今後需要が増える?!認知症介助士の資格の概要

認知症介助士 とは 資格 需要 

認知症は身近な疾患のひとつになりました。

2010年時点で200万人程度と言われていた患者数は、2020年までには325万人にまで増加すると予測されています。

ここでは、認知症に関する正しい知識を身につけることができる「認知症介助士」の資格について説明していきましょう。

認知症介助士とは

バルーン
認知症介助士になるためには、認知症介助士検定試験を受験して試験に合格する必要があります。

認知症介助士検定試験は「公益財団法人 日本ケアフィット共育機構」が実施しています。
詳細は以下の通りです。

認知症介助士 検定試験
□ 受験資格:なし
□ 試験問題:30問(選択肢)
□ 試験時間:45分
□ 合格基準:30点満点。21点以上で合格(1問1点)
□ 合格者特典:合格者には「認定状」

また日本ケアフィット共育機構が実施している検定試験の受験方法は3通りあり、都合に合わせて選択することができます。

1. 認知症介助セミナーを受講して検定試験を受験

認定団体のインストラクターが講義とディスカッション・ロールプレイをとおして認知症に対する理解を深め、認知症の方への適切なケアを身につけます。

この講座では、セミナーと試験がセットになっているのも特徴です。
同じ環境の仲間に出会えるのもセミナーに参加する魅力と言えるでしょう。
詳細は以下の通りです。

認知症介助セミナーを受講して検定試験を受験
□ 受講に必要な条件(受験資格):なし
□ 受講費用:テキスト付 19,440円(税込)
テキストを持っている場合 16,200円(税込)
※検定試験対策問題集(2,160円)も任意で購入できます。
□ 受講期間:6時間
□ 会場:東京・横浜・名古屋・滋賀・大阪・岡山・広島・福岡
□ 取得できる資格名:認知症介助士

2. 共育センター(東京・大阪)で検定試験を受験

指定日に会場でマークシート式の試験を受けます。

共育センター(東京・大阪)で検定試験を受験
□ 受験料:3,240円(税込)
□ 受験時間:45分
□ 会場:東京・大阪

3. 全国のCBTセンターで検定試験を受験

CBTとはパソコンを使った試験のことです。
ほとんどがマウスで選択肢をクリックするだけなのでパソコンが苦手な方でも受験しやすいのが特徴です。

全国のCBTセンターで検定試験を受験
□ 受験料:3,240円(税込)
□ 受験時間:45分
□ 会場:各地のCBT試験会場

なお、2や3の試験のみの場合は、申し込みの際に「認知症介助士のテキスト(税込3,240円)」「検定試験対策問題集(税込2,160円)」を購入して、試験までに知識を身につける必要があります。

通信講座でも学べる!

日本ケアフィット共育機構と産業能率大学が提携している通信講座も存在します。

産業能率大学 プロカレッジ 認知症介助士受験 通信講座(通信教育)
□ 受講に必要な条件(受験資格):なし
□ 受講費用:13,500円(税込)
□ 受講期間:2ヶ月(在籍期間は4ヶ月)
□ 学習スタイル:通信
□ 取得できる資格名:認知症介助士
□ 教材:
●認知症介助士のテキスト
●検定試験対策問題集
●資格取得ガイド
●別冊『うちの親、認知症かな』と思ったら読む本-認定専門医による早期発見・介護ガイドブック

資格講座の提供企業として有名なユーキャンも、認知症介助士講座を設けているのをご存じでしたか?

ユーキャンの認知症介助士講座
□ 受講に必要な条件(受験資格):認知症のご家族がいる方、認知症予防を意識し始めた方
□ 受講費用:29,000円(税込)
□ 受講期間:3ヶ月(在籍期間は6ヶ月)
□ 学習スタイル:通信
□ 取得できる資格名:認知症介助士
□ 教材:
●メインテキスト2冊
●認知症予防アイデア100
●認知症予防レシピ30
●認知症予防手帳作成ナビ
●ポケットカロリーなど
添削が1回、最終課題(検定試験)があります。

認知症介助士取得のメリット

メリット
認知症介助士の資格を取得するメリットは2つあるといえます。

ひとつは、家庭・地域の役に立つこと
もうひとつは、仕事に活かせることでしょう。

家庭・地域の役に立つ

自分の両親あるいは義理の両親が認知症を患ったり、近所に認知症の人がいたりする人はこれからどんどん増えていくでしょう。

そんな時、認知症介助士は家族や身近な人を助けることができます。
また認知症の早期発見にも役立つことも予想されます。

認知症において早期発見は非常に重要なポイントです。

アルツハイマー型認知症は進行するため、発見が遅れるとお世話をする周りの人が大変になるかも・・・。

しかし、早期発見によって認知症の進行を遅らせることができれば、その後の家族の負担はずいぶん違ってくるものです。

認知症は本人では気づきにくく、また症状を認めたくない患者さんも多いといわれています。
そのため、周りにいる人が少しでも早く気づいてあげることが大切です。

認知症介助士を取得していると認知症の症状について詳しいため、「おかしいな」と異変に気づきやすくなります。

身近に認知症介助士がいるということは、家族や地域にとって非常にありがたい存在といえるのではないでしょうか。

仕事に活かせる

認知症介助士は家庭や地域のためだけではなく、仕事にも活かすことができます。
認知症のお客さまの様子を伺って正しい接し方をすることができるからです。

同じ物を大量に購入したり、帰り道がわからなくなってしまうといった症状は、認知症の典型的な症状です。

こうした際に、認知症介助士が的確な対応をすることで、お客さま、そしてお客さまの家族にも安心を提供できるのではないでしょうか。

認知症介助士はどんな人にオススメ?

オススメ
認知症介助士はサービス業に就いている方にオススメです。

とくに高齢者の利用が多い施設では今後、認知症を患ったお客さまが増えることが予想されます。

スーパーや百貨店、ホテル、レストランや銀行窓口をはじめ、バス、鉄道会社といった公共施設でも認知症のお客さまに対して正しくコミュニケーションをとることが求められるでしょう。

認知症介助士として活躍することで、利用者やその家族に対して信頼や安心を提供するとともに、地域に貢献できるかもしれません。

「接し方がわからない」「どのように対応すればいいのか不安」などの悩みを抱えていたり、身近に認知症になった家族がいる方も、認知症介助士を目指すのはよい機会といえるでしょう。

介護資格記事一覧

介護資格については、こちらの記事にまとめています。

介護関連の資格は何がお勧め!?最短ルートを教えます!

2017.05.16

まとめ

まとめ
認知症患者と接するのは介護をしている人や、医療従事者のみと考えている方が多いと思います。

しかし、今後は認知症患者が増加するにしたがって公共施設においても接する機会が増えていくことが予想されます。

その際、認知症介助士の存在によって認知症患者は安心して社会生活を送ることができるでしょう。

認知症介助士は地域にも貢献する非常に心強い存在となるかもしれません。

ウーモアでは、認知症ケアを始めとして福祉・介護の資格講座を多数掲載中です。
キャリアアップやスキルアップのために、何か資格を取ってみたい方。
講座を受講してみたい方は、気になる講座をチェックしてみてくださいね。資料をご送付いたします。費用は一切かかりません♪

参考サイト

厚生労働省「認知症」(2017年9月12日,http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_recog.html)
公益財団法人日本ケアフィット共育機構「認知症介助士」(2017年9月12日,http://www.carefit.org/dementia/)
公益財団法人日本ケアフィット共育機構「認知症介助士セミナー」(2017年9月12日,http://www.carefit.org/dementia/seminar.php)
産業能率大学 プロカレッジ「認知症介助士 通信講座(通信教育)」(2017年9月12日,http://www.hj.sanno.ac.jp/ps/course/list/11693)
ウーモア「ユーキャンの認知症介助士講座」(2017年9月12日,https://shikaku.hoiku-me.com/detail/u-can005.html)

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

資格学習にはメルマガ登録がオススメ!

50,000人以上が購読するメールマガジンに登録しませんか?

・おすすめの資格講座に関する情報
・メルマガ読者だけの最新講座情報
を無料でお届けします。

メールアドレス


個人情報保護方針に同意して