離乳食関連の3つの資格!学べる内容・活かせる仕事

乳児期の子どもに欠かせない離乳食は、大人の食事をそのまま柔らかくすればよいものではなく、発育段階に応じて食材や調理法を変える必要があります。
赤ちゃんの健康と発育に影響する大切なことなので、最新の知識を体系立てて学びたいですよね。

そこでオススメなのが、離乳食関連の資格。資格取得を通じて離乳食の基本を学べるだけではなく、仕事に活かすことも可能です。今回は、離乳食について学べる3つの資格講座をご紹介します。

離乳食関連の資格とは

離乳食関連の資格とは
母乳やミルクを飲んでいた乳児はやがて、飲むことから食べることへ移行する離乳期を迎えます。離乳期に発育段階に合わせて、徐々に飲み込んだり噛んだりできるように与える食事が離乳食です。
離乳食に関連する資格の取得を通じて、離乳食に関する知識が身につけられるだけではなく、仕事にも活かせます。資格によって学べる内容には違いがあり、仕事への役立て方も異なります。

離乳食インストラクター

離乳食インストラクター
離乳食インストラクター養成講座
□ 受講に必要な条件:離乳食インストラクター協会1・2級講座を受講した方
□ 受講費用:298,000円
□ 受講期間:5日間
□ 学習スタイル:通学
□ 取得できる資格名:離乳食インストラクター

「離乳食インストラクター」の概要や活かせる仕事

離乳食インストラクター協会の離乳食インストラクターは、乳児のいるお母さんなどを対象に、離乳食料理教室や離乳食セミナーを開催し、離乳食の進め方や作り方を教えられる資格です。教室の開催を重ねていくうちに、公的な施設で開催されるセミナーやカルチャー教室の講師、企業からのレシピや記事作成の依頼を受けるチャンスに恵まれることもあります。
離乳食インストラクターの資格を取得すると、離乳食インストラクター協会が主催する「離乳食パクパクセミナー」の講師を務めることもできます。
離乳食インストラクター協会の代表理事・講師を勤める中田馨さんは、保育士さんでもあります。

18年の保育士経験と わが子の離乳食の失敗と成功の経験から生み出した 和の離乳食メソッド
◆引用元:離乳食インストラクター協会1・2級講座

とあるように、「和」を大切にした離乳食を学べるのがこの資格講座の1つの特徴です。

「離乳食インストラクター」の取得方法

離乳食インストラクターの資格を取得するためには、「離乳食インストラクター養成講座」を受ける前に、「離乳食インストラクター協会1・2級講座」を受講する必要があります。
「離乳食インストラクター協会1・2級講座」の通学講座は調理実習も行われ、1級は7時間、2級は4~5時間の講習が1日で行われます。
離乳食インストラクター協会2級講座に関しては、2017年2月から通信講座もスタートし、年3回の開催予定となっています。1級の通信講座の開催に関しては、2017年3月時点ではホームページ上で言及されていません。
2級→1級とステップアップした後に受講できる「離乳食インストラクター養成講座」は通学講座のみ。東京・名古屋・兵庫で開催され、8時間の講習を5日間受けるものです。自宅学習も必要となり、最終日には卒業試験が実施されます。

「離乳食インストラクター」の取得費用

「離乳食インストラクター養成講座」の受講費用は、298,000円です。「離乳食インストラクター養成講座」の前に受講が必要な「離乳食インストラクター協会1・2級講座」は、2級(通学)が13,000円、1級(通学)は28,000円です。2級の通信講座の受講費用は15,000円です。
離乳食の基本から応用までマスターして仕事として人に教えたい方も、自分の子育てや今の仕事に活かしたい方も、まずは受講料もお手頃な2級講座から始めてみてはいかがでしょうか。

離乳食アドバイザー

離乳食アドバイザー
離乳食アドバイザー養成講座
□ 受講に必要な条件:なし
□ 受講費用:41,040円
□ 受講期間:1~2日(後日自宅で調理課題と執筆試験に取り組む必要あり)
□ 学習スタイル:通学
□ 取得できる資格名:離乳食アドバイザー

「離乳食アドバイザー」の概要や活かせる仕事

離乳食アドバイザーは、一般社団法人母子栄養協会による資格です。5ヶ月頃~1歳半までの乳児の離乳食について学び、離乳食教室や乳幼児のいる家庭向けの料理教室を開くための栄養に知識を身につけます。
離乳食アドバイザーの資格は、乳幼児の保育を担う保育士をはじめ、保育園給食を担当する栄養士や管理栄養士、育児用品店やドラッグストアでの離乳食などの育児相談といった仕事にも活かすことができます。
1日ないし2日という短期集中の通学+自宅学習で離乳食を学び、資格を取れることが特徴です。

「離乳食アドバイザー」の取得方法

離乳食アドバイザーの資格を取得するには、「離乳食アドバイザー養成講座」の通学講座を受講します。通学講座は東京や大阪で開催され、通常は1日で終了しますが、半日ずつに分けて2日間で開かれることも。
講座の受講後に、自宅で調理課題と試験に取り組みます。合格すると離乳食アドバイザーの認定が受けられ、協会のエプロンやバッチ、認定証が送付されます。

「離乳食アドバイザー」の取得費用

「離乳食アドバイザー養成講座」の受講費用は41,040円です。ただし、一般社団法人母子栄養協会の他アドバイザー講座を受講したことがある場合や申込済の場合には協会のエプロンの送付はありませんが、38,340円(税込)で受講できます。

その他の幼児・子ども向け食育資格

食育資格は、目的・学べる範囲などによってたくさんの資格があります。
あなたにピッタリの資格講座を探してみてくださいね。

幼児食とはどんな食事?離乳食から移るのに適した時期は?

2018.07.31

まとめ

離乳食を学べる資格まとめ
離乳食について学ぶだけでなく仕事に活かすのであれば、目的にあった資格を選ぶことが大切です。離乳食に関連する資格講座は多数あり、講座によって学べる内容・受講料・学習スタイル・学習期間は大きく異なります。自分のライフスタイルや予算と照らし合わせて、無理なく楽しく勉強できる講座を選びたいですね。

子どもの食についての常識も日進月歩。
子どもの健やかな成長のために、独学でなく経験豊富なプロから最新の知識を学びませんか?

食育関連の資格講座に興味がある方は以下より検索できます。気になる講座の資料は【無料】でご送付します♪ぜひ、検討してみてくださいね!

参考サイト

離乳食インストラクター協会(2017年3月16日,http://babyfood-instructor.com/)
東京カルチャーセンター「乳幼児食指導士養成通信講座」(2017年3月16日,http://www.nfa.co.jp/ey/)
母子栄養協会(2017年3月16日,http://boshieiyou.org/)

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

資格学習にはメルマガ登録がオススメ!

50,000人以上が購読するメールマガジンに登録しませんか?

・おすすめの資格講座に関する情報
・メルマガ読者だけの最新講座情報
を無料でお届けします。

メールアドレス


個人情報保護方針に同意して

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。