ママを支えるスキルが身につく!産後ドゥーラのおすすめ講座

産後ドゥーラとは? 産後のママたちの日常生活をサポートする資格! ドゥーラ認定協会の講座を受けて現場で活躍しよう

産後ドゥーラとは、出産後間もないママの日常生活を支えるプロフェッショナルのことです。
「産後ドゥーラのことを学びたいけど、学習方法がわからない」
「もし講座を受けるとしたら、どの講座がオススメなの?」
今回はそんな方に向けて、育児支援の関連資格である「産後ドゥーラ」の概要や、産後ドゥーラのノウハウが学べるオススメの講座をご紹介します。
産後ドゥーラに興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

保育・子育て関連の資格・講座・スクールを探す

産後ドゥーラとは?

産後
出産後間もないママの日常生活を支える産後ドゥーラは、主に「ママのメンタルケア」「家事の代行」「育児のサポート」の3つを仕事内容としています。

ママのメンタルケア

出産したばかりのママは心身ともに疲れがたまりやすく、育児や将来についての不安を抱えてしまいやすい状態です。
産後ドゥーラはそんなママのよき相談相手として、子育てやこれからのライフスタイルについてのアドバイスを行いながら、ママの不安の解消に努めます。
また、なかなかママの精神状態が安定しない場合は、医師や専門機関と連携をとることも重要な仕事のひとつです。

家事の代行

買い出し、料理、掃除、洗濯といった家事を代行し、ママがゆっくり休める環境を作ります。
産後ママの回復を助ける献立を考えたり、家族のライフスタイルにあわせて掃除や洗濯を行ったりなど、プロの繊細な気遣いが求められます。

育児のサポート

産後ママの育児をサポートします。赤ちゃんのオムツ替えや沐浴をフォローするのはもちろんのこと、上の子どもの世話なども産後ドゥーラの仕事のひとつです。
産後ドゥーラは上記のようなサポートを通して、産後ママと赤ちゃんが新しい生活に慣れていけるよう支援していきます。
「相談できる人がいない」「育児を手伝ってくれる人がいない」と悩むママから感謝されることも多く、やりがいを感じやすい仕事です。

「産後ドゥーラ養成講座」受講で学べること

学べること
産後ドゥーラになるためには、資格の認定元である一般社団法人ドゥーラ協会の指定講座「産後ドゥーラ養成講座」を修了し、認定試験に合格する必要があります。
産後ドゥーラ養成講座では、産後ドゥーラに必要な基礎知識に加えて、実際に産後ママと接する時のノウハウや、開業のプランニングといった、総合的な実践力を身につけることが可能です。
資格取得の詳しい流れや講座内容については、後述の見出し「教材と学習の進め方」にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

「産後ドゥーラ養成講座」を活かせる仕事

いえーい
「産後ドゥーラ養成講座」では、上記で述べたとおり、産前産後の女性を支える知識と実践力を総合的に磨くことができます。
講座で得た知識は産後ドゥーラとしての活動のほか、以下の仕事に活かすことが可能です。

保育士やベビーシッターなど、保育に関する仕事

アロマセラピストやエステティシャンなど、女性と接することが多い仕事

産後ケアに関する仕事(産後ケアセンターや母子デイケアのスタッフなど)

このほか、自宅でママサロンを開くときや、実際に自分の子育てをする際にも講座の知識を活かすことができます。
産後ドゥーラのノウハウは、母子に関わる職種やライフスタイルに幅広く活かすことができる知識といえるでしょう。

教材と学習の進め方

教材
産後ドゥーラの資格を取得するには、以下の流れにそって学習を進める必要があります。

学習の進め方
1. 資格認定元である一般社団法人ドゥーラ協会の「産後ドゥーラ養成講座」を受講する
(基礎編・実習編・開業指導編すべてを受講する必要あり)
2. 「産後ドゥーラ養成講座」の基礎編・実習編を修了したのち、認定試験に合格する
3. 「産後ドゥーラ養成講座」の開票指導編を受講し、産後ドゥーラの認定を受ける
4. 産後ドゥーラとして認定を受けた後、約3ヶ月間の研修に参加する

受講開始から資格認定までにかかる期間は、約4~5ヶ月間。
受講資格は「成人女性であること」「妊娠中でないこと」が条件です。
産後ドゥーラは出産直後の女性の自宅に訪問して仕事を行うことや、体力的・メンタル的にママを無理なく支えられる人材が好ましいことから、このような条件が設けられています。
では、「産後ドゥーラ養成講座」の各コースで学べるポイントについて見てみましょう。

産後ドゥーラ養成講座の基礎編・実習編で学べること

まず「産後ドゥーラ養成講座・基礎編」では、助産師や管理栄養士といった専門家の指導のもと、妊産婦の心と体の変化や、乳幼児の保育の基本といった産前産後ケアの基礎知識を学びます。
次に受講する「産後ドゥーラ養成講座・実習編」では、産後ママとのコミュニケーション方法や、家事代行の練習、緊急の救命処置などを実習形式で学びます。
産後ドゥーラが現場で経験するだろうシチュエーションごとにロールプレイを行うことで、産後ドゥーラとして働くにあたって必要となる実践力を磨くことが可能です。

認定後は産後ドゥーラ養成講座の開業指導編を受ける

産後ドゥーラ養成講座の基礎編と実習編を修了したら、知識がきちんと身についているかを確認する筆記試験と面談を受けます。
なお、筆記試験と面談を受けるには、基礎編・実習編の全講座に出席している必要があるため、くれぐれも体調等には注意しましょう。
筆記試験と面談に無事合格したら、晴れて産後ドゥーラの認定を受けることが可能です。産後ドゥーラとして開業するためのノウハウを学ぶ「開業指導編」を修了したのち、認定証が授与されます。

産後ドゥーラ養成講座の概要
□ 受講資格:成人女性であること、妊娠中ではないこと等
□ 受講費用:基礎編+実習編 310,000円(税抜)
 開業指導編 60,000円(税抜)
□ 学習スタイル:通学(一部の授業は自宅でのWeb受講となるため、インターネット環境が必要)
□ 受講場所:東京
□ 目指せる資格:産後ドゥーラ
保育・子育て関連の資格・講座・スクールを探す

まとめ

まとめ
昨今は夫婦共働きの家庭が増えていることもあり、育児支援に長けた人材のニーズも高まっています。
また、産後ケアに関する資格も多く登場しており、希望の予算や学習期間にあった資格が見つかりやすい点もメリットです。自分にぴったりの資格を見つけてみてくださいね。

産後ケアの関連資格についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。
●『みんなで子育て』が人気!産前産後のママを支える資格3選

また、その他のリラクゼーション・ケア系の資格を知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

リラクゼーション資格 リラクゼーション 資格 比較 スクール紹介 リラクゼーション スクール リラクゼーション 東京 

【東京中心】リラクゼーションスクール&資格を比較!

2017年10月26日

ウーモアでは「産後ドゥーラ養成講座」を掲載しています。講座の詳しい情報を知りたい方、ご興味のある方はチェックしてみてくださいね。
無料で資料請求が可能です。

参考サイト

ウーモア「産後ドゥーラ養成講座(一般社団法人ドゥーラ協会/東京都)」(2017年8月24日, https://shikaku.hoiku-me.com/detail/doula001.html)

一般社団法人ドゥーラ協会(2017年8月24日, https://www.doulajapan.com/)

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、media@hoiku-me.comまでどうぞ。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪