産後ケアリストとは?資格が取れるおすすめ講座をご紹介

産後ケアリストになってママたちを支えよう! 育児アドバイス・ママたちの心身をケアする ヒューマンアカデミーたのまなの講座をご紹介

子育てをするママの中には、慣れない育児に大きなストレスを抱えてしまう人もいます。しかし昨今は核家族化が進んでいることもあり、「育児の不安があっても相談できる人がいない」と悩む人も珍しくありません。
そんなママたちを支援する仕事として注目を集めているのが、「産後ケアリスト」です。今回は産後ケアリストの概要や、資格の取得が目指せるオススメの講座についてまとめました。

産後ケアリストとは

産後ケア
産後ケアリストとは、出産を終えた「産後ママ」のサポートを行うプロフェッショナルのことです。「育児のやり方がわからない」「赤ちゃんの夜泣きがひどくて眠れない」「夫が育児を手伝ってくれない」など、産後ママはひとりで育児の悩みを抱えてしまいがち。産後ケアリストはそんなママたちのよき理解者として、育児のアドバイスや心身のケアを行っていく専門家といえます。

どんな人が産後ケアリストに?

産後ケアリストの多くは、子育てを終えたママや、すでに医療系の仕事に携わっている人など、育児や医療の経験を持っている人が中心です。しかし、「誰かの役にたちたい」という気持ちから産後ケアリストを目指す人も多くいます。
産後ケアリストとして働くにあたって必要となる資格は、日本産後ケア協会が主催する民間資格「産後ケアリスト」です。産後ケアリストに興味がある方は、まずは産後ケアリストの資格講座を受講するなどして、仕事のノウハウを知ることから始めてみましょう。

産後ケアリストの働き方

tanomoshi
産後ケアリストの働き方としては、以下があげられます。

産後ケアセンターにて母子をサポート

産後ケアセンターとは、出産後のママが、自宅に戻る前に赤ちゃんとゆっくり過ごすことができるケア施設のことです。看護師や助産師、産後ケアリストなどが連携して、24時間体制で母子の回復をサポートします。産後ケアリストはママのよき相談役として育児の不安を聞いたり、カウンセリングを行ったりなどして、ママが前向きな気持ちで自宅に帰れるように支援するのが主な仕事です。

個人事業主として活躍

産後ケアリストのなかには、フリーランス(個人事業主)として活躍している方もいらっしゃいます。自宅でサロンを開いて産後ママの相談相手になったり、産後ママを対象としたセミナーを開いたりなど、自分なりのやり方で産後ママを支えるワークスタイルです。

ピラティスの講師やエステティシャンとして、ママをサポート

産後ケアリストのノウハウを、産後ママと接点を持ちやすいさまざまな職種に活かして働くこともできます。マッサージやセラピーの現場で育児のアドバイスを行ったり、心理カウンセリングの一環としてママの相談に乗ったりなど、ノウハウの活用法は実にさまざま。産後ケアリストのスキルは、産後ママとの接点を持ちやすい現場で活かしやすい技術なので、現職のスキルアップを考えている人にもオススメです。

産後ケアリストになるには

naruniha
産後ケアリストになるには、民間資格「産後ケアリスト」の認定元である日本産後ケア協会の講座を受講し、かつ講座内で行われる認定試験に合格する必要があります。協会公認の講座としては、ヒューマンアカデミーの「産後ケアリスト認定講座」が有名です。
以下に、産後ケアリストになるにあたって知っておきたいポイントについてまとめました。

産後ケアリストの級位について

産後ケアリスト資格のカリキュラムは、入門編の「2級」と応用編の「1級」にわかれており、2級から順に資格を取得していくことで段階的に知識を身につけられるのがが大きな特徴です。ちなみに飛び級はできません。

産後ケアリストとして仕事をする場合は1級の取得が必要

産後ケアリストとして仕事をするためには、産後ケアリスト2級の上位資格である「産後ケアリスト1級」が必要です。上記で述べたとおり、産後ケアリストの資格は2級と1級に分かれており、産後ケアリスト2級の学習範囲はあくまで入門編です。よって産後ケアリスト2級所持者の活動範囲も、報酬が発生しない行為(ボランティアなど)に限られます。
産後ケアリストとして本格的に活動したいとお考えの方は、産後ケアリスト2級を取得したのち、産後ケアリスト1級の取得も視野に入れるとよいでしょう。

産後ケアリスト2級・1級の資格が取得できる講座

shikaku
最後に、産後ケアリスト2級・1級の資格が取得できる講座についてご紹介します。

ヒューマンアカデミー「産後ケアリスト2級認定講座」

産後ケアリストの基礎知識が学べる講座です。産後ケアの概要や仕事内容、産後ママとのコミュニケーションのノウハウなど、産後ケアリストとして活動するにあたって必要となる知識を学びます。講座内で行われる約1時間の認定試験に合格することにより、産後ケアリスト2級が取得できる点も魅力です。
なお、「産後ケアリスト2級認定講座」は通学学習のみとなっていますが、1日ないし2日で全カリキュラムが終わるよう日程が組まれているため、遠方からの受講もしやすくなっています。受講にあたって求められる資格もないため、「産後ケアリストに興味がある」という人にもオススメの講座です。

ヒューマンアカデミー「産後ケアリスト2級認定講座」
□ 受講条件:なし
□ 受講費用:34,000円(税込)※別途、資格認定料や日本産後ケア協会への入会金が必要
□ 受講期間:約4時間
□ 学習スタイル:通学
□ 取得できる資格名:産後ケアリスト2級

ヒューマンアカデミー「産後ケアリスト1級認定講座」

産後ケアリスト2級の上位資格にあたる「産後ケアリスト1級」が取得できる講座です。産後ケアリストに必要な応用知識に加えて、実際に産後ママのケアを行う際に必要になるコミュニケーションスキルやホスピタリティを学びます。
また、妊娠から出産までの基礎知識や、赤ちゃんのお世話の仕方、赤ちゃんに適した食事の作り方など、育児に必要な知識をひととおり学べるようになっている点も特徴です。2級と1級の一連の講座を通して、産後ママを支えるプロフェッショナルとしての基礎と応用を身につけることができます。

ヒューマンアカデミー「産後ケアリスト1級認定講座」
□ 受講条件:産後ケアリスト2級を所持しており、かつ日本産後ケア協会の準会員であること
□ 受講費用:178,000円(税込)※別途、資格認定料などが必要
□ 受講期間:約35時間
□ 学習スタイル:通学
□ 取得できる資格名:産後ケアリスト1級

まとめ

matome
産後ケアリストの概要や、産後ケアリスト資格の取得が目指せる講座についてご紹介しました。昨今は産前産後ママへのケアが注目を集めていることもあり、産後ケアリストの需要も増えていくことが予想されます。また、助産師や看護師の資格とあわせて産後ケアリストの資格を所持しておくことで、活躍の場をぐっと広げることも可能です。スキルアップの参考にしてみてくださいね。
ヒューマンアカデミーの「産後ケアリスト」の資格講座は、ウーモアに掲載中です。以下より詳細が確認でき、無料で資料請求もできます。

参考サイト

資格取得のヒューマンアカデミー「産後ケアリスト講座」(2017年7月20日,http://haa.athuman.com/lpo/sango-care/)

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

資格学習にはメルマガ登録がオススメ!

50,000人以上が購読するメールマガジンに登録しませんか?

・おすすめの資格講座に関する情報
・メルマガ読者だけの最新講座情報
を無料でお届けします。

メールアドレス


個人情報保護方針に同意して