ベビーシッターの資格で迷ったら!資格が取れる講座の比較のポイント

ベビーシッターとは、保護者に代わって0~12歳までの子どもの保育を担うお仕事のことです。2016年時点ではベビーシッターの国家資格はありませんが、保育従事者の需要の高まりを受け、各企業や法人がベビーシッターに関する民間資格を主催しています。

今回は、ベビーシッター資格・講座を徹底比較してみました。どのベビーシッター資格を取ろうか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

保育・子育て関連の資格・講座・スクールを探す

ベビーシッター資格とは

ベビーシッター資格とは
ベビーシッター資格とは、ベビーシッターとしての知識や職業倫理を備えていることを証明する資格のことです。

ベビーシッターは資格が必須?

ベビーシッターとして働くには、特定の資格が必須というわけではありません。ただ、各認定団体が主催している資格を取得していれば、「確かな知識を持っている」と保護者から信頼されやすくなります。

専門知識を活かすことで、就業中のトラブルを極力減らすこともできるでしょう。預かったお子さんをきちんとご家族にお返しするためにも、資格取得を視野に入れてみてくださいね。

ベビーシッターの資格を比較してみよう

ベビーシッター資格を比較
ベビーシッター資格は、各認定団体が行っている「ベビーシッターの認定試験」を受けることによって取得できます。各資格の大きな違いとしては、「主催元の認定団体や受験資格が異なること」があげられます。以下に、代表的な3つのベビーシッター資格をまとめました。

1.公益社団法人全国保育サービス協会「認定ベビーシッター」

受験料:11,330円(税込)

試験日:年1回(7月)

試験会場:東京、大阪など

2000年より開始されたベビーシッターの認定試験です。主催元である公益社団法人全国保育サービス協会は、国からの委託を受け、ベビーシッターの派遣事業などを行っています。
「認定ベビーシッター」の大きな特徴は、受験資格にベビーシッターの実務経験が定められている点です。ベビーシッターの実務経験がない場合は、協会が指定する保育士養成校に通うことにより、保育士資格と認定ベビーシッター資格を同時にとることができます。

2.日本能力開発推進協会「ベビーシッター資格」

受験料:5,600円(税込)

試験日:カリキュラム修了後、随時受験可能

試験会場:在宅

上級心理カウンセラーやチャイルドカウンセラー資格の認定団体「日本能力開発推進協会」が主催している資格です。得点率70%以上で合格となります。
受験資格は「協会指定のカリキュラムを修了すること」のみなので、ベビーシッターの実務経験は不要です。在宅でいつでも受験できる点も魅力的ですね。

3.一般財団法人日本医療教育財団「ベビーシッター技能認定」

受験料:50,520円~79,680円(税込)※受講料込み

試験日:カリキュラム修了後、随時受験可能

試験会場:在宅またはスクールの教室

一般財団法人日本医療教育財団は、メディカルクラークやドクターズクラークなど、医療関連の人材の育成に力を入れている団体です。「ベビーシッター技能認定」は、ニチイまなびネット「ベビーシッター養成講座」を修了することにより、受験が可能となります。講座の詳しい概要は、後述の「ベビーシッター資格が取れる講座」にまとめましたので、あわせてご覧ください。

ベビーシッター資格や、試験内容についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もどうぞ。

ベビーシッターとは

ベビーシッターとは

2016年3月22日

4.日本チャイルドマインディング&エデュケア協会認定「ベビーシッター」

受験料:資格申請料2,000円

試験日:添削課題をすべて提出し、所定の成績を収めて修了した後、申請により可能

試験会場:在宅など

※全4回の添削課題をご提出いただき、全ての課題が所定の成績を達した方に講座修了証を発行
受験に年齢制限がなく、20代から60代まで幅広い年齢層の方々が受講されており、ヒューマアカデミー「たのまな」の「ベビーシッター講座」を修了し、申請することで資格取得が可能です。

ベビーシッターとして活躍したい方に役立つ資格をまとめています。
無料で資料請求もできますので、検討してみてくださいね!

ベビーシッター資格の選び方

ベビーシッター資格の選び方
どのベビーシッター資格を取ろうか迷った時は、以下の3つのポイントに着目してみましょう。

1.ベビーシッター試験の受験資格で選ぶ

ベビーシッター資格の受験資格は、大きく2つのタイプに分けられます。

認定団体が指定するカリキュラムを修了すればよいもの

・日本能力開発推進協会「ベビーシッター資格」
・一般財団法人日本医療教育財団「ベビーシッター技能認定資格」など
・日本チャイルドマインディング&エデュケア協会認定「ベビーシッター」

認定団体が指定する研修のほか、実務経験が必要なもの

公益社団法人全国保育サービス協会「認定ベビーシッター」

自分が受験条件を満たしているかどうかをチェックし、今すぐ受験できるものを選ぶか、もしくは受験条件を満たせないか考えてみましょう。ベビーシッターの求人自体は、未経験者を歓迎している企業も多数あります。

2.資格取得に必要な労力で選ぶ

各ベビーシッター資格の必須カリキュラムは、通学コース通学+通信コース通信コースというように、それぞれ用意されている学習スタイルが異なります。今のライフスタイルで無理なく取れる資格を選ぶとよいでしょう。

3.資格取得にかかる費用で選ぶ

例えば、公益社団法人全国保育サービス協会「認定ベビーシッター」なら、資格の受験料(11,330円)のほかに、研修の受講料(5万円~10万円)が必要です。
日本能力開発推進協会「ベビーシッター資格」の場合は、資格の受験料(5,600円)のほかに、協会指定のカリキュラム「ベビーシッター資格取得講座」の受講料(約5万円。キャンペーンによって変動)が必要です。
講座の特徴は後述の「ベビーシッター資格が取れる講座」をご参照ください。(※費用は2016年6月21日時点の情報です。)

ベビーシッター資格が取れる講座

ベビーシッター資格が取れる講座
最後に、ベビーシッター資格が取得できる代表的な講座を3つご紹介します。

1.キャリアカレッジジャパン

ベビーシッター資格取得講座
□ 標準学習期間:約4ヶ月
□ 受講費用:48,000円(税別)
□ 受験資格:講座のカリキュラムを修了した方
□ 学習方法:在宅にて随時受験可能
日本能力開発推進協会が認定している「ベビーシッター資格」を取得できる通信講座です。DVD講座や添削問題による指導を通して、ベビーシッターの仕事の流れや専門知識を学びます。
資格の勉強から資格取得に至るまでの全てを在宅で行えるので、仕事や育児が忙しい人でも安心して受講できる点が魅力です。

2.ニチイまなびネット

ベビーシッター養成講座
□ 標準学習期間:約3~4ヶ月
□ 受講費用:【通学】79,680円【通信+スクーリング】50,520円(共に税込・受講料込み)
□ 受験資格:講座のカリキュラムを修了した方
□ 学習方法:【通学】教室【通信+スクーリング】自宅
一般財団法人日本医療教育財団が認定している「ベビーシッター技能認定資格」を取得できる講座です。
教室にてベテラン講師の指導を受けられる「通学コース」と、最小限の通学で専門知識を学べる「通信+スクーリングコース」から好きな方を選べます。

3.日本ベビーアドバイザー協会

JBA公認ベビーシッター通信講座
□ 標準学習期間:約1~3ヶ月
□ 受講費用:65,000円(税込)
□ 受験資格:講座のカリキュラムを修了した方
□ 学習方法:在宅にて随時受験可能
日本ベビーアドバイザー協会が認定している「JBA公認ベビーシッター資格」を取得できる講座です。
保育未経験者にもわかりやすく、ベビーシッターに関する知識を指導しています。通信制なので、在宅でいつでも勉強を進められます。

4.ヒューマンアカデミー「たのまな」

ベビーシッター講座【DVDコース】
□ 標準学習期間:3ヶ月
□ 受講費用:37,800円(税込)
□ 受験資格:講座のカリキュラムを修了した方
□ 学習方法:在宅での通信講座(DVDコースとeラーニングコースあり)
自宅でしっかり学習したい方向けのDVDコースとスマホやタブレットなど外出先でも学習したい人向けのeラーニングがあります(DVD+eラーニングコースもあり)。
当講座を修了すると「日本チャイルドマインディング&エデュケア協会認定ベビーシッター」資格が取得できます。資格申請は、任意になりますが、履歴書・ホームページなどに記載される場合は別途申請(申請料別途2,000円)が必要です。

講座を選ぶ時は、ベビーシッター資格の認定団体の認知度、学習形式(通学・通信)、受講費用、就活サポートの充実度などに着目しながら、受講講座を決めるとよいでしょう。

保育・子育て関連の資格・講座・スクールを探す

まとめ

ベビーシッター資格まとめ
ベビーシッター資格・講座についてご紹介しました。
ベビーシッターは、保育未経験者も経験者も取得を目指しやすい資格。

これからベビーシッターを目指す方は、ゆくゆくは国家資格として信用がある「保育士」や、民間資格ながら知名度が高い少人数保育のプロ「チャイルドマインダー」など、関連資格・上級資格への挑戦も考えてみてください。選べる仕事や、活躍の幅が広がるでしょう。

ベビーシッターとして活躍したい方に役立つ資格をまとめています。
無料で資料請求もできますので、検討してみてくださいね!

参考サイト

全国保育サービス協会(2016年6月21日,http://www.acsa.jp/index.htm)
ニチイまなびネット(2016年6月21日,http://www.e-nichii.net/course/baby/)
日本能力開発推進協会(2016年6月21日,http://www.jadp-society.or.jp/)
ヒューマアカデミーたのまな「ベビーシッター講座」(2017年9月19日,http://www.tanomana.com/product/childminder/babysitter.html)

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪