健康と豊かな人間性を育む「食育」とは

お子さんをお持ちの方は、「食育」という言葉を耳にする機会が多くあると思います。
「食育」は子どもだけではなく、私たち大人も健康な肉体と豊かな人間性を育むために欠かせない知識です。
今回は、単に食育をご紹介するだけではなく、「どうして食育が必要なのか」「どんなことを家庭で取り入れていけばいいのか」といった気になるトピックスをご紹介します。

食育とは

食育とは

食育は、国民が生涯にわたって健全な心身を培い、豊かな人間性を育むことができるようにするために重要なテーマです。
◆引用元:内閣府HP

食事は生きる上での基本であり、身体を育てるだけではなく、知力や道徳心を育てる基礎となる大切な教育でもあります。
「食」に関する経験を重ね、知識や理解を育むことは、健全な食生活を営む上で欠かすことができません。
子どもに対する「食育」だけではなく、「食」を提供している私達大人も、学びを深めることで、考えて食べる習慣を身につけることが必要です。
また、食育では単に食に関する知識を身につけ、興味や関心を育むだけではなく、「マナーや文化を身につける」ことも大切なポイントです。
毎日の生活の中で家族で食卓を囲むことで、食事を楽しむだけではなく、食に対する理解を深め、正しいマナーを学び、食に対して考える継続的な習慣づけを行いましょう。

食育の大切さ

食育の大切さ
単に1日3食の食事をとれば、健康な身体を維持することができるわけではないことは、皆さんよくご存じだと思います。
バランスのとれた食生活を送るためには、「食」に対する知識や理解が必要不可欠。
そして、「規則正しい生活」をおくることも、健康な身体を維持するために重要なポイントといえます。
「食育」を行うことで、自らの食べる物を「選択」することができるようになり、「身体に良いもの」や「栄養バランス」といった観点で、食事をとることができるようになります。
知識を持たない子どもが、食育の大切さを理解するためには、親が正しい情報を理解し、そして教えること重要です。
私達の抱えている「伝統的な食文化の喪失」「栄養バランスの偏った食事や不規則な生活の増加」などの問題を解決するためにも、毎日の生活に食育を取り込みできることから始めてみましょう。

食育基本法とは

食育基本法とは
「食育基本法」は、食育に関する理念や施策の基本的な方針などを定めている法律であり、2005年に施行されました。この法律では、食育を教育機関で行うだけではなく、家庭や地域、そして消費者と生産者の交流などを通して、食への理解を深められるように食育を推進しています。

食育基本法を基に計画されている「第3次食育推進基本計画」では、若い世代に対する食育の推進だけではなく、健康寿命の延伸に繋がる食育の推進、そして食文化の継承に向けた食育の促進などを重点課題としてあげています。これらの取り組みは、政府を代表して内閣府が中心となっていますが、官・民を問わず多彩な関係者が協力して食育の普及促進に取り組んでいます。

家庭でできる食育

家庭でできる食育

「伝統的な食文化の喪失」が問題になっていると先ほどご紹介しましたが、「伝統的な食文化」がどんなものかイメージがわかない方も多いかもしれません。

例えば、お正月のおせち料理や節句、そして季節の旬の食材を使った料理や、「郷土料理」と呼ばれる地方特有の料理など。これらの料理を味わったり、作ったりする機会が減ってきているそうです。

旬の食材を取り入れた食生活を心がけるのは、食育のためだけではなく、身体のためにもそして食費の節約にもつながる大切なポイントです。
また、伝統的な食文化に触れることで、豊かな心を育むだけではなく、グローバル化が進む社会の中で、自らの国や文化に誇りを持つアイデンティティの確立する教育を行うことも重要視されています。

ご家庭での食生活は、毎日の健康を支える大切な柱です。上記を踏まえご家庭では、家族で一緒に食卓を囲むだけではなく、旬の食材を取り入れたり、伝統的な食文化に触れることが大切です。また、お庭がなくてもプランターなどを活用して、野菜や果物を育てる体験をすることで、作物の成長に興味関心を持つと共に、食品の鮮度についても気付きを得ることができるようになりますので、是非挑戦してみてくださいね。

ご家庭では、健康的な身体をつくるために、生活習慣病や肥満を防ぐための食生活や、痩せすぎによる身体への影響なども、折に触れて話す機会を持ちたいものです。健康を損なわないために、正しい知識を持てるように指導していきましょう。

食育を学べる資格

子どもも大人も対象にした食育資格については、こちらの記事でまとめています。
● 「食育」の資格 試験の難易度は?どんな仕事に就ける?

幼児・子ども向けの食育資格については、こちらの記事でまとめています。
● 「幼児食」の知識を学べる食育資格とは

おわりに

食育のまとめ

親子で楽しく食卓を囲むだけではなく、「食」についての知見を広めることで、より食事を楽しむことができます。食べることは、生きる上で欠かせないことです。
「教育」と難しく考えずに、毎日の生活の中で、食事を楽しみ様々な体験を通して、「食」について考える機会を意識してつくってみてください。
食関連の資格講座はウーモアでも掲載しています。以下から詳細を確認でき、無料で資料請求もできます。⇒詳しくはこちらから

参考サイト

http://www.jfcs.co.jp/shokuiku/smartkids02/
http://www8.cao.go.jp/syokuiku/
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/06/dl/s0604-2k.pdf
http://www8.cao.go.jp/syokuiku/about/index.html

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

資格学習にはメルマガ登録がオススメ!

50,000人以上が購読するメールマガジンに登録しませんか?

・おすすめの資格講座に関する情報
・メルマガ読者だけの最新講座情報
を無料でお届けします。

メールアドレス


個人情報保護方針に同意して

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。