食育実践プランナー資格とは どんな仕事?試験は難しい?

食育のプロのなかでも、実際の食生活をよくすることができる資格が「食育実践プランナー」です。
普段の食事をより健康的にする方法やマナーや正しい食べ方を教えることができる「食育実践プランナー」資格は人気が高く、とくにお子さんのいる方にオススメの資格となっています。
今回は、食育実践プランナー資格を取得するのに試験はあるのか?といったことから、お仕事の内容まで詳しくご紹介していきます。

食・フード関連の資格・講座・スクールを探す

食育とは?

食育とは
そもそも、食育とはいったいなんでしょうか?平成17年に国会で成立した「食育基本法」の中では、食育を以下のように位置づけています。

① 生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきもの
② 様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること
◆引用元:農林水産省「食育の推進に向けて~食育基本法が制定されました~」

「食」は生きていく上で欠かせないものです。食事は、身体を作る基礎となるだけでなく、精神面にも大きく影響してきます。とくに、発達の段階にいる子どもにとって、食事と成長は切っても切れない関係にあります。添加物の多い食物や、肥満に繋がるような食事、乱れた食生活は、子どもの体と心の成長に悪影響を与えかねません。

子どもの健全な発育にも、普段の食生活にも役立つ正しい食の知識。また、食事のマナーや、食事と季節行事など食に関する伝統の知識などを学ぶことが、食育という教育なのです。

食育実践プランナーとは

食育実践プランナーとは
食育実践プランナーは、とくに家庭で活かせる知識やスキルが身につく資格です。もちろん、家庭だけではなく教育現場や地域などでも活躍できます。「食材の目利き力/正しい食べ方・食事のマナー/メニュー作り/年代別の食」など、正しい食生活の実践方法や、食の知識とノウハウを幅広い年代の人たちに伝えられる食育のプロが、食育実践プランナーです。

また、食育実践プランナーは“教育”の要素を強く備えているため、子どもに正しい食べ方やマナー、食材に関する知識なども教えられます。子どものいる家庭の「いつもの食事」に活かせる知識やスキルも身につくので、主婦(主夫)からも注目を集めている資格だといえます。
ちなみに食育実践プランナーに似た資格で「食育アドバイザー」もありますが、食育実践プランナーが家庭や教育現場での活動を主な対象にしているのとは違って、食育アドバイザーは企業での活動を主な対象としています。

食育実践プランナーの資格

食育実践プランナーの資格
食育実践プランナーは、一般社団法人日本味育協会が認定している資格です。講座の受講はユーキャンがとくに人気が高く、日本味育協会も「ユーキャンの食育実践プランナー講座を修了した方」限定の資格取得コースを用意しているほどです。

ユーキャン

食育実践プランナー講座
□ 受講に必要な条件:とくに指定なし
□ 受講費用:39,000円(一括払い時/税込)
□ 受講期間:標準学習期間6ヶ月(最長12ヶ月)
□ 学習スタイル:通信
□ 試験スタイル:在宅試験
添削課題を5回提出したのち、6回目の添削課題(資格試験)の合格基準点クリアで試験合格となります。
□ 取得できる資格名:一般社団法人日本味育協会認定・食育実践プランナー
□ ポイント:メインテキストは5冊。それだけではなく、「食育実践レシピ集100」「目利き便利帳」、「食育実践アイデアブック」などの便利なサブテキストやDVDまでついてきます。受講中は何度でもメールや郵送で疑問点などを質問できるため、納得した上で学習を進められます。また、スマホでWebコンテンツを利用した学習ができるのもポイントです。

食育実践プランナーの試験内容

食育実践プランナーの試験内容
食育実践プランナーの試験は、在宅で受験ができるため、忙しい方や小さなお子さんの育児中で家を空けられない方でも受けることが可能です。また、受講期間中には何度でも自宅で挑戦できるため、失敗してもやり直せます。試験日も自分で決められるので、落ち着いてゆっくり受けられる日に受験できるのもポイントです。
試験方法もマークシート方式ですので、落ち着いて学習してきたことを思い出しながら受験すれば、大きく失敗してしまうこともなさそうです。また、合格基準は全問題の70%以上ですので、100点を取る必要はありません。ポイントを押さえていれば、合格を狙うのも難しくはないでしょう。

食育実践プランナーの仕事

食育実践プランナーの仕事

食育実践プランナーは、食に関する仕事に対して、実に汎用的に活かせる資格です。家庭での食育知識やスキルが身につく資格ですが、家以外でも活躍の場があるため、取得後は社会で積極的に活動を進めていくこともできます。

例えば、食品や飲食を扱う企業で活躍したり、料理教室を開校することも可能です。また、保育士、管理栄養士、教師、介護福祉士など、食育に携わるような職種の方が取得すれば、スキルアップにもなります。講師や先生になって、保護者向けのセミナーを開いたり、子どもも一緒に参加できるようなセミナーや教室を開けば、より一層食育実践プランナー資格を活かした活動ができそうです。

さらに上を目指すときは

食育実践プランナー資格を認定している一般社団法人日本味育協会では、さらなる上級コースとして、「マスターコース」「プロフェッショナルコース」を用意しています。それぞれ、日本味育協会が提唱する「おいしさ学」を伝える専門家を目指すコースとなっていて、より本格的な「食」を学ぶことが可能です。

マスターコース(ユーキャンの食育実践プランナー講座修了者向け)
□ 受講に必要な条件:ユーキャンの食育実践プランナー講座修了者
□ 受講費用:22,000円(税込)
□ 受講期間:1日(9時間15分)
□ 学習スタイル:築地にて開催
□ 取得できる資格名:MIIKUマスター
プロフェッショナルコース
□ 受講に必要な条件:味育マスターコース修了者
□ 受講費用:98,000円(税込)+テキスト代2,500円
□ 受講期間:3日間
□ 学習スタイル:通学
□ 取得できる資格名:MIIKU Professional

その他の幼児・子ども向け食育資格

食育資格は、目的・学べる範囲などによってたくさんの資格があります。
あなたにピッタリの資格講座を探してみてくださいね。

幼児食 とは 食べ始め 時期 注意点 大切なポイント

幼児食とはどんな食事?離乳食から移るのに適した時期は?

2018年7月31日
食・フード関連の資格・講座・スクールを探す

まとめ

食育実践プランナー資格まとめ
「食」は人間の基本。子どもに食にまつわることを教える「食育」はとても大切な教育です。その食育に必要な知識やスキルを身につけられる「食育実践プランナー」は、日々家族や自分の食事を作る方なら誰しもが学んでおきたいことを身につけられる資格だといえます。
「食育実践プランナー」資格を取得して、自信をもって日々の食事づくりをしてみませんか。

ウーモアでは、食育・幼児食に関する資格講座を多数掲載しています。
食育・幼児食の知識を本格的に学びたい方は、
無料で資料請求できますので、いくつかの講座を比較検討してみて、ご自身に合った講座を選んでみてください。

参考サイト

日本味育協会(2017年7月6日,http://miiku.jp)
ユーキャン「食育実践プランナー」(2017年7月6日,http://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/1358/)
農林水産省「食育の推進に向けて~食育基本法が制定されました~」(2017年7月6日, http://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/seikatu/iken/pdf/syoku_suisin.pdf)

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、media@hoiku-me.comまでどうぞ。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪