介護福祉士を取得するメリットってなんだろう?

介護福祉士とは

(居宅介護事業所のスタッフルームにて)

介護の仕事を6年くらい続けていますが、ヘルパー2級の資格しか持っていません。
それではまずいでしょうか?
そろそろ介護福祉士を取ってもいいんじゃない?
けど、介護福祉士をとっても給料が上がるかわからないし、仕事内容も同じだと思います。
介護職員初任者研修よりも介護福祉士の方が平均月収が25,000円くらい高いらしいし、介護福祉士の資格の価値はこれからますます上がるわよ。
えええ!そんなにお給料が違うんですか!?
今は資格講座もいろいろあるから、ひと頑張りして介護福祉士を取っておいたら、将来のためになるんじゃない?
介護福祉士の資格について業務、待遇、役割、給与、受験資格、合格率、メリットについてご説明します。

介護福祉士とは

介護福祉士
「介護福祉士」は介護の資格の中で唯一の国家資格です。
「社会福祉士及び介護福祉士法(昭和62年5月26日法律第30号)」という法律によって定められています。

介護の専門的知識と技術を持つことを証明することができるので、全国のどこに行っても仕事を見つけることができます。
安定した就労につながる資格です。

介護福祉士の役割

介護福祉士

介護福祉士って、なにをするの?

介護福祉士の役割とは、介護が必要なお年寄りや障害のある人の日常生活を支えるために、専門的知識と技術に基づいて食事や排泄、入浴、移動などの介護をおこなうことです。

また、家族や配偶者などの介護者からの相談を受けて、介護に関するアドバイスや指導をおこなうこともあります。

家族の介護とは、なにが違うの?

家族や親戚が介護することとの違いは、介護計画に基づいて、チームで介護を提供することです。

サービス提供責任者やケアマネジャーが作成する「個別支援計画」や「ケアプラン」に基づいて、専門的知識と技術に基づいた介護を提供しています。

介護職員初任者研修とは、なにが違うの?

介護職員初任者研修は、介護の基本となる知識・技術を習得するための研修です。
カリキュラムは130時間で、介護技術を習得するための演習や修了試験(筆記)があります。

ホームヘルパー2級から移行した研修としてスタートしました。

へルパーや介護職員として働くことができる資格ですが、介護職員初任者研修の資格をもっているだけではサービス提供責任者や介護支専門員(ケアマネジャー)になることができません。

介護の仕事でキャリアアップをするためには、介護福祉士の資格があることが望ましいです。

実務者研修とは、どんな資格?

実務者研修は、介護福祉士養成施設と同じレベルを目指す研修です。
カリキュラムは450時間で、介護職員初任者研修よりも専門的な知識・技術を習得します。

ただし、ヘルパー1級などの資格をすでに持っている場合には受講時間が短縮できる場合があります。
実務者研修の修了した上で、実務経験が3年以上あれば介護福祉士を受験することができます。

資格ごとの主な役割は以下のとおりです。

ケアマネジャー ・管理職
・サービス提供責任者など
介護福祉士 ・管理職
・サービス提供責任者など
・ヘルパー
・介護職員
実務者研修 ・サービス提供責任者など
・ヘルパー
・介護職員
介護職員初任者研修
(旧:ホームヘルパー2級)
・ヘルパー
・介護職員

介護福祉士の給与

驚き

介護福祉士の資格は給与に影響する?

公益財団法人 介護労働安定センターが2013年に行った「平成25年度 介護労働実態調査」によると、介護職員の月収は資格によって差があることが明らかになりました。

介護支援専門員(ケアマネジャー)の場合には274,471円、介護福祉士の場合には236,596円、介護職員初任者研修212,120円、無資格の場合には196,432円です。
(実務者研修は新しい資格なので調査に反映されていません)

介護支援専門員(ケアマネジャー) 274,471円
介護福祉士 236,596円
介護職員初任者研修 212,120円
無資格 196,432円

勤め先の給与体系や勤続年数などの要素もありますが、介護福祉士を取得している方が給与が高い傾向があります。

介護福祉士の受験資格と合格率

資格取得

介護福祉士の受験資格と合格率は?

介護試験の受験資格を得るためには、大きく分けると「実務経験ルート」「福祉系高校ルート」「養成施設ルート」という3つのルートがあります。

●どう変わった!?介護福祉士の受験資格について

介護福祉士の筆記試験は、毎年8月から9月上旬にかけて申し込むことができます。
試験は1月下旬です。
以下の11科目について、全ての科目で最低1問は正解することと、得点が125点満点中で75点以上であることが合格条件です。

介護福祉士筆記試験の11科目
□ 人間の尊厳と自立、介護の基本
□ 人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
□ 社会の理解
□ 生活支援技術
□ 介護過程
□ 発達と老化の理解
□ 認知症の理解
□ 障害の理解
□ こころとからだのしくみ
□ 医療的ケア
□ 総合問題

2017年の第29回介護福祉士筆記試験には、76,323名が受験をしました。
55,031名が合格したので、合格率は72.1%です。
2013年から2017年までの5年間の合格率は以下のとおりです。

第29回(2017年) 72.1%
第28回(2016年) 57.9%
第27回(2015年) 61.0%
第26回(2014年) 64.6%
第25回(2013年) 64.4%

介護福祉士を取得するメリット

新しい発見

介護福祉士の資格をとるメリットってなんでしょうか?
介護福祉士をとったことで、なにが変わりましたか?
資格をとることのメリットはたくさんあるけれど、私が一番のメリットだと感じているのは、自分の仕事内容や介護知識について振り返る機会になったことです。
改めて介護について勉強をして、自分の実践を振り返ることができると自信が持てますよね。
仕事をしながら資格の勉強をするのって大変でしたか?
やるぞ!って決めてしまえばなんとかなります。
とても良い機会になったと思います。
知識を学んだことで介護の技術が高まると、仕事の幅がひろがるし、そのことが給与アップに繋がります。
なるほど~!
ひと頑張りして介護福祉士の資格を取ることをオススメします!
介護福祉士の需要はますます高くなる時代だからね。
私も介護福祉士をとりたくなりました。
教えてくれてありがとうございます!

介護資格記事一覧

介護資格については、こちらの記事にまとめています。

介護関連の資格は何がお勧め!?最短ルートを教えます!

2017.05.16

まとめ

まとめ鳥
介護福祉士の資格について業務、待遇、役割、給与、受験資格、合格率、メリットについてご説明しました。

介護に関する資格が複数ある中で、介護福祉士の資格を取ることは、介護の専門的知識や技術を学び直す機会になり、自身のキャリアアップにも繋がります。

介護福祉士に合格するために、ウーモアの資格講座をぜひお役立てください!

ウーモアでは、介護の資格を取得できる通信・通学の資格講座を多数掲載中です。
無料で資料請求が可能です。介護福祉士の資格取得をお考えの方は、ぜひチェックしてみてください!

参考サイト

厚生労働省「介護人材の確保について」(2017年9月15日,http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000062879.pdf)
公益財団法人 社会福祉振興・試験センター(2017年9月15日,http://www.sssc.or.jp/index.html)

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

50,000人以上が購読するメールマガジンに登録しませんか?

・おすすめの資格講座に関する情報
・メルマガ読者だけの最新講座情報
を無料でお届けします。

メールアドレス


個人情報保護方針に同意して