「『食育メニュープランナー』を子育てに活かしたかった」お料理好きなワーキングママが語る資格の活用法とは

食育メニュープランナー 取材記事 ともりん 日々の食事 見直し

「食育」は、国民が健康で文化的な食生活を実現し、豊かに生きる力を育むことを目的とした活動のことです。
そんな食育に関連する資格が、「食育メニュープランナー」
食育の大切さを伝え、子どもをはじめとしたさまざまな年代の人たちやTPOに沿ったレシピを学べます。

「食育メニュープランナー」の資格ってなに?仕事内容は?

2016.07.07

「もともと、食べることも作ることも好きでした。だから、子どもが産まれたら食事には気を使いたかったんです」

若井さんインタビュー

築地イタリアン OSTERIA Naturale(オステリア・ナトゥラーレ) ソムリエ
若井友美さん(44歳)。5歳年上のご主人さまと4歳の娘さんをお持ちです。

若井さんは、キャリアウーマンとして長年バリバリ働いていたとのこと。
結婚したのは25歳のときですが、お仕事はずっと続けてきました。

その後ワインソムリエの資格を取得し、現在はご主人さまがオーナーシェフを務めるイタリアンレストランで、ワインソムリエとしてお手伝いされています。

出産後は産休・育休を1年半取得し、その合間に食育メニュープランナーの資格を取得しました。9年間続けているブログでは、料理や旅行に関する記事も投稿しており、「人生を謳歌している」とおっしゃいます。

若井さんのブログはこちらからご覧いただけます。
「築地イタリアン OSTERIA Naturale(オステリア・ナトゥラーレ) ソムリエマダムのブログ」

そんなワーキングママの若井さんが、食育メニュープランナーの資格を取ったきっかけはなんだったのでしょう?資格の活かし方や、勉強のコツについてお聞きしました。

子どもが産まれたら、やっぱり食には気をつけたいという気持ちがありました

若井さんが食育メニュープランナーの資格を取ったきっかけはなんだったのでしょうか?

若井さん:
やっぱり、子どもが産まれたら食事には気をつけたいという気持ちがありました。
食育メニュープランナーという資格を、子育てに活かしたいという思いが大きかったですね。

あと、主人が洋食の仕事をしているので、どうしてもコレステロールの数値が高くなってしまったんです。
子どもと主人のことを考えると、「食生活ってやっぱり大事だなあ。これは無視できない」と思いました。

日々の子育ての中でお子さんの食に関して気をつけていることはありますか?

―「どうしよう、子どもに何を食べさせたらいいんだろう」って悩んでいるママたちっていらっしゃるんじゃないかなと思うんです。つい毎日同じようなメニューを食卓に出してしまうとか、ダメって分かってても、ジャンクフードをおやつにしてしまうとか・・・。

若井さん:
私はお惣菜や冷凍食品は極力、食卓に出さないようにしてます。
手作りにかなりこだわっていますね。離乳食も手作りにこだわり、市販のものは使いませんでした。

―すごい徹底ぶりですね。

娘さんのお友達が遊びに来た時とか、おいしくて栄養バランスが整ったものを出すと喜ばれる場面などはありますか?

若井さん:
ああ~ありますね!娘の保育園のお友達と一緒にクリスマスパーティーをやった時、クリスマスツリーに見立てたポテトサラダを出しました。

クリスマス風ツリーポテトサラダ

オジリナルの“クリスマスツリー風ポテトサラダ”。(画像は若井さんのブログより引用)

若井さん:
こうやって出すと、ブロッコリーが苦手な子たちも楽しく食べてくれるんですよね。
にんじんが苦手な子とか、星型に切ってあげるだけでも手を伸ばしてくれたりして。

こういうちょっとしたテクニックとか工夫に、資格で学んだ知識が活きてるのかなと思います。

―ママ友に食事についてアドバイスする機会はありますか?

若井さん:
時短で出来る料理として、卵焼きを教えてあげたことがありますよ。
卵をカップに入れて、かきまぜて、しらすを入れて、調味料を加えて、電子レンジで2分ぐらいチン。そうすると、ふんわりできるよーっていう話をしました。
油も使わないで済むので、ダイエットにもいいんだよー、とか。

―わ、今すごくいいことを聞きました(笑)。卵焼きって手間がかかるイメージありますけど、そんなふうに時短できるんですね。

我が家の栄養バランスは冷蔵庫の中から分かる?

お仕事を始めとして、普段の生活の中で資格が活きているなーと思う瞬間はありますか?

若井さん:
やっぱり食事を作るときです。
朝ごはんはなるべく魚とか、和食を出すように意識してます。栄養バランスもきちんと考えますよ。

食育メニュープランナー テキスト

テキストでは、人の体と栄養の仕組みも解説されています。

若井さん:
あとは、おばあちゃんとかおじいちゃんとか、高齢者の方々の集まりがあるときには、高齢者向けのお料理を作ってます。あんまりこってりしたものを出すと、お年寄りの方は胃も疲れちゃいますよね。
たとえば、キッシュは生クリームじゃなくて豆乳を使うとか。タンパク質も入ってるので、栄養にもなるんです。

―資格で学んだ知識をまさに活かしていらっしゃいますね。

若井さん:
彩りと食事の関係についても学びました。お料理って、彩りが豊富であればあるほど、栄養のバランスが取れているんですよ。
なるべく黒っぽくならないように、茶色っぽくならないように意識しています。

若井さん インタビュー2

だから冷蔵庫を見て「ちょっと全体的に色が・・・これじゃビタミンCが足りない」とか、「あ、タンパク質が足りない」とか考えちゃうようになりました(笑)。

―へえ~。栄養バランスは冷蔵庫の中から分かる!と。

若井さん:
やっぱり緑がないと、「あっ、お野菜がない!」って思います。お野菜買わなきゃ、って。

講座には実技もありましたか?

若井さん
実際にレシピを作る実技の課題がありました。
「テーマ」が与えられて、それに合うメニューを考えます。レシピを作ったら、写真を撮って講師に提出するんです。
「なぜこのテーマにしたのか?」ということも書きます。

これは、『カフェ・レストランをオープンすることを想定してメニューを考えましょう』という課題でしたね。

食育メニュープランナー 課題 添削

おしゃれなレシピです。講師の方の添削も細かく書かれていますね。

―課題のレシピはどのように考えたんですか?

若井さん:
主菜、副菜のバランスを考えて作りました。お肉にはレモンを添えて、酸味をアクセントにしてみたり。
あと、季節を意識しなければならなかったですね。この時はテーマ設定が「夏」でした。

外回りなどで汗をかいて、「暑いなあ」と思っているサラリーマンの方にレモンが効いた肉料理を食べていただけたら、気分が少し涼しくなるんじゃないかな?と思って考えたメニューです。

-若井さんのブログに、課題で提出したレシピが載っていました。

ブログより引用 食育メニュープランナー

地鶏モモ肉のレモン風味ソテー、ラタトィユ、かぼちゃサラダ、玄米ご飯、かき玉スープ。旬の食材を使った、ビジネスマン向けのレシピだそうです。暑い夏も軽やかに吹き飛ばせそうな一品ですね。(画像は若井さんのブログより引用)

「勉強時間は、娘が寝ている間がチャンスでした」

1年半の育休・産休のなかで、資格を取得するまでにどれぐらいのお時間がかかりましたか?

若井さん:
そんなにかかってないと思います。半年はかかったでしょうが、一年もかかってないですね!

―仕事も家事もあるなかで、どうやって勉強時間を確保していたのでしょうか?

若井さん:
娘が寝ている間に勉強してました。幸い、うちの娘がよく寝る子だったので勉強時間は規則的に確保できました。
テキストの学習をしていたのは主に昼間です。

―夜よりも昼間に勉強していらっしゃったんですか?

若井さん:
そうですね。ただ、課題でレシピを作る時は、夜のうちに仕込みをしてました。
課題制作は夜の方が多かったですね。盛り付けは昼間にしていました。焼くだけならば、朝できるものもありましたけど、ラタトィユとか、お味噌汁は夜に仕込む方がいいんですよ。
一晩で味がグッと染み込んで、もっとおいしくなりますから。

おいしい、楽しい、健康にいい。そんなレシピが作れたら素敵!

最後に、食育メニュープランナーの取得をお考えの方や、仕事と子育ての両立に奮闘中のママ達に一言、メッセージをお願いします!

若井さん:
食育メニュープランナーの資格取得のコツは、お子さんが寝たときです(笑)!
取るのもそんなに難しくない資格だと思います。
子育ての一部として勉強してみるのがオススメです。

クリスマスパーティーとか、ハロウィンとか、子育てをしているとみんなで集まって食事を楽しむような行事も多いですよね。
そこで、栄養バランスが整ったおいしいレシピを提供できれば、喜んでくれる人も多いと思います。

保育園の行事とか、子どもに持たせるお弁当をイメージしながら取り組んだら、きっと楽しく勉強できると思いますよ!

食育メニュープランナー 取材記事

若井さん、本日はお忙しいなかありがとうございました!

まとめ

人の体に必要な栄養素が勉強できるだけではなく、バランスの整った食事をお家でもきちんと再現できる資格が食育メニュープランナーです。

普段の何気ない買い物や、おかずを作るときなどに、食材をパッと見て、チャチャッと栄養バランスの計算ができる。
そんなスキルを身につけられたら、「食」を通じて家族の健康を守れるようになるかもしれません。

こんなメニューもサラッと作れるようになれたら素敵ですね。

家族の健康を食卓から守りたい方は、食育メニュープランナーの資格を取得してみてはいかがでしょうか。


ウーモアでは、「食育メニュープランナー」の講座を掲載中です。詳しい資料を見たい、講座の詳細情報が気になる方は、ウーモア編集部までお気軽にお問い合わせください。【無料】で資料をご送付します♪
あなたがなりたい自分になれますように。

参考サイト


農林水産省「食育の推進」(2018年1月31日,http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/index.html)
JTEX「食育メニュープランナー(R)養成講座」(2018年1月31日,http://www.jtex.ac.jp/J-22.htm)

資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

資格学習にはメルマガ登録がオススメ!

50,000人以上が購読するメールマガジンに登録しませんか?

・おすすめの資格講座に関する情報
・メルマガ読者だけの最新講座情報
を無料でお届けします。

メールアドレス


個人情報保護方針に同意して