保育士試験・最後の関門「実技」対策講座はある?合格率は?

保育士実技試験 対策講座の詳細 保育士実技試験 講座 保育士講座

保育士試験は、大きく分けて筆記実技の2つの試験があります。

8教科9科目の筆記試験をクリアすると受けられるのが実技試験。

筆記試験の結果発表から実技試験までは1ヶ月未満。
この間に短期集中で対策を行う方もいるかもしれませんね。

今回は、実技試験の内容を詳しく知らない人。
それから、今後対策を考えようとしている人にも参考になるように、実技試験の対策と講座をご紹介しましょう。

保育士試験の実技試験対策

対策
保育士試験の「実技」は、3分野のなかから、2つを選択して受験します。

得意なものを選ぶことができるのですが、
「音楽」
「造形」
「言語」
の3分野からの選択となるので、なかには苦手なものを受けなければならないケースもあります。

試験内容をよく確認し、何を選択するのかを決めていきましょう。

【保育士】実技試験の内容(3つ中2つ選択)
□ 音楽表現:ピアノ・ギター・アコーディオンのいずれかを選択し、課題曲の弾き語り
□ 造形表現:課題をもとに絵を描く
□ 言語表現:課題をもとに子ども向けに3分間お話をする

実技試験対策の講座を活用しよう

活用
実技試験は、知識を身につけていく筆記試験対策とは違い、独学で学ぶと気づけないポイントもたくさんあります。

すでにある程度のスキルや、保育や子どもと接する経験がある人であれば問題なく対策できることも、0からのスタートの場合、対策を立てることすら難しい可能性も。

そこで強力な味方となるのが保育士実技試験の対策講座

とくに独学しづらい「言語」や「造形」は、練習している姿を実際に見て、チェックしてくれる人の存在が必須です。
決して独学合格ができないわけではありませんが、保育の現場に立ったことのない人ほど、講座を受講する価値があるといえるでしょう。

参考として、保育士実技試験対策を行っている主要な講座を紹介します。

四谷学院

「保育士試験対策講座 実技試験対策講座」は、実技指導DVDや質問サポートがついた通信講座で、費用は9,800円です。

オプションサービスとして添削指導(9,800円)やスクーリング(6,000円)もあり、自信のない科目はプロの指導を受けることも可能。

その年度で発表されている実技試験内容を元に作られているため、実践力がつけられそうです。

ユーキャン

9,800円の「保育士実技試験合格対策コース」があります。

このコースの特徴は、それぞれの分野に合わせて最適な教材が用意されている点。

音楽表現対策ではCDがついてくるため、何度も聞いて耳から覚えられます。
課題が当日発表される造形表現対策には、過去の合格者の絵をまとめた資料が送られてきます。

言語表現対策には、そのまま使える3分間の台本があり、本番で活用できます。

キャリア・ステーション

実技経験0から合格力をつけてくれる通学スタイルの講座です。

実際の講座を体験できる「実技プレ講座」(2,160円)もあり、通学スタイルに不安をもつ人でも安心して受講ができます。

本格的な講座は、「実技確実安心講座」(1分野19,800円~)で力をつけていったり、「実技ファイナルジャッジ講座」(6,480円)で模擬試験のように、評価までもらったりできるコースが設けられています。

ヒューマンアカデミーたのまな

ヒューマンアカデミーたのまなの保育士講座では、実技試験の添削サポートも行っています。

音楽と言語に関しては、録音したデータを送ることで、専門講師が添削。
絵画の場合も画像のデータをメールで送る、もしくは実際の作品を郵送すれば、音楽と言語と同じく、専門の講師が添削してくれます。

1次試験の合格者は実技セミナーに参加することも可能です。
直接実技の指導を受けられるところが安心のポイントですね。

他にも、実技試験対策を行っている講座はたくさんあります。まずは情報収集から始めてみましょう。

人前で見せることに慣れよう

独学でも講座を受講する場合でも、練習を一人でしているときにはうまくいっていても、人に見られている状況でやることに慣れておらず、緊張して失敗してしまうケースもあります。

ある程度形が完成したら、人前でやる練習をしておきましょう。

友だちや家族に協力してもらい、実際に実技を見てもらってできれば評価をもらうと、適度な緊張感が生まれ、いい練習になります。
そのときには、事前にチェック項目を伝えておき、試験で見られそうなポイントがクリアできているか確認してもらうとより効果的!

保育の現場に入れば、日々子どもたちを前に、歌ったり絵を書いたり、絵本を読んだりします。

実技とあわせて、「人に見られる」練習も同時に行っておくことは大切ですね。

「人に見られていると失敗してしまう」
「緊張しやすいタイプだ」

と自覚がある人こそ、人前で行う練習を積み重ねていきましょう。

実技試験の合格率

合格率

出典:厚生労働省「保育士試験の概要」,「保育士試験の実施状況(平成27年度):筆記・実技試験別の受験者数・合格者数・合格率」

過去10年間(平成27年から逆さに数えて10年間)の間に発表されている実技試験の合格者の推移は以下の通りです。

合格推移

実技試験の合格率は一番低い年は平成19年の73.4%、一番高い年は平成25年の89.3%です。

こちらのグラフは出典にもあるように厚生労働省が発表している『保育士試験の概要』という資料を元に作成しています。

厚生労働省によれば、実技試験の合格率の推移は平成26年度から別途集計を実施しているとのこと。平成25年8月より、「幼稚園教諭免許状所持者の保育士資格取得特例制度が創設された」ことが理由としてあげられています。

このようにグラフを見ていくと、合格者は近年増加傾向にあり、筆記試験に比べると難易度は低いといえるでしょう。

実技試験の科目について

実技試験の科目について詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

保育士試験合格まであと一歩!「実技」科目の詳細が気になる

2017.10.17

まとめ

まとめ
保育士試験の最後の関門である「実技」。

実技試験の最近の合格率は上記のとおり88%程度で、しっかり練習して対策を立てておけば合格の可能性は高く、夢の保育士まであと一歩です!

どの分野を選択するにしても、事前の練習と、人に見られることに慣れておくことが大切です。

「音楽」や「言語」では、人前で練習することも忘れずに、自信をもって試験を受けられるように対策を立てていきましょう!

また、実技試験の合格率は高いですが、約12%の人は落ちています
せっかく難関の筆記試験に受かったのに実技試験に落ちてしまうとまた半年後まで待たなくてはなりません。

実技試験の合格を確実なものにするためにも実技試験について学習することをオススメします。

ウーモアでは保育士試験の実技試験対策にも対応した講座が掲載されています。
以下よりお住まいの地域から学習できる保育士資格講座を検索できます。ぜひ、探してみてくださいね。

▼ 保育士試験の全体像についてはこちら ▼

参考サイト

全国保育士養成協議会(2016年6月24日,http://www.hoyokyo.or.jp)
厚生労働省「保育士試験の概要」(2016年6月24日,http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11901000-Koyoukintoujidoukateikyoku-Soumuka/0000088256.pdf)
厚生労働省「保育士試験の実施状況(平成27年度):筆記・実技試験別の受験者数・合格者数・合格率」(2017年8月1日,http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11901000-Koyoukintoujidoukateikyoku-Soumuka/0000125008.pdf)

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。

こちらの記事もお役に立てるかも?

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

50,000人以上が購読するメールマガジンに登録しませんか?

ウーモアのメールマガジンに登録すると、
これから資格取得を目指したい方・お持ちの資格情報が欲しい方へ

・資格講座に関する情報
・メルマガ読者だけの最新講座情報

をお届けします。

あなたの「自己実現」を応援します♪

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

都道府県 (必須)


個人情報保護方針に同意し、メールマガジンに登録しますか?

個人情報保護方針

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。