栄養士になるには?管理栄養士との違いは?資格の取得方法・職場・学費を解説!

栄養士になるには? 活躍場所 資格の取得方法 学費

栄養士になるためには、厚生労働省が指定した養成施設を卒業する必要があります。

●どんなルートで資格を取得できるのか?
●どんな内容の授業が行われているのか?
●資格を取ったら、どんな場所で活躍できるんだろう?
●管理栄養士とは何が違う?

など、栄養士を目指している人にとっては気になることはたくさんあるでしょう。
社会人の自分でも栄養士になれるのかな、と思っている人もいるかもしれません。

この記事では、栄養士の資格の取得方法、さらにその上級資格である管理栄養士の取得方法、栄養士の活躍場所、学費などのトピックについてまとめてみました。

資格取得を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

食・フード関連の資格・講座・スクールを探す

栄養士の資格を取得する!まずは養成施設に入学しよう

栄養士になる ルート なるには

資格を取得する方法

厚生労働省から指定された養成施設に入学することが、栄養士になるためのスタートラインです。
養成施設には、以下の種類があります。

4年制大学(管理栄養士になるコースを設けている大学もあります)

短期大学(2年・3年)

専門学校(2年・3年・4年)

栄養士の資格を取得するルートをわかりやすく図にしました。

栄養士になるルート

栄養士になるには 資格取得の流れ

どの教育機関を選んでも高校を卒業していることが入学の必須条件です。

厚生労働省から指定されている学校の一覧はこちらからご確認いただけます。
◆参考:厚生労働省「栄養士養成施設一覧」

お住いの都道府県の学校情報をチェックしてみましょう。

栄養士免許の交付について

養成施設の卒業後は、免許を発行する手続きに進みます。
必要事項を書類に記載したうえで、お住まいの都道府県に申請をしましょう。

申請が通ると栄養士名簿に登録され、免許が交付されます。

栄養士の免許を新規で申請する場合はお住まいの都道府県に提出しますが、栄養士名簿の訂正や書き換え交付申請、再交付申請などは、免許が発行された都道府県で行われます。

たとえば東京都の場合・・・
新規で免許を申請するときは都庁窓口で申請する必要があります。
郵送での受け付けが認められているのは、都外他道府県にお住まいの方が、「東京都で発行された」栄養士免許の書き換え交付を申請したい場合と、再交付の申請をしたい場合のみです。

手続きの方法や提出先などは都道府県によって異なりますので、お住まいの都道府県のホームページなどで確認するのが確実でしょう。

栄養士養成施設で行われる授業の一例!調理実習はテッパン?

栄養士の養成施設は、それぞれ学校によって個性も異なり、授業内容が共通しているわけではありません。

全国栄養士養成施設協会では、一例として以下のような授業を紹介していますが、あくまで一例として参考にしてみてくださいね。

調理学実習

基本的な包丁の使い方や、実際の調理の方法などを学ぶ授業です。
生物、焼物、揚げ物、煮物など、多彩なメニューを作れるようになるのが目的です。
四季に沿った料理、和食・洋食問わず、幅広いメニューを学びます。

栄養指導論

栄養状態や食生活、食に関連する環境と健康の状態に関する情報を集め、分析する授業です。
栄養士と相談者の役になって、食事を評価したり、栄養指導を実際に行ってみたりするなどのロールプレイング的な実習授業もあります。

食品加工学

バター、チーズ、レトルトカレーなどの加工食品の製造、長期保存について研究します。
缶詰や味噌を作るという実習を行う学校もあるらしく、実習課程で作った加工食品を販売するケースもあります。

◆参考:全国栄養士養成施設協会‐栄養士・管理栄養士をサポート「栄養士になるには」

社会人でも栄養士の免許は取得できる?

大学・短大・専門学校と、それぞれ夜間の通学コースが設けられている施設は現状(平成30年度2月現在)ありません。

通信講座もないので、どうしても昼間に通学する必要があります。

そのため、昼間働いている社会人が栄養士を目指すのは難易度が高いといわれているようです。

Yahoo!知恵袋に、「28歳から栄養士を目指したいけれど、どうすればよいのか?」という悩みが寄せられていましたが、ベストアンサーに選ばれたのはこのような回答でした。

(略)28歳で栄養士を目指すのは険しい道だと思います。
まず資格が取れても良くて委託給食会社での現場勤務しかないと思います。
◆引用元:Yahoo!知恵袋「28歳社会人で栄養士の資格取得をする場合、専門や短大などを含め、オススメの学校を教えて下さい。」

一方で、まさに社会人になってから栄養士・管理栄養士の資格を取得した方もいらっしゃいました。

管理栄養士として開設しているこちらのブロガーさんは、29歳のときに栄養士の養成校に入学しました。

入学、受験、そして合格までの道のりをブログで綴っており、栄養士を目指したきっかけと、合格を勝ち取ったときのリアルな声が確認できます。

私は社会人経験後、29歳で栄養士の学校に入りました。
もともと文系の大学を卒業していて、バリバリの文系です!
栄養士の科目は、化学や実験も看護師・薬剤師ほどではないけど、
まぁまぁ理系です
でも、文系でも社会人からでも栄養士は目指せます。(略)
私が行きたい学校はただ一つ。
箱根駅伝の栄養サポートの記事を見て憧れた、女子栄養大学です。
栄養大のことを調べる程、ここで学びたいという気持ちが大きくなりました。
◆引用元:(現在ページが見られなくなっています)食事とセルフケアで叶える♡あなただけの美しさの磨き方「社会人から管理栄養士になるには①〜プロローグ~」

某栄養大学の社会人クラスに入学を決めた彼女は、その後面接試験を受けることになりました。

信じられませんが、合格でした。
何だかよく分からないけど合格!!
この時、29歳。
ここで決まっていたことは、
・4月から栄養士になるため、短大で学ぶ!
・2年間通学後、栄養士試験を受けて合格したら、栄養士免許取得。(31歳)
・その後、栄養士実務経験3年を取れば、管理栄養士受験資格取得。
(順調にいけば、35歳で取得予定)
※受験資格、です。受かるかはまた別ですね。
この3つのみ。
栄養について学びたい、
食の資格は色々あるけれど、
一番ベースになる栄養士のカリキュラムを学びたい、
ただそれしか決まっていませんでした。
栄養士資格取得後、また紆余曲折あるのですが
まずは入学が決まり、ホッとしたのでした。
◆引用元:(現在ページが見られなくなっています)食事とセルフケアで叶える♡あなただけの美しさの磨き方「社会人から管理栄養士になるには③〜合格発表編〜」

こちらのブロガーさんのように、社会人から栄養士になるチャンスをつかんだ人も実際にいるため、難易度は高いかもしれませんが、社会人から栄養士を目指すのは決して不可能ではないということが分かりますね。

社会人で栄養士を目指されている方は、社会人クラスがある学校を調べてみたり、休職をして入学のための準備を行ったり、夜勤の仕事をしながら昼間は学校に通ってみるなど、自分で工夫できる方法を考えてみてはいかがでしょうか。

上級資格である管理栄養士とは何がどう違うの?

管理栄養士になる方法 なるには 

栄養士の上級資格にあたるのが管理栄養士です。

『2019年版資格取り方選び方全ガイド』によれば、管理栄養士と栄養士の違いは「栄養士業務の中でも高度な知識と技術が要求される」点です。

「複雑かつ困難な専門業務を受け持つ」のが、管理栄養士の特徴だといいます。

管理栄養士は、いわば栄養管理のプロフェッショナル。
よって、以下の4点のスキルが求められます。

健康体の人だけではなく、病気の人や高齢者にも対応できる知識

栄養学に関する研究

医療分野との連携

管理栄養士の資格を取得するには?主なルートはふたつ!

ウーモアの姉妹サイトである『栄養士のお仕事』(栄養士をメインとした求人サイト)では、完全網羅!管理栄養士とは?仕事内容や収入、資格取得方法についてという記事内で、管理栄養士になるための方法を2つ紹介しています。

1.「栄養士として働き、実務経験を積んで国家試験を受ける」

2.「管理栄養士養成施設を卒業して、国家試験を受ける」

栄養士になるには、所定の単位数を取得し、養成施設を卒業すれば資格を取得できます。

先に栄養士の資格を取得していることも必須条件です。

また、資格を取得する際に以下のふたつの取得ルートが考えられることも特徴です。

1. 最初から管理栄養士になることを目指して進学した場合

「管理栄養士」の養成課程がある学科に進学するケースです。
栄養士の資格を取得したあとは、そのまま国家試験の受験に進みます。

管理栄養士になるには 資格の取得方法 

2. 途中から管理栄養士を目指すことにした場合

養成施設に入学した時点では「栄養士」になるコースや学科を選んでいたものの、目標が管理栄養士の資格取得に変わったケースなどもあります。

この場合は、栄養士の資格を取得したあとに実務経験が必要になります。

実務の経験年数は何年制の養成施設を卒業したかによって異なりますので、以下をチェックしてみてください。

卒業した養成施設の年数 必要な実務経験年数
2年制の場合 3年以上
3年制の場合 2年以上
4年制の場合 1年以上

必要な実務経験年数をクリアしたら、国家試験の受験に進むことができます。

管理栄養士になるルート その2

管理栄養士になるには 資格の取得方法

厚生労働省が定めた「実務経験」が認められる施設は、以下の通りです。

厚生労働省認可 「実務経験」が認められる施設
□ 寄宿舎、学校、病院等の施設。特定多数人に食事を継続的に提供する場所
□ 食品の製造、加工、調理または販売営業を行う施設
□ 学校教育法に規定する学校、専修学校、保育の推進法に規定された幼保連携型認定こども園
□ 栄養に関連する研究施設、または保健所、その他栄養に関する事務を管轄する行政機関
□ 上記の施設のほか、栄養に関する知識の普及や向上、栄養指導の業務が遂行される施設

こう見ると、最初から管理栄養士の資格取得を目指したい人は後者のルートを選んだ方が取得までの時間もかかりにくことが考えられます。

実務経験が不要な分、時間を試験勉強にあてることができるでしょう。知識の吸収次第では、最短で試験に合格できる可能性もあります。

国家試験について

管理栄養士の試験科目は以下のとおりです。

試験科目一覧
□ 社会・環境と健康
□ 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち
□ 食べ物と健康
□ 基礎栄養学
□ 応用栄養学
□ 栄養教育論
□ 臨床栄養学
□ 公衆栄養学
□ 給食経営管理論

4年制の大学などの管理栄養士養成コースに進んだ人は、試験対策のカリキュラムが設けられている場合がほとんどです。

授業をしっかり受講し、内容を理解し、ヌケモレのないように勉強することが合格への近道となるでしょう。

ただ、実務経験を経ての受験となると、働きながら勉強しなくてはならない点がネックになるかもしれません。
仕事の時間と勉強時間を上手にすり合わせ、学習計画を立てましょう。

新しい制度や調査結果などは出題傾向が高いとされているため、チェックしておくことがポイントです。
過去問を解いたり、模擬試験を受験したり、対策講座を受講するといった試験対策を立てましょう。

栄養士の活躍場所は保育・介護・医療の領域など多種多様

栄養士 活躍場所

栄養士は「栄養の指導」「食事の管理・提供」に関わる仕事をします。

以下が、代表的な栄養士の活躍場所です。

栄養士が活躍できる場所
保育園、幼稚園、学校、社会福祉施設、介護施設、児童福祉施設、保健所、病院、障がい者福祉施設、市町村の保険センター

給食の委託会社や、食品メーカー、飲食産業のメニュー開発・研究、一般企業の社員食堂などに就職する道もあります。

栄養士の資格は調理関係の仕事に就きたい人にオススメ!

栄養士は、保育園や学校、福祉施設、病院などでメニューを作成したり、調理を行ったりするのが主な仕事です。

そのため、調理をしたり、メニューを作ったりする仕事をしてみたい人は、調理とメニュー作成の経験が求められる職場に就職するときに、資格がアピールの材料になります。

大量調理の経験が求められる求人もあるので、経験がプラスに働く可能性もあります。

栄養士は、ひとりひとりに合わせたメニューを別々に調理して提供するというよりは、各施設で同じメニューを施設利用者全員に提供する仕事でもあります。

老若男女問わず栄養のサポートをしたい人や、おいしくて栄養バランスの整った食事を提供することで誰かに喜んでもらいたい人は、栄養士の資格がピッタリかもしれません。

私生活でも栄養士の知識は活かせる!

栄養士の資格は、仕事以外にも活かせます。

普段の食事を作るときに、栄養学や調理の知識と経験を活かしてバランスのよいメニューを食卓に並べることも可能です。

スーパーで何気なく買い物をするときにも、食品表示や野菜の生産地を見ることで栄養素や栄養バランスを理解したり、品質を見極めたりすることもできます。

子どもが産まれたときや、友達と手作りのものを持ち寄ってパーティーをするときなど、誰かのために料理を作るときにも勉強したことは活きるでしょう。

栄養管理に長けた管理栄養士の職場は?

管理栄養士の職場も、栄養士と重なる部分はたくさんあります。

とはいえ、管理栄養士は栄養士と比べて活躍できるフィールドがもう少し広いようです。

医療現場

医学的な知識も求められる管理栄養士は、医療の現場で働くことができます。

患者さんひとりひとりの病気やケガの状態をチェックし、体調に合った栄養指導、栄養管理を行い、「医療チームの一員」として医師、看護師、薬剤師と一緒に働くこともあります。

介護施設

設利用者の食事を管理し、体重、食事をする時の姿勢、口の中の状態をチェックするなど、利用者の「食事のクセ」なども見ます。

介護職員や歯科医師と相談することもあるため、医療の現場と同じように、チーム一丸となって利用者を栄養面から支えます。

研究

大学で調査や実験を行う「研究職」に進む道もあり、教職員になる管理栄養士もいるようです。

食事と健康に関する科学的なデータを導き出すことで、健康に役立つ情報を発信します。
研究者として食品企業に就職し、商品を開発する人もいます。

スポーツ業界で栄養管理

スポーツ選手の体づくりをサポートする働き方もあります。

「公認スポーツ栄養士」という資格もあるほど、スポーツと栄養学との関わりは濃いものです。

トップアスリートを栄養面から支える仕事に就きたい方は、スポーツ分野で活躍する管理栄養士を目指すとよいかもしれません。

社員食堂、フリーランス、イベント企画……活躍の方法はさまざま

社員食堂で働き、働く人たちのためのメニューを考え、健康管理をサポートする管理栄養士もいます。

フリーランスとして執筆や講演を行ったり、イベントを企画したり、健康相談に乗ったりするなど、あえて特定の“職場”にとどまらない働き方も可能です。

管理栄養士の資格を取得するとどんなメリットがある?

管理栄養士は、栄養士よりも専門的な知識をつける必要がある資格ですので、難易度も高いです。
人体の「栄養管理」を行うため、責任も重い仕事となります。

ウーモア編集部から生涯学習のユーキャンに問い合わせたところ、管理栄養士の資格を持っていると、就職や転職の際は以下の点がアピールポイントになると推測できるそうです。

管理栄養士の資格がアピールポイントになる理由
□ 栄養士よりも専門性が高い知識を持っており、難易度の高いレベルの資格を持っている人だという証明になる
□ 管理栄養士は栄養士を管理する立場に置かれる仕事なので(大体の職場では多数の栄養士に対して管理栄養士がひとりというパターンが多い)、スタッフの管理経験があることをアピールできる
□ 栄養士資格も持っているため、栄養士としても働くことができる

栄養士の将来性はどうなる?ニーズは高い資格?

上記で紹介してきたように、栄養士が活躍できるフィールドは幅広く、栄養士個々に求められるスキルや役割なども拡大しつつあります。

栄養に関する正しい情報の提供、体づくりのサポートなどを、老若男女・年齢問わず実行できる知識と経験が必要とされているのが現状です。

学校、介護施設、企業など、集団で生活を送っている場所に所属する場合は、それぞれの集団が抱える食の問題・課題(やせすぎ・栄養バランスの乱れ・アレルギーなど)が解決できる給食の提案スキルも求められるでしょう。

医療の現場であれば、患者さんの病状や食の好みに合わせた給食を提供する必要もあります。

保育園や学校などの教育機関で、「食育」を啓蒙することもあります。

保健所で地域住民に対して食生活に関するアドバイスを行うなど、「栄養の指導」や「食事の管理・提供」を行う場面は多岐に渡ります。

栄養バランスを考えた食事をたくさんの人々に提供したり、栄養指導をしたりする機会があるところには、必ずニーズがある資格・仕事であると推察できますね。

一方の管理栄養士のニーズの高さは?厚生労働省の資料から解説

管理栄養士は栄養士と比べて取得の難易度が高いことから、免許を持っている人が少ない点も特徴です。
その観点からいえば、希少価値がある資格だといえます。

厚生労働省が発表している栄養士・管理栄養士免許の交付数を見てみましょう。

年度 栄養士免許の交付数
平成24年 18,012
平成25年 18,567
平成26年 19,090
年度 管理栄養士免許の交付数
平成24年 10,351
平成25年 7,838
平成26年 10,216

 
◆参考:厚生労働省「管理栄養士・栄養士免許交付数」

データが示しているように、栄養士と比べて管理栄養士の免許を持っている人の方が、たしかに少ないようです。

こうした理由から、管理栄養士は難易度の高さも手伝って「評価が高い」資格といわれており、就職・転職する際は一定の信頼を得られる資格とみなされる傾向があります。

資格手当があったり、お給料が上がったりと、待遇がよい職場もあります。

栄養士と管理栄養士に共通して求められるスキルは「コミュニケーション能力」

公益社団法人日本栄養士会のホームページには、栄養士・管理栄養士を目指す人に向けて、先輩栄養士・管理栄養士の生の声が載っています。

それによると、ほとんどの栄養士・管理栄養士の方が「身につけるべきスキル」として、「コミュニケーション能力」をあげています。

◆参考:公益社団法人日本栄養士会「管理栄養士・栄養士のための『就職前セミナー』」

さきほど見てきたように、栄養士・管理栄養士の職場では、人と関わる場面が多いですよね。

人の体調は日々変わるものです。
医療の現場、介護の現場など人の命に関わる現場で、栄養管理をする人たちと日ごろからたくさんコミュニケーションを取っていれば、体調のささいな変化などに気づけるかもしれません。

「チーム」で行う仕事や職場を選んだ場合は、「協働」も重要になってくるので、高いコミュニケーションスキルは身につけておいて損はなさそうですね。

学費は私立と国公立によって目安が異なる

栄養士 学費

全国栄養士養成施設協会に問い合わせたところ、栄養士の養成施設にかかる学費は学校によって異なるというのが一般的な見方ということでした。

私立の場合は入学時に100万円前後かかるところが多く、国公立はその半額である50万円程度かかるのが目安だといわれています。

最短で卒業できる2年制の短大・専門学校の場合は、200万円から300万円程度が目安です。

教科書以外の備品として、学生が自ら購入する必要がある物もあります。
白衣、実験器具、包丁など、入学にあたって入り用な物を買いそろえることも鑑みたうえで、総合的な学費が決まってきます。

栄養士になるルートは多様な分、一概に学費を特定するのは困難です。
そのため、まずはある程度、「どの学校に入学したいか」目星をつけておきましょう。

学費について、入り用となる備品も含めた総合的な費用を詳しく調べるとき、一番確実な方法は、目星をつけた学校の窓口に問い合わせることが重要です。
あるいはホームページを見たり、パンフレットを確認したりする方法も有効でしょう。

食・フード関連の資格・講座・スクールを探す

まとめ

まとめ

栄養士の資格を取得する方法や、活躍場所、上級資格である管理栄養士に関する情報も紹介しました。

●食を通じて人々の健康を守りたい
●食・栄養に関する知識が求められる現場で働いてみたい
●食べることが大好きで食に関する資格や仕事を探している

そんな人は、栄養士・管理栄養士になるという道も検討してみてはいかがでしょうか。

記事内でも紹介したウーモアの姉妹サイト『栄養士のお仕事』では、「お仕事Magazine」という栄養士に関連した記事を掲載するメディアを運営しています。

栄養士・管理栄養士に興味を持った方は、「お仕事Magazine」もチェックしてみてくださいね。
栄養士のお仕事「お仕事Magazine」

栄養士の資格を足がかりに管理栄養士の資格を取りたい方向けに、「食」に関する国家資格の情報をまとめました。
管理栄養士や調理師に関すること、国家資格を取るメリットなどを知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

調理師 管理栄養士 国家資格 解説

活躍の場が無限大!食の2大「国家資格」のメリットと仕事内容【調理師・管理栄養士】

2018年5月11日

参考


『2019年版資格取り方選び方全ガイド』(2019年,高橋書店,高橋書店編集部)
公益社団法人 日本栄養士会「栄養で、世界は変わる。」(2018年2月21日,https://www.dietitian.or.jp/students/pdf/guide2017a.pdf)
公益社団法人 日本栄養士会「管理栄養士・栄養士を目指す方へ」(2018年2月21日,https://www.dietitian.or.jp/students/dietitian/)
全国栄養士養成施設協会‐栄養士・管理栄養士をサポート「栄養士になるには」(2018年2月21日,https://www.eiyo.or.jp/about/howto01.html)
全国栄養士養成施設協会‐栄養士・管理栄養士をサポート「管理栄養士になるに」(2018年2月21日,https://www.eiyo.or.jp/about/howto02.html)
大学・専門学校の【スタディサプリ 進路】「栄養士になるには」(2018年2月21日,https://shingakunet.com/bunnya/w0036/x0494/)
東京都福祉保健局「栄養士・管理栄養士免許」(2018年2月21日,http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kenkou/kenko_zukuri/ei_syo/menkyo/index.html)
全国栄養士養成施設協会‐栄養士・管理栄養士をサポート「国家試験科目」(2018年2月21日,https://www.eiyo.or.jp/about/howto02/examanation.html)
厚生労働省「管理栄養士国家試験」(2018年2月21日,http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/kanrieiyoushi/

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、media@hoiku-me.comまでどうぞ。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪