メンタルケアカウンセラーは心理カウンセリングの入門資格!仕事に役立つ?オススメ講座は?

メンタルケアカウンセラー 心理ケア 入門資格 ヒューマンアカデミー たのまな

うつ病を始めとした「こころの病」が大きな社会問題として取り上げられる昨今。

自らのメンタルや周囲の人との付き合い方をうまくコントロールすることが、さまざまな場面で求められるようになりました。

とはいえ、何を学べばいいのか、何から始めればいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、心理カウンセリングの入門的な資格「メンタルケアカウンセラー」の概要を紹介します。

メンタルケア関連の資格・講座・スクールを探す

「メンタルケアカウンセラー」は心理ケアの基本資格

メンタルケアカウンセラー

メンタルケアカウンセラーとは、「メンタルケア学術学会」が認定する公的学会認定資格です。

公的学会認定資格とは、人文や理学・工学といったさまざまな学術の浸透・反映を目的として作られた組織「日本学術会議」から指定を受けた団体だけが認定できる資格。

日本学術会議が内閣府直轄の特別機関という点からも、その権威性が伺えます。

企業はメンタルヘルス対策に力を入れ始めている

2015年12月から、企業でのメンタルヘルス対策が義務化されたこともあり、メンタルケアに関心を寄せている企業は少なくありません。

さまざまな背景をもった人たちが集まるところでメンタルの問題はつきものです。だからこそ、知識や実践力をあわせ持ったメンタルケアカウンセラーの力が各職場や施設、学校などで必要とされ始めています。

メンタルケアを意識することは、生産性の向上や業務の効率化が進むほか、人間関係の改善も見込めるなど、ベネフィットを生むことが考えられています。

そういう意味でも、いまやメンタルケアカウンセラーは企業や施設、学校などで求められはじめているのです。

資格は仕事場でも私生活でも役立つ!

メンタルケアカウンセラーは数ある心理系資格の入門といえるもので、主に「こころ」のメカニズムやコミュニケーションの基本について学べる資格です。

そのため、職場や私生活での対人関係を円滑にすすめるための知識や、ストレスとの上手な付き合い方、自分自身を高めるための方法などを知りたいときに役立ちます。

たとえば職場の人間関係がうまくいかない場合、ストレスなどからうつ病を患ってしまうことがあります。

しかし、メンタルケアカウンセラーとしての知識や技術を習得すれば、コミュニケーションの取り方や心の持ちようなどを把握できるため、うつ病を未然に防ぐ対策を取ることに役立つのです。

メンタルケアカウンセラーは仕事に活かせる?

メンタルケアカウンセラー 仕事に活かす

メンタルケアカウンセラーは業種を問わず、さまざまな場所で活かせる資格です。

カウンセリングルームの開設や企業・施設・学校などの相談窓口で活躍すること、メールや電話でのカウンセリング受注など、さまざまな方法で資格を活かせるでしょう。

とくに医療や介護の現場では、知識や技術をより存分に発揮することができます。

医療や介護の現場では、自らの病状やケガ、体の状態に対してつらい思いを抱いている方がたくさんいらっしゃいます。

また病気によって円滑なコミュニケーションが難しい方もいらっしゃるでしょう。

メンタルケアカウンセラーで学んだ知識は、こうした人々との円滑なコミュニケーションを図ることができるほか、楽しく会話して心を落ち着ける上でも大きく役立ってくれる可能性があります。

ステップアップ資格は2つ

企業でカウンセラーとして働きたい場合は、心理系資格の中位クラスにあたる「メンタルケア心理士」、そして上位クラスの「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」などの資格を取得するのがオススメです。

メンタルケア心理士だけでもカウンセラーを名乗ることはできますが、より高度なカウンセリングの知識や技術を学ぶためには、上位クラスの資格取得が求められます。

メンタルケアカウンセラー講座では心理学の基礎についてわかりやすく学ぶことができるため、心理系資格の最初のステップとして受講してみてはいかがでしょうか。

メンタルケア関連の資格・講座・スクールを探す

資格取得のオススメ講座は「ヒューマンアカデミーたのまな」

メンタルケアカウンセラー たのまな

ヒューマンアカデミーの通信講座「たのまな」では、メンタルケアカウンセラー講座を実施しており、心理学未就学者でも楽しみながら学べる教材を用意しています。

メンタルケアカウンセラー講座の概要
□ 受講条件:とくになし
□ 受講費用:39,000円(税込)
  ※分割払いの場合は40,817円(税込:初回3,417円、2回目以降3,400円の計12回払)
  ※認定証発行の場合は別途申請料5,100円が必要
□ 標準学習期間:3ヵ月
□ 在籍期間:6ヵ月
□ 学習スタイル:通信

各テキスト修了後に確認レポートを3回提出し、最後に1回の修了認定テストに臨みます。

一定の成績を修めれば認定証が授与され、メンタルケアカウンセラー資格が取得できます。

講座では3つのテキストを使い、一見難しそうに感じる心理学を、より身近でわかりやすく勉強するための工夫がなされています。

テキスト「簡単にわかる!メンタルケアカウンセラー®」 3冊
確認レポート 3回
修了認定テスト 1回
◆引用元:通信教育・通信講座のたのまな「メンタルケアカウンセラー講座」

使用する教材は3冊あり(VOL.1〜3)、それぞれ違った特徴があります。ここではそれぞれの教材で学べる内容についてご紹介します。

VOL.1

このテキストで話を進めるのは、ねこのキャラクター「ビープ君」、そして心理学に詳しい「たけみん先生」のふたり。私たちが普段使用している言葉を使いながら、傾聴姿勢や心理療法の基礎を学びます。

VOL.2

ユングやフロイトなどの著名な心理学者を軸に、成長や社会と心理学の関わりなどについて学びます。一見難しそうに感じますが、丁寧でわかりやすい解説がついているので安心して学べるでしょう。

VOL.3

ニュースなどで取り上げられることの多い病気や代表的な精神疾患、メンタルヘルスと脳のしくみなどについて学んでいきます。

メンタルケアが私たちの体にいかに重要なのかを改めて理解できる内容ですので、興味を持って取り組むことができます。

まとめ

まとめ

メンタルケアは医療や介護の現場だけでなく、さまざまな場所で必要とされる知識となりました。メンタルケアカウンセラーを取得することは、仕事の幅を広げるだけでなく、人間関係を円滑にし、快適な職場環境や人間関係を構築することにもつながります。

人生をより豊かにしたい、またカウンセラーとしての第一歩を踏み出したい人は、ぜひメンタルケアカウンセラーの受講を検討してみてはいかがでしょうか。

女性の自宅開業にオススメの資格講座を知りたい人はこちらの記事もご覧ください。

自宅開業 女性 オススメ 資格

自宅開業したい!趣味や特技で独立起業したい女性・主婦にオススメの資格とは

2018年12月18日

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、media@hoiku-me.comまでどうぞ。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪