国家資格「精神保健福祉士」は通信でも資格が取れる

「精神保健福祉士」が国家資格であることをご存じでしょうか。

精神保健福祉士は1997年に誕生した比較的新しい国家資格です。
ストレス社会といわれる日本では今後も国民の精神保健の保持のために、精神保健福祉士の活躍の場が広がると予想されています。

それでは、精神保健福祉士の仕事や資格の取得方法、試験の合格率や通信で精神保健福祉士を目指す方のための詳細についてご紹介します。

精神保健福祉士とは?

メンタル
精神保健福祉士は精神科ソーシャルワーカー(PSW:Psychiatric Social Worker)とも呼ばれる、精神科を中心にチーム医療の一員として活躍する専門職です。

心の病気を抱え、社会復帰できずにいる方に相談や訓練、環境調整などを通して、自立支援を行います。

精神保健福祉士が活躍する領域は医療機関に限らず、福祉行政機関、司法施設、生活支援施設、就労支援機関、教育機関、企業などがあります。さらにこの領域は、今後も広がるといわれています。

各領域の具体的な仕事内容は以下の通りです。

医療機関

精神科のクリニック、総合病院の精神科、精神病院などで、相談支援業務やリハビリテーション業務に従事します。

福祉行政機関

自治体や保健所、精神保健福祉センター、福祉事務所などで、手続き業務や市民の精神保健福祉の充実に向けた事業などを行います。

司法施設

保健観察所や矯正施設で対象者に対して社会復帰の調整を行います。

生活支援施設

小規模作業所、グループホーム、福祉ホーム、ケアホームなどで利用者の生活向上を図るための支援業務に従事します。

就労支援機関

ハローワークや就労支援施設、復職支援関連施設などで、就労に関する相談や職場復帰に向けた訓練や支援業務に従事します。

教育機関

教育現場でメンタルヘルスに関する相談援助や、精神保健福祉に関する調査研究を行います。

企業

企業内で職場のストレス相談にのったり、うつ病の対策を行ったり、職場復帰のための支援を行ったりします。

精神保健福祉士になるには?

医療
精神保健福祉士の資格を取得するためには、精神保健福祉士の国家試験に合格する必要があります。
国家試験の受験資格を得るためには大きく分けると3つのルートがあります。

1つ目は、福祉系大学等で指定科目を履修したルートです。

2つ目は、福祉系大学等で基礎科目だけを履修した人のルートです。

3つ目は、一般大学等を卒業しているか、相談援助実務の経験がある人のルートです。

ルートによって求められる受験資格の条件は異なります。

ルート1
ルート2

福祉系大学・短大の場合の受験資格条件
大きく3つの条件があります。
・指定科目あるいは基礎科目の履修
・6ヶ月以上の短期養成施設(福祉系大学4年は免除の場合あり)
・1年あるいは2年の相談援助実務(福祉系大学4年の場合は免除)

短期養成施設とは精神保健福祉士を養成するための施設です。また相談援助実務とは、国家試験の受験資格に必要な実務経験で、以下の5つの業務に従事することが求められます。

(1)精神障害者の相談
精神障害者の精神疾患の状態にも配慮しつつ、その円滑な社会復帰に資する各種の情報提供

(2)精神障害者に対する助言、指導
精神障害者に対して、その精神疾患の状態にも配慮しつつ、その退院後の住居や再就労の場の選択等について、積極的な提案、誘導

(3)精神障害者に対する日常生活への適応のための必要な訓練
社会復帰の途上にある精神障害者に対し、時間を決めて洗面させる、清掃、洗濯等の習慣をつけさせる、公共交通機関の利用に慣れさせる等の生活技能を身につけるための訓練

(4)精神障害者に対するその他の援助
精神障害者自身がすることに困難が伴う手続きを代行し、社会復帰を目指す精神障害者を受け入れる側の家族、学校、会社等に精神障害に関する理解を求めるなど、個々の精神障害者のニーズに応じた多様な支援

(5)援助を行なうための関係者との連絡、調整等
・ケースカンファレンス等の会議への出席
・ケース記録等の関係書類の整理
・職員間の申し送り、連絡、調整
・関係機関との連絡、調整

◆引用元:社会福祉振興・試験センター 精神保健福祉士国家試験受験資格

ルート3
一般大学・短大の場合の受験資格条件
・1年~4年の相談援助実務(一般大学4年の場合は免除)
・1年以上の一般養成施設
一般養成施設とは、精神保健福祉士を養成するための施設です。短期養成施設よりもカリキュラムが長期になります。

精神保健福祉士の国家試験内容と気になる合格率は?

ハテナ
続いて国家試験の詳細についてです。

精神保健福祉士の国家試験は年1回(2日間)実施され、形式は筆記試験です。
科目は人体の機能や疾病に関するものから、精神疾患とその治療、心理学理論、保険医療サービス、精神保健福祉の理論など幅広い分野で構成されており、全部で17科目あります。

国家試験の合格率はルートによって大きく異なります。厚生労働省が発表している第18回精神保健福祉士国家試験学校別合格率」の資料によると、以下のような結果になっています。

・福祉系大学4年の卒業生は平均52.7%
・福祉系短大等の卒業生は平均26.4%
・短期養成施設の修了者は平均86.5%
・一般大学・短大の卒業生かつ一般養成施設の修了者は平均56.7%

国家試験の合格率をみると決して簡単な試験ではないことがわかります。

精神保健福祉士は通信でも目指せる!

通信

一般の大学を卒業された方の中には、「精神保健福祉士の国家試験を受けるには、一般養成施設へ通わないといけないのか…」とがっかりされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、養成施設は通信のところが多く、通学の場合でも夜間制をとっているところがあります。
つまり、働きながらでも精神保健福祉士を目指すことができるのです。

合格率をみても56.7%と福祉系の大学卒業生より高い合格率を誇っています。

一般養成施設の一例として、日本福祉教育専門学校の詳細についてみていきましょう。

日本福祉教育専門学校の入学について
□ 入学条件:一般大学・短大の卒業生であること
□ 学費:入学金・受講料・テキスト代:338,600円(実習費別途:180,000円)
□ 期間:1年7ヶ月
□ 学習スタイル:通信
□ 取得できる資格名:精神保健福祉士

まとめ

まとめ
精神保健福祉士はこれからもますます活躍の場が広がると予想されます。

国家資格でありながら、短期間かつ通信でも受験資格を取得できるのは大きな魅力ではないでしょうか。

何か国家資格を取得したいと考えていた方は、ぜひ精神保健福祉士の資格を検討してみてください。

ウーモアでは、福祉を始めとして、女性に人気の資格講座を多数掲載中です。
以下から気になる講座については詳細を検索できます。
気になる講座は無料で資料請求もできますので、お気軽にお問い合わせください。

参考サイト

公益社団法人日本精神保健福祉士協会「精神保健福祉士について」(2017年2月23日,http://www.japsw.or.jp/psw/)
公益財団法人 社会福祉振興・試験センター「精神保健福祉士国家試験」(2017年2月23日,http://www.sssc.or.jp/seishin/index.html)
日本福祉教育専門学校「精神保健福祉士の資格取得を目指す精神保健福祉士養成通信課程短期(9ヶ月)(2017年2月23日,http://www.nippku.ac.jp/faculty/07/)
厚生労働省「精神学校別合格率(合格率順」(2017年2月23日,http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12205000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu-Seishinshougaihokenka/0000116077.pdf)

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

資格学習にはメルマガ登録がオススメ!

50,000人以上が購読するメールマガジンに登録しませんか?

・おすすめの資格講座に関する情報
・メルマガ読者だけの最新講座情報
を無料でお届けします。

メールアドレス


個人情報保護方針に同意して

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。