保育士試験を受けるならダウンロードすべきおすすめアプリ3選

保育士試験のための勉強時間がなかなか取れずに困っていませんか。試験範囲が多岐にわたるため、時間があっても網羅しきれないと悩んでいる人も多いかもしれません。
効率的に勉強したいなら、保育士試験に対応したアプリを使うのがオススメです。スキマ時間を有効に活用できるほか、過去の試験問題もチェックすることができます。ここでは保育士試験対策アプリの選び方と、オススメアプリ3つをご紹介します。

保育・子育て関連の資格・講座・スクールを探す

保育士試験対策アプリの選び方

アプリ1
保育士試験対策のためのアプリにはさまざまなものがあるため、どれでもいいと思っている人は少なくありません。
しかし、吟味してダウンロードしないと、使い勝手が悪く、次から次へとアプリを変えなければならなくなる羽目に陥るかもしれません。
保育士試験対策アプリを選ぶ際には、以下4つのポイントをはできるだけ押さえておきましょう。

1.最新の情報が掲載されているものを選ぶ

保育士試験対策アプリの中には、情報が古いものも少なくありません。最新の過去問が載っているものなど、情報が更新されているものを選ぶようにしましょう。
タイトルやダウンロードページの説明文に掲載されている対応年度を確認したり、レビューを見るのがオススメです。

2.解説がついているものを選ぶ

アプリには回答だけがわかるものと、解説まで確認できるものとの2種類があります。
どんな難しい問題に正解したとしても、内容の意味まで理解できていなければ、対策にはなりません。

とくに保育士試験の勉強を始めたばかりの頃は、しっかり意味を理解しておく必要があります。
そのため、ただ問題を解くだけではなく、「なぜこの回答なのか」がわかるようなアプリを選びましょう。

ただし、問題の傾向に慣れるという意味では、回答だけが分かるものを使うというのもひとつの方法です。ある程度内容が理解できた状態で、ひとつでも多くの過去問や対策問題を解きたい場合は、こうしたアプリを使ってみるのもよいでしょう。

3.問題数の多いものを選ぶ

保育士試験にかかわらず、できるだけ多くの問題を解くことは、有効な試験対策の手段のひとつとなります。
多くのアプリは1一科目20〜30問程度ですが、なかには100問程度の対策問題が含まれているものもありますので、こうしたアプリを選んでダウンロードするのがオススメです。

4.自分の学習方法に合ったものを選ぶ

「通学時間が長いので、スキマ時間に勉強したい」「お金がないので過去問集を買わずにアプリだけで対策したい」など、試験者を取り巻く環境はそれぞれです。アプリを使って保育士試験対策を行うなら、学習できる時間や自分に合った方法などを加味した上で選ぶのがよいでしょう。

例えば前述した「解説のないアプリ」の場合、わずか数分でも問題に取り組むことができます。
また「なぜその回答なのか」を自分で徹底的に調べたいという場合は、「解説のないアプリ」の方がいいかもしれません。
一方、解説がついているアプリを利用すれば、新たな問題集を購入しなくても、解説までしっかり確認できます。書籍を購入するよりも費用が安く抑えられるなら、アプリを利用したほうがいい場合もあるでしょう。

大切なのは「自分に合ったアプリを選ぶこと」です。これまでの3つのポイントを確認したあと、最後にこのポイントをチェックするのがよいでしょう。

保育士試験にオススメの対策アプリ3選

保育士試験にオススメの対策アプリ3選
ここからは、当サイトオススメの保育士試験対策アプリを3つご紹介します。
上記のポイントを加味してもひとつに絞りきれないときや、まずひとついいものをダウンロードしてみたいときに、ぜひ利用してみてください。

一問一答 『保育士 2018年版』 問題集(ユーキャン)

ユーキャンが発行している保育士試験対策本「これだけ!一問一答&要点まとめ」の内容をアプリにしたものです。
ダウンロードには1,080円(税込)かかりますが、書籍が1,620円(税込)であることを考えると、お得な価格設定といえます(価格は2018年4月時点)。
yu-kyan

提供元:ユーキャン

オススメポイント

2018年度に対応した内容となっているので、最新の情報を確認することができます。さらに設問数は1,052問。保育士試験アプリでこれほどの問題数を用意しているものはほとんどありません。

また、科目を問わず必要な知識の整理や、暗記内容をまとめて覚えたい場合に便利なまとめページが設けられているので、試験前の最終確認ツールとしてもオススメです。

ダウンロード先
AppStoreGoogle Play

保育士出る!出る!一問一答 (翔泳社)

翔泳社が発行している「福祉教科書 保育士出る!出る!一問一答 第3版」の内容をアプリにしたものです。ダウンロードは無料ですが、問題のダウンロードには料金がかかります。

ただ、書籍が1,620円(税込)かかるのに対して、アプリなら全科目一括ダウンロードで1,080円(税込)と、ユーキャン同様費用を抑えて購入が可能。安く抑えたい人や「書籍を持ち歩くのは面倒…」という人にオススメのアプリです(価格は2018年4月時点)。
翔泳社

提供元:翔泳社

オススメポイント

1,127問もの問題が収録されているので、さまざまな試験傾向に対応することができます。
また一問一答形式なので、サクサク進められるのもうれしいポイント。
科目別に問題をダウンロードすることもできるので、対策したいものだけを購入することもできます(1科目税込240円)。

ダウンロード先
AppStoreGoogle Play

保育士試験 過去問題集(株式会社龍野情報システム)

スマートフォンアプリの開発などを行っている、株式会社龍野情報システムが提供している保育士試験対策アプリです。
Google Playでは5段階評価中と、ユーザーから高い評価を得ているアプリでもあります(2018年4月時点)。
tatsuno

提供元:株式会社龍野情報システム

オススメポイント

平成17年度から平成26年度までの通常試験、また平成26年度の再試験が掲載されているため、充分過去問対策ができる内容となっています。

最新版では平成28年度後期の問題も追加されているため、ぜひ最新版をダウンロードしましょう。

また問題文に手書きのメモができるほか、不正解だった問題だけが出題される「復習モード」など、苦手を克服するためさまざまな機能が備わっていることも魅力のひとつ。
書籍に書き込んで覚えるタイプの人にもオススメのアプリです。

ダウンロード先
AppStore、Google Play

保育・子育て関連の資格・講座・スクールを探す

まとめ


保育士試験対策アプリをうまく活用すれば、時間や場所を問わずに試験勉強ができます。

また書籍にはないさまざまな機能を使って、苦手分野だけを対策することも可能。

いずれもフル活用するためには課金が必要になりますが、書籍を購入するよりも安く済ませることができるので、うまく活用すれば少ない出費で保育士試験対策ができます。

まずは一度、今回ご紹介したアプリで、その使い心地を試してみてください。

参考サイト


ユーキャン「ユーキャンの資格アプリシリーズ」「一問一答 『保育士 2017年版』 問題集」(2017年4月7日,http://www.gakushu-app.jp/shikaku/details/?q=23)
ユーキャン「U-CANの資格書籍シリーズ-ユーキャンの本【ユーキャン】」(2017年4月7日,http://www.u-can.co.jp/book/products/shikaku.html)
App Store「保育士 ○×一問一答シリーズ ユーキャン公式の資格アプリ」(2017年4月7日,https://itunes.apple.com/jp/app/id1187838682)
翔泳社「保育士出る!出る!一問一答 アプリ」(2017年4月7日,http://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798145396)
翔泳社「福祉教科書 保育士出る!出る!一問一答 第3版(保育士試験対策委員会)」(2017年4月7日,http://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798143460)
Google Play「保育士試験 過去問題集」(2017年4月7日,https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.tatsuno_system.hoikushi)

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、media@hoiku-me.comまでどうぞ。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪