ベビーマッサージとは~やり方は?いつから始める?資格はある?仕事にできる?~

乳幼児にとって家族からの愛情やスキンシップは、栄養と同じくらい欠かせないものといえます。
このページでは、母子のスキンシップ方法として効果的な「ベビーマッサージ」についてまとめています。

子供のケア関連の資格・講座・スクールを探す

ベビーマッサージとは

ベビーマッサージとは
赤ちゃんの五感を鍛えることで情緒を安定させ、語学力や運動能力などの才能を引き出す「育脳」が話題です。今回紹介するベビーマッサージも「育脳」効果が期待できます。

ベビーマッサージによる精神的な効果

ベビーマッサージとは、ママやパパが赤ちゃんに行うタッチケアのひとつ。赤ちゃんの肌をやさしく撫でることで愛情を伝え、心身のすこやかな成長を促します。
ママにやさしく触れてもらうことで、赤ちゃんの脳内には、“エンドルフィン”という幸福ホルモンが分泌されます。

また、ママ自身にも“オキシトシン”という愛情ホルモンが分泌されるため、ママの情緒も安定し、癒やされる効果があるのです。ベビーマッサージを行ったことで、このような効果を感じられた人もいらっしゃいます。

息子がとっても穏やかで、マッサージされる時は幸せそうで、
あんなに孤独で大変だと感じていた子育てが、一気に楽しくなりました。
息子への効果を実感しましたが、
私は自分自身の心と身体のバランスが保たれて
日に日に子育ての余裕とゆとりを感じるようになりました。
◆引用元:中央区ベビーマッサージ教室smiley-mom「中央区ベビーマッサージ教室/smiley-mom 」

このように、ベビーマッサージは親子双方の愛情や絆を深めることに大いに役立つ行為といえましょう。

ベビーマッサージの原型はかつての「小児あんま」

ベビーマッサージの文化が日本で注目されはじめたのは最近のように思われがちですが、日本にもかつて「小児あんま」という文化があり、赤ちゃんの病気の予防などに役立てられていました。その他、中国やイギリスにも同様の療法が存在しています。赤ちゃんを撫でることによって健康を促すという方法は、古今東西でメジャーな文化といえるかもしれませんね。

ベビーマッサージは夜泣きの改善にも効果アリ!

ベビーマッサージを行うと、赤ちゃんの肌が適度に刺激されることで血行がよくなることが期待できる上に、筋肉の発達にも影響するといいます。ママにやさしくマッサージしてもらうと、赤ちゃんもリラックスできます。脳内でリラックス効果が高まると眠くなるため、赤ちゃんの深い安眠に繋がるというわけです。夜泣きにお困りのママたちは、ベビーマッサージで赤ちゃんをリラックスさせてあげることがオススメです。

ベビーマッサージは赤ちゃんの便秘解消に役立つ

ベビーマッサージは赤ちゃんの便秘解消にも役立ちます。おへその下あたりに人さし指、中指、薬指の三本を置き、時計回りにおなかをやさしく撫でてあげるのがポイントです。腸をゆっくり刺激することで、排便を促してあげられるのです。グッと押しこむのではなく、あくまで撫でる感覚で手を回しましょう

もし赤ちゃんが仰向けになるのをいやがった場合は、無理に姿勢を直す必要はありません。赤ちゃんと向かい合う形でだっこをして、背中をゆっくりさすってあげましょう。背中の緊張をほぐすことによって便秘の解消効果が期待できるほか、赤ちゃんの寝付きもよくなります。

ベビーマッサージで用意するもの

ベビーマッサージで用意するもの
ベビーマッサージをする時は、以下のものを用意しましょう。

バスタオル(できれば綿のもの。赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので肌に優しい素材のバスタオルを選びましょう)

マッサージオイル(なくても可。マカデミアナッツオイルやホホバオイルなどの植物性オイルがオススメ)

おねしょシート(おむつを外してマッサージをする場合のみ)

「あれ、意外と少ない?」と思った方も多いのではないでしょうか。ベビーマッサージにおいて本当に必要なものは、ママやパパのやさしい手です。マッサージのやり方さえ覚えれば、今日からでもチャレンジできますよ。

ベビーマッサージの前に確認しておきたいこと

ベビーマッサージの前の準備
それでは実際にベビーマッサージを行ってみましょう。ただしその前に、いくつか注意点があります。

ベビーマッサージを行う際の注意点

室温は25度前後にしましょう。ベビーマッサージをする時の赤ちゃんの格好は、裸が基本です。赤ちゃんの肌はとても繊細であり、服の上から体をさすりすぎると肌トラブルが起こってしまう可能性もあるため、「裸にする」という方法がとられています。ただ、裸で行ったために赤ちゃんが体調を崩してしまっては大変です。そのため、室温には充分注意してくださいね。
なお、服を着たままマッサージをする方法もあります。服を脱がせない場合は、足のマッサージや屈伸など、服が擦れない部位を中心にマッサージを行うことが多いといいます。
いずれの方法でも、マッサージ中に風邪を引かせないように室温を調整し、必要に応じてタオルをかけてあげるとよいでしょう。

赤ちゃんの準備

ベビーマッサージを行う際、赤ちゃんが以下の状態になっていないかチェックしておきましょう。

赤ちゃんの準備
□ 発熱や発疹がないか(ある場合は中止)
□ 赤ちゃんの空腹・満腹時は避ける(授乳から1時間程度)
□ 予防接種をした当日は控える
□ オイルを使用する場合はパッチテストを行う
  ※赤ちゃんの太ももや二の腕にオイルを少量つけて30分放置、赤みが出なければOK
□ 赤ちゃんの機嫌は悪くないか?
□ マッサージの後はミルクや白湯を与え、水分補給をしっかりする

ママの準備

ママが準備しておくべきことや、ベビーマッサージに対する心構えは以下のポイントにまとめられます。ベビーマッサージを行う際は、ぜひチェックしてみてください。

ママの準備
□ マッサージする手を清潔にする
□ 爪を短く切り、指輪などのアクセサリーは外す
□ 手を温めておく
□ 空調の風や直射日光が当たらない場所に移動
□ タオルやマットの上に赤ちゃんを寝かせる
□ 疲れている時は無理をせず、マッサージをお休みする
□ 10分~15分を目安にマッサージを行う

赤ちゃんとママ、双方に無理がないかを確認してからマッサージを行いましょう。

ベビーマッサージのやり方

ベビーマッサージのやり方
ベビーマッサージは、大人へのマッサージのように強い指圧を行うわけではありません。ベビーマッサージで重視されているのは「親と子がスキンシップをはかり、愛情を伝えること」。赤ちゃんの繊細な肌をいたわりながらやさしくなでる行為がメインなので、初心者でも気軽に始めやすいところが魅力です。
以下が、ベビーマッサージのやり方の一例です。ぜひ参考にしてみてください。

1. 胸のマッサージ

胸の中央に両手のひらを置き、中央から外側に向かってハートの形を描くように優しく撫でます。2~3回繰り返したら、次に赤ちゃんの右胸から左肩にかけて、斜めに撫で上げたら撫でおろします。左右2~3回ずつ行います。
2. お腹のマッサージ

お腹に手のひらを交互に当てて、おへそから下に向かって手と手を重ねるように下に撫でおろします。2~3回繰り返したら、両手のひらで時計回りに円を描くようにマッサージします。
3. 足のマッサージ

片手で足首をしっかりと固定し、反対の手で太ももから下に向けて絞るようにマッサージします。左右~3回繰り返したら、両手で片方の足を持って、ぶるぶると震わせながら撫でおろします。左右2~3回ずつ行います。
4. 背中のマッサージ

赤ちゃんをうつぶせの姿勢にして、両手の指で中央から肩甲骨に向けて、羽根を描くように丸く撫でましょう。2~3回繰り返したら、赤ちゃんを横向きにして、両手の手のひらを背中に乗せ、肩からおしりに向けて交互に撫でましょう。
◆引用元:こそだてハック「ベビーマッサージとは?やり方や効果は?いつからやっていいの?」

なお、赤ちゃんをうつぶせにする時は、できるだけ目を離さないようにすることが大切です。うつぶせ寝は深い睡眠を促しますが、SIDS(乳児突然死症候群)の原因となる場合があります。赤ちゃんが自力で寝返りをうてるようになるまでは、できるだけ仰向けで眠らせるようにしましょう。
ベビーマッサージの基本は、とにかくやさしく笑いかけながら触れることです。赤ちゃんの目を見て、「マッサージ気持ちいいね」「ご機嫌だね」と話しかけながら行いましょう。

ベビーマッサージは、いつからいつまで行う?

ベビーマッサージいつからいつまで?
ベビーマッサージを行う年齢は、いつからでもかまいません。生後すぐから行うことも可能です。ママやパパとのスキンシップは赤ちゃんにとって非常に大切な行為なので、産後の落ちついた頃合いを見て始めるとよいでしょう。
ベビーマッサージを終える年齢にもとくに規定はありません。一般的には「赤ちゃんが立ちするようになったら」とされていますが、子どもが「やってやって」とせがむならぜひやってあげましょう。
マッサージを行うタイミングも自由です。あえて言うなら入浴前やお昼寝前など、親子ともにリラックスできる時間が好ましいでしょう。

ベビーマッサージに使うオイルはどう選ぶ?

オイルの選び方については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

ベビーマッサージ 注意点 注意 オススメ おすすめ オイル ベビーマッサージ用オイル ベビーマッサージ とは

知って安心。ベビーマッサージに使う「オイル」の選び方

2017年11月15日

ベビーマッサージの資格

資格講座を受けてしっかり学びたい!と思った方は、こちらの記事もご覧ください。

手軽にまなべる講座はある?

「オイルを使わないベビーマッサージ」を学べる講座とは?

2017年7月7日

オススメの通信講座は?

ベビーマッサージ資格は自宅でも取れる!おすすめ通信講座

2017年1月27日

安い費用で取得するには?

失敗しないベビーマッサージ資格の選び方

2016年5月30日

ベビーマッサージ資格「チャイルドボディセラピスト」開催スクールの取材レポート

夜泣きも軽減!ベビーマッサージ指導のプロ「チャイルドボディセラピスト」とは【YMC】取材レポート前編

2016年9月14日

ベビーマッサージ教室を開業・運営するには?

ベビーマッサージ教室を開業・運営する方法

2016年5月31日
子供のケア関連の資格・講座・スクールを探す

まとめ

まとめ

ベビーマッサージのやり方やメリットについてご紹介しました。ベビーマッサージについてもっと深く学びたい方は、ベビーマッサージ講座を受けてみてはいかがでしょうか。

また、乳幼児食指導士チャイルドマインダーといった保育関連の資格も合わせて取得すると、子どものケアのスペシャリストとして、活躍の幅が広がります。
ベビーマッサージの資格講座は以下より詳細が確認できます。無料で資料請求が可能ですので、ベビーマッサージに興味がある方はチェックしてみてくださいね。

参考サイト

一般社団法人 日本式ベビーマッサージ協会(2017年7月21日,https://www.nihonshikibebima.com/)

AMOMA「ベビーマッサージはいつから始める?~効果とやり方~」(2017年7月21日,https://www.amoma.jp/column/child/babycare/23621.html)

こそだてハック「ベビーマッサージとは?やり方や効果は?いつからやっていいの?」(2017年7月21日,https://192abc.com/59506)

中央区ベビーマッサージ教室smiley-mom「中央区ベビーマッサージ教室/smiley-mom」(2017年7月21日,https://smiley-mom27.jimdo.com/)

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、media@hoiku-me.comまでどうぞ。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪