名物講師のリアルセミナーが大好評!【ヒューマンアカデミー通信講座たのまな】前編

ヒューマンアカデミーたのまな保育士通信講座 インタビュー 橋本

ヒューマンアカデミーの通信講座「たのまな」の保育士講座に、時間と場所を選ばない新しい学習スタイル「eラーニング」に対応したコースが誕生しました。今回は、そんなたのまな保育士講座の魅力について探るべく、名物講師である橋本先生と、eラーニング講座開発者の栗栖様にインタビューしてきました。
▼講師の橋本先生(左)、開発者の栗栖様(右)
二人
前編となる今回は、橋本先生にスポットを当てましょう!

Q1.たのまな保育士講座の強みはどういった点にありますか?

橋本先生:
通信敎育は、どうしても一方通行になりがちです。そこをカバーするために、たのまな保育士講座ではメールで質問を受けています。なかでも一番の特長は、やっぱり試験対策セミナーで直接講師と話ができることです。保育士試験を直前に控えた受講生たちに対して、私は時間の確保の仕方や今やるべきこと、反対にやってはいけないことなど勉強の進め方をアドバイスしています。ここまでのサポートは、おそらく他のスクールではやっていないのではないでしょうか。
通常どのスクールでも、担当する科目は、講師によって違います。私は福祉系、養護系の科目を担当しているのですが、講師一人につき1教科ずつ担当していると、横の繋がりが見えなくなるというデメリットがあります。しかし、講師一人につき複数教科を担当していることで、各々の教科の特性や共通性を把握できます。例えば講義で養護系の科目の話をしている中で、この話は福祉系の科目でも出てきますよ、ということがいえるのです。
たのまな保育士講座は、資料集も作っています。資料集では、過去の問題にどんな人物が出てきて、何回その人物に関する問題が出題されているかなどデータに基づいた分析的、統計的な過去問題を掲載しています。色々な角度から問題を分析した上で、受講生がわかりやすいように、デザインやレイアウトにもこだわって作っています。
▼(画像提供元:ヒューマンアカデミーたのまな)
添削資料

たのまな保育士講座では、「見る、聴く、書く」という「3方向学習システム」も特徴ですよね。それにはどのようなメリットがありますか?

橋本先生:
DVDで講義を聴きながら、見ながら、穴埋めをしていきます。そのため、今やっていることが目の前に紙の状態で存在しているので、そのまま書き込むことができるのです。
▼(画像提供元:ヒューマンアカデミー)
DVD
橋本先生:
これは、とても効果的な学習方法だと思っています。というのも、どうしても勉強は「見る」「聴く」「書く」という行為をそれぞれ分割してやってしまうものです。もちろんそれでも効果はあるのですが、見ながら書けば、自分のペースで書き写しを進められます。もう一回同じところを聴きたいと思えば、巻き戻して復習できますし。見る、聴く、書くという3つの行為を同時進行的に行うことによって、インプットがスムーズになるのです。実際に問題を解いてみると、その効果を実感していただけると思います。

Q2.ズバリ、筆記試験対策の極意とはなんでしょうか?

橋本先生:
大事なのは正解することです。極端に言えば、中身を理解するのは合格した後でもいいと思っています。まずは正解を目指しましょう。60点取りましょう。そこをゴールに学習を進めてほしいと思っています。個人的には、丸暗記するのはよろしくないと思っています。暗記というものは、その部分がそのまま問題になっていなかったら解答できなくなってしまうからです。たのまな保育士講座は、丸暗記をうながす内容ではありません。どんな問題にも対応できるよう体系的に学べる講座となっています。
それともうひとつ学習する上で知っていてほしいことは、今の保育業界についての全体の流れや概要を把握していれば、どんな問題が出ても、なんとか正解を見出すことができることです。つまり、答えを導くためには周辺情報を理解しておくことが大切なのです。
橋本先生
橋本先生:
他社の通信教材では、ピンポイントの情報だけを覚えておけば、試験に対応できるという趣旨のものがよく見受けられます。一見効率がいいようにみえるのですが、それ以外の問題が出た時に、正答率が下がってしまうのです。そういう意味では、たのまなの講座は少し時間はかかります。私はセミナーでは必ず、学習を始めたばかりの時は少し時間をかけてでも丁寧にやりましょう、ということをお伝えしています。
最初から効率のいい勉強方法はないと私は思います。徐々に自分の勉強方法が身について、全体像が見えてくると、ようやく効率のいい勉強方法が体得できるのだと思います。そのためにまずは、時間をかけて丁寧に全体像の勉強をすることが大切です。断片的な学習だけでは、やはり知識や理解不足は出てきます。だからこそ最初に全体像を理解し、把握することから始めれば、その後に問題集が解けるようになってくるのです。
早めに取り掛かれば取り掛かるほど、勝率は上がってきますよ。半年で全科目受かるのは難しくても、1年じっくり頑張れば合格はかなり近くなってきます!

Q3.たのまな保育士講座が他のスクールの通信講座と差別化できている点はどこにあるとお考えですか?

橋本先生:
先ほども申し上げましたが、他社の保育士講座の教材を見ると、ほとんどがポイントだけしか触れていないように見受けられます。付帯情報がほとんど書かれていないのです。ピンポイントの情報を強調している程度で、関連して覚えておくべき周辺の情報がほとんど書かれていない。
その点、たのまな保育士講座の教材は、保育業界の全体像がわかるように、必須ポイント以外の付帯情報も盛り込んでいます。たのまなの教材制作には、もちろん私も関わっています。限られた制作期間で教材に何を盛り込むべきかについては、開発担当者と相当意見を出し合って作っています。
▼(画像提供元:ヒューマンアカデミー)
教材
また、私はDVD講座にも出演していますので、収録の際はその場に受講生がいなくても、画面の向こう側を意識して、訴えかけるように、伝わるように話すようにしています。
栗栖様:
DVD教材は、すごくためになるという受講生の反響が大きいです。保育士試験は試験の範囲が広いので、どこから手をつけたらいいのかわからないという方が結構いらっしゃいます。1ページ目から学習をスタートして、そのうち深みにはまってしまって進まないとか、そうこうしているうちに挫折してしまったりとか、学習につまずいてしまう方が多いのです。
しかし、DVD教材では橋本先生がポイントになる点と、その周辺の情報まで教えてくださるので、一通り見ることで試験範囲を把握できて、出題傾向がわかります。それから問題を解いてみると、スイスイ進むのです。先に全体像を把握しているので、テキストも読みやすくなるわけです。そのため、まずはDVDを見ていただきたいですね。DVD教材はかなりプッシュしています。

Q4.リアル試験対策セミナーについて詳しく教えてください。

橋本先生:
会場でのリアル試験対策セミナーは、1年に5回開催します。1科目につき1時間の講義を行います。加えて、試験の直前対策も行います。受講生に対して、あと1ヶ月でここを勉強してくださいというアドバイスと同時に、受講生の背中を押してあげるという意味合いが大きいイベントとなっているような気がします。
▼試験対策セミナーの様子(画像提供元:ヒューマンアカデミー)
セミナー
私は、勉強というものは一人でやるよりも、仲間がいたり先生がいたり、周りに誰かがいる方がいいと思っています。一人でやっていると間違いに気付けなかったり、間違った知識を蓄えてしまったりして行き詰まってしまうからです。でも、試験対策セミナーに参加すれば、自分と同じ目標をもった仲間と出会えて、講師とも接することができるので、周りの人がついていてくれる。だから大丈夫。そんなふうに思えるだけで、気持ちも安定してくると思うのです。

参加者のご感想は?

橋本先生:
受講生はいつも私のことをDVD映像の画面で見ていますので(笑)、生で聞くと更にわかりやすいということを仰っていただけますね。お一人で参加される方が多いのですが、私はセミナーの最初でお互いに挨拶し合ってもらっています。そこで励まし合える仲間を作っていただきたいからです。同じ疑問や悩みを持っていることもありますので、そこで顔見知りになっていただければ、その後も不安や悩みや意気込みなども共有しやすくなります。
栗栖様:
アンケートを見ると、DVD教材もいいけれど、生で講義を聴けるセミナーに行くと、同じように頑張っている人たちと出会えるので心強いとか、モチベーションがアップしたという感想はいただいてます。それから、先生に直接質問する機会が得られたのも嬉しかったというお声も。
橋本先生:
意外と受講生は孤独なんだってことがわかりました。やっぱり一人だけでやっていると行き詰まりますし、ネガティブになってしまうこともあります。わかっているうちはいいのですが、わからなくなると投げ出してしまうことだってありえます。でも、あなたの後ろには我々がついているということで、安心していただきたいです。ここまでやったんだから大丈夫!合格するつもりで受けましょう!と、我々が精一杯励まします。

アドバイスをする際に心がけていらっしゃることは?

橋本先生:
合格することが目的ですから、そのために何をしたらいいかアドバイスします。ただ、落ちたらどうしようという不安を抱いている方も多くいらっしゃいますので、そういう場合は今までやってきたことを信じましょう!とか、ここまでやってきたんだから大丈夫!というふうに声をかけます。だからこそ、ヤマを張るような勉強方法よりも、どんな問題が出てもなんとか正解にもっていけるようにしていただきたいのです。

Q5.合格者からのご感想は?

栗栖様:
毎年、合格祝賀会を開催しています。そこに橋本先生にも来ていただいて、合格者の方とお話されます。
橋本先生:
そこで初めてお目にかかる方もいらっしゃいますね。

二人

栗栖様:
たまに先生宛にお手紙をいただくこともあります。「先生がいたから合格できました!」とか、「本当に橋本先生のおかげです」とか。橋本先生に会いたい一心でセミナーに参加される方がいらっしゃったり、「私は橋本教なんです」という方も少なくありません(笑)。
橋本先生:
でも、大事なことは合格することですから!

Q6.橋本先生から、保育士資格の取得を目指している方々へメッセージをお願いします!

橋本先生:
今、保育の現場では本当に保育士の数が足りていません。保育士が足りていないと、どうなるか。保育園が開園できないという状況が生まれてしまうのです。保育を担ってくれる人たちは、今まさに日本に必要なのです。
だからこそやはり、資格を取得したらぜひ現場に行ってほしいと思っています。保育士資格取得の先にあるのは、保育園や保育所などの現場です。そこをイメージして勉強していただくとモチベーションアップに更に拍車がかかるでしょうし。ただ資格を取った、というだけではなく、その先のことも考えていただきたいと思います。保育士不足によって一番しわ寄せがいくのは子どもたちです。なるべく短い期間で資格を取得して、現場に出ていただく。そこまでが我々の使命であると思っています。
それから、合格するつもりで勉強しないと、受からないと思います!合格できたらいいな、ではなく、本気で受かろう、という心構えと気持ちが合格への近道です。私たちと一緒に頑張って、合格を勝ち取りましょう!勉強した分だけちゃんと自分に返ってきます。

橋本先生

本日はお忙しい中ありがとうございました!

経験豊富な橋本先生があなたをサポートしてくれていることを忘れないでください!

通信講座の不安な点は、孤独を感じたり、果たして自分の学習方法が正しいのかどうか、わからなくなってしまうことでしょう。そんな時、実際に学習について教えてくれるリアルセミナーがあれば、どれだけ心強いでしょうか。自分の学習状況をプロの目線で客観的に見てもらえれば、ラストスパートに向けてより建設的に学習に臨めますよね。保育業界全体の知識が体系的に学べる教材もまた魅力的です。保育現場で働くイメージも具体的にしやすくなるのではないでしょうか。
保育士試験の傾向と対策を知り尽くした橋本先生をはじめとする講師陣のもと、充分な知識をつけられるたのまなの保育士講座で、あなたも一発合格を目指しましょう!
後編では、たのまな保育士講座「eラーニング対応コース」の開発者にフォーカスしたインタビューをお届けします!
ウーモアでは、ヒューマンアカデミーたのまなの保育士講座を掲載中です。以下より詳細が確認でき、無料で資料請求もできます。

また、「eラーニング対応コース」の講座も掲載しています。今回の取材記事をお読みになって「eラーニング対応コース」にご興味を持った方はこちらもあわせてチェックしてみてください。無料で資料請求もできます。

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

50,000人以上が購読するメールマガジンに登録しませんか?

・おすすめの資格講座に関する情報
・メルマガ読者だけの最新講座情報
を無料でお届けします。

メールアドレス


個人情報保護方針に同意して