は上の表に記載したもの以外にもたくさん存在しています。

公的資格とは

公的
公的資格は、国家資格と民間資格の中間的な位置づけにあります。

認定元:管轄の官庁、大臣、日本商工会議所が多い

難易度:中~高

公的資格の試験は、所轄省庁や大臣が認定した審査基準のもと、地方自治体・財団法人・社団法人・民間団体などによって行われます。

資格の認定元は、文部科学省や経済産業省などの官庁・大臣・日本商工会議所などです。

国の法律による規制はありませんが、知名度や信用度が高い資格も多いとされています(公的資格を民間資格の一部とみなす場合もあります。)

公的資格の種類

「ウーモア」では公的資格も掲載しています。
気になる資格名をクリックしていただければ、その資格の詳細情報をチェックすることもできます。

公的資格 ジャンル
登録販売者 医療
簿記検定 オフィス
ケアマネジャー 介護
介護職員初任者研修 介護
介護職員実務者研修 介護

「公的」と名がつくように、取得した資格は公的に通用するため、就職や転職、キャリアップに有利に働きます。
ただし、実務経験などが求められる場合もあるため、その点は注意しておきましょう。

国家資格とは

国家資格
国家資格は、法律に基づいて、国や国から委託を受けた機関が、能力・知識・技能などが一定水準に達していることを認定します。

認定元:国

難易度:高

法律によって一定の社会的地位が保証されることも特徴です。

取得の難易度は高いですが、 社会的な信頼性や信用性も高いです。
その資格を保有していなければ就けない職種、有資格者の雇用が義務付けられている業界もたくさんあります。

また、国家資格には、以下の3つの種類があります。

業務独占資格

弁護士や医師など、その資格を取得しなければ業務を行えないもの。

名称独占資格

中小企業診断士や栄養士など、その資格を保有していなければ、その職種を名乗れないもの。

必置資格

薬剤師、運行管理者など、特定の事業を運営するにあたり、資格の保有者を配置することが義務付けられているもの。

国家資格の種類

民間・公的資格同様、国家資格も「ウーモア」には掲載中です。
気になる資格名をクリックしていただければ、その資格の詳細情報をチェックすることもできます。

国家資格 ジャンル
保育士 保育
幼稚園教諭 保育
介護福祉士 介護

医師、保育士、介護士など上にあげたような医療・福祉系の仕事は、人の命に関わる仕事であるため、責任も重いです。

だからこそ、国が定めた能力・知識・技能を満たさなければ取得できないという面もありますが、困っている人を助けるような仕事がしたい方にとっては、きっとやりがいも感じられることでしょう。

国家資格と公的資格、民間資格の違い

3者の違いについて端的にいうならば、国の法令・政令・省令に規定があり、法的な裏付けがある資格が国家資格。
一方、法的な裏付けがないのが民間資格・公的資格といえましょう。

とはいえ前述したように、法的な裏付けがなくても認知度・信用度が高く、知識や技術を証明できる公的資格・民間資格も数多くあります。

「国家資格=スゴい」、「民間資格=ダメ」じゃない

資格を取る目的は?
国家資格の方が価値が高くて凄い、民間資格の方が価値が低くてダメ、と思い込みかねない方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、そういうわけではないのです。

賢い資格の選び方

資格取得で一番大切なことはなんでしょうか?
それは、
・新しい仕事につきたい
・今の仕事に活かしたい
・家庭で役立てたい
・趣味で楽しみたい
など、自分の目的に合った資格を選ぶことではないでしょうか。

学習の計画性に無理なく進めることも大切なことでしょう。

つまり、ステータスに惑わされず、目的に合う資格を選ぶことが大事!

単純にステータスで資格を選んでも、学習のモチベーションも維持しにくいでしょう。

たとえマイナーで求人ニーズがイマイチな民間資格でも、活かし方は自分次第

新しい知識を得ることで心が豊かになったり、家族や友人に喜んでもらったり・・・。

仕事に活かすことだけが、資格の役立て方ではないはず。趣味・教養のためであっても、立派な学ぶ目的です。

まとめ

まとめ
国家資格・公的資格・民間資格の違いについてご紹介しました。

欲しいと思っている資格が、お金も時間もかけて取る価値があるのかは、誰もが気になるところ。
おおもとの目的がブレてしまっていたために、せっかく資格をとったのに何もリターンがない・・・そんな資格の「取り損」は避けたいもの。

どんなきっかけでその資格に興味を持ち、その資格を取った後、自分はどうなりたいのか?
資格取得にあたっては、この点をじっくり考えてみてくださいね。
資格取得に関するお役立ち情報は、「ウーモア」で随時UPしていきますので、お楽しみに。

「何か新しいこと始めたい」「スキルアップ、キャリアアップできる資格はないかな」
そうお考えの方は、一度「ウーモア」の講座紹介ページをチェックしてみてはいかがでしょうか。
気になる資格講座は無料で資料請求も可能です。

参考サイト

就職に役立つ資格、国家資格の取得ならe-資格&スキルガイド「資格まめ知識」(2017年9月28日,http://www.e-sikaku.net/sikaku/)
TAC「資格の選び方」(2017年3月31日,http://www.tac-school.co.jp/pittari/column2.html)

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

講座・スクールの資料はこちらから無料請求できます

ウーモア