仕事に活かせる!家庭料理技能検定 合格へのテキストも紹介

家庭料理技能検定 試験概要 仕事 教材

皆さんが人生でもっとも多く口にする「家庭料理」。

そんな家庭料理にも資格が存在するのはご存じですか?

それが「家庭料理技能検定」です。
日本の食文化や栄養学、調理の基本など、あなたの食生活を豊かにする食の資格のひとつです。

家庭料理技能検定は、古くは「女子栄養大学調理技術検定」という名称でした。

現在は家庭料理技能検定として、文部科学省や農林水産省・厚生労働省などの後援も得ています。

この記事では、家庭料理技能検定の概要から、筆記および実技試験の傾向、そしてオススメのテキストまでご紹介します。

家庭料理技能検定とは?

家庭料理技能検定とは

家庭料理を通じ、料理の知識と技能を学べる資格が、家庭料理技能検定です。

試験では、栄養面だけでなく、味や見た目の美しさなど、さまざまな面から家庭料理についての正しい知識・技能が問われます。

料理に自信のある方は、腕前がさらに磨かれ、食に携わる仕事をしている方はスキルアップに役立つかもしれません。

家庭料理検定の門戸は広く、レベルによっては小学生や中学生を対象にしているものもあります。
お子さんと食について一緒に考えたい方や、食育について学びたい方にもオススメです。

家庭料理技能検定は、仕事に繋げることもできる!

家庭料理技能検定は、スキルアップなど、仕事でも役立つ資格です。

家庭料理技能検定の公式サイトにある「合格者の声」には、栄養士や管理栄養士の方が家庭料理技能検定を取得し、仕事に活かしている例も掲載されています。

そのほかにも、栄養の知識だけではなく、たしかな「調理技術」も備えていることを証明するために受験した方や、調理技術の不足を解消するために検定を目指した方などもいます。

家庭科の先生が、よりよい調理実習を実践するため、調理指導に自信をもつため、食育の啓蒙のためといった理由で受験するケースもありました。

介護士として料理をする機会が多く、後輩介護士の調理指導に課題を感じたことがきっかけで、検定にチャレンジした人もいました。

調理を理論的・体系的に学んだことで、感覚に頼らず、理論に基づいた調理方法を習得することができたそうです。

培った食の知識や調理技術を普段の業務、家庭以外の場面にも活かせるのは、この資格のメリットでしょう。

家庭料理技能検定の試験概要

家庭料理技能検定 試験概要

平成30年度(2018年)時点で、家庭料理技能検定のレベルは5級〜1級の6段階に分けられています。

隣り合う級(5級と4級や3級と2級など)であれば、併願受験が可能です。

級にかかわらず、筆記試験の領域は以下のふたつ。

食生活と栄養

調理と衛生

合格の基準は、60%以上の正答率です。

5級と4級は筆記試験のみですが、それ以降の級には実技試験が設けられています。

資格取得のためには、知識だけでなく実技を磨くことも重要です。

5級

5級は主に小学生を受験対象としていますが、社会人でも受けることができます。

試験の範囲は、「食生活と栄養」と「調理と衛生」です。
それぞれの領域から各25問、計50問が出題されます。

初歩的な内容が多く取り上げられているので、自信のない方は5級から始めるのがよいかもしれません。

合格率も高く、平成29年度(2017年)度の合格率は第1回が100%、第2回が96.2%でした。

試験は筆記のみで、出題方式は二者択一のマークシート方式となっています。

審査基準は、「食事の役割を理解し、健康で安全な食生活の基礎を知っている」こととされています。

5級の筆記試験の内容は以下のとおりです。

領域 内容 出題範囲
食生活と栄養 日本の食文化を知っている 食事の役割
食卓のととのえ方
 主食、主菜、汁物の盛り付け
 一汁二~三菜の並べ方
楽しく食事をするためのマナーを知っている 食事のマナー
 食事のあいさつ
 箸や食器の持ち方
自分の体に必要な栄養を理解し、何を食べればよいかを知っている 5大栄養素とその特徴
食品の分け方
 三色食品群
規則正しい食事
1食分の食事
調理と衛生 調理のための準備の仕方を知っている 身支度・手洗い
材料の準備の仕方を知っている 調理器具
 計量スプーン、カップ、はかり、包丁、まな板、布巾、洗剤 加熱器具 他
食品
 米、肉、魚、卵、野菜、芋、果物 他
 部位、鮮度の見分け方、洗い方、計量の仕方
食品の表示
 賞味期限、消費期限
基本的な調味料を知っている 調味料の種類と役割
初歩的な料理の作り方を知っている 切る、むく、ゆでる、炒める
ごはんとみそ汁を中心とした料理を知っている ごはん、みそ汁とだし
単品の調理
 野菜、芋、卵
 日本茶のいれ方

◆引用元:家庭料理技能検定「料検」 公式サイト「審査基準/試験内容/出題範囲」

5級は実技がないため、まずは筆記で様子を見たい方にもオススメです。

小学生から対象になっているので、親子でチャレンジしてみると、お子さんと一緒に勉強を楽しめるかもしれませんね。

5級 試験概要
□ 試験時間:45分
□ 問題数:50問
□ 試験会場:全国90ヶ所
□ 試験回数:年2回
□ 受講費用:2,000円

4級

4級の受験対象は主に中学生となっており、出題数は60問と、5級よりも10問多くなっています。

5級同様、マークシート方式・二者択一の筆記試験です。

試験時間も変わらず45分ですので、時間配分に注意する必要があるでしょう。

審査基準は「食事の基礎を理解し、健康で安全な食生活の仕方を知っている」こととされており、以下のような内容が出題されます。

領域 内容 出題範囲
食生活と栄養 日本の食文化を知っている 食事の役割
食卓の整え方
 主食、主菜、副菜、汁物の盛り付け
 一汁二~三菜の配膳 食材の旬
楽しく食事をするための工夫を知っている 食事のマナー
 箸や食器の持ち方
 一尾魚の食べ方
自分の体に必要な栄養を理解し、何を食べればよいかを知っている 5大栄養素・水・食物繊維とその特徴
食品群の区分(食品の分類)
 六つの基礎食品群
規則正しい食事
1日分の食事
調理と衛生 調理のための準備の仕方を知っている 身支度・手洗い
材料の準備の仕方を知っている 調理器具
計量スプーン、カップ、はかり、包丁、まな板、布巾、洗剤、加熱器具 他
食品
米、肉、魚、卵、野菜、芋、果物、加工食品 他
 部位、鮮度の見分け方、洗い方、計量の仕方、保存の仕方
食品の表示
 賞味期限、消費期限
基本的な調味料を知っている 調味料の種類と役割
基本的な調理法を知っている 切る、むく、ゆでる、煮る、炒める、焼く
複数の食品の調理
 米、肉、魚、卵、野菜、芋
 お茶の種類と入れ方
料理の保存

◆引用元:家庭料理技能検定「料検」 公式サイト「審査基準/試験内容/出題範囲」

内容は5級と似ているものの、より細かい内容が出題されています。
しっかり勉強しておく必要があるでしょう。

平成29年度(2017年)度の合格率は、第1回、第2回とも100%と高いため、5級や3級と併願受験するのもひとつの手です。

4級 試験概要
□ 試験時間:45分
□ 問題数:60問
□ 試験会場:全国90ヶ所
□ 試験回数:年2回
□ 受講費用:3,000円

3級

3級は、高校生や大学生・専門学校の1年生などを受験対象にしています。
3級以降は筆記試験だけでなく実技試験も行われるため、両方の対策が必要となります。

実技試験の合格基準は、各領域および各出題で、60%以上の正答が必須です。

3級の実技試験は基礎技術と調理技術の2領域から各1問ずつ出題されます。
問題内容は事前に公表されるため、対策が打ちやすいといえるでしょう。

平成29年度(2017年)度の合格率は、以下のようになっています。

第1回 第2回
筆記 91.7% 87.4%
実技 96.2% 97.2%

主に大学生以上を対象とした3級以上の級の中では、比較的合格率が高いのが特徴です。

2級以降を受けようと思っている方で、実技試験に不安を覚える方は、3級から腕試ししてみるのもよいかもしれません。

審査基準は、「健康で安全な食生活で求められる知識をもって、初歩的な「切る」、「むく」および、基本的な日常の料理を作ることができる」ことです。

筆記試験の問題数は4級と同じく60問です。

ただし、三者択一となるため、事前に過去問などで時間配分を考えておく必要があるでしょう。

それぞれの出題範囲は以下のとおりです。

筆記試験

領域 内容 出題範囲
食生活と栄養 日本の食文化を理解している 季節の料理
盛り付け、配膳
自分の体に必要な栄養を理解し、何をどれだけ食べればよいかを知っている 栄養素の種類とその働き
食事バランスガイド
食品群の区分(食品の分類)
 4つの食品群
四群点数法
食品80kcal当たりの重量
 1日に必要な食品の目安量、食品の概量
  料理の一皿分の適量
1日分の献立作成
調理と衛生 料理の調理方法と調理操作の意味を理解している 切る、生、ゆでる、煮る、蒸す、焼く、炒める、揚げる、炊飯、だしのとり方
調理器具の扱い方、加熱調理機器の特徴
食品の基本的な調理による変化を理解している 穀類、肉類、魚介類、卵、乳・乳製品、野菜類、芋類、果物、油脂類 他
基本的な料理の調味を理解している 調味の割合(必要な調味料の計算、計量の仕方)
食品の安全・安心のための基本的内容を理解している 食中毒の原因と予防
食品の表示
 賞味期限、消費期限
環境に留意した調理

実技試験

基礎技術 「切る」「むく」が一定時間内にできる 皮むき 輪切り うす切り せん切り みじん切り
調理技術 日常の食事に必要な単品の調理ができる 基本的な単品の調理
 調味料の計量、火加減
 彩り、味付け、盛り付け
 衛生的な調理
だしのとり方

◆引用元:家庭料理技能検定「料検」 公式サイト「審査基準/試験内容/出題範囲」

3級 試験概要
□ 試験時間:筆記/45分 実技/基礎技術 3〜5分、調理技術 15分~20分 
□ 問題数:筆記/60問
□ 試験会場:全国90ヶ所
□ 試験回数:年42回(筆記/2回 実技/2回)
□ 受講費用:筆記試験/4,000円 実技試験/5,500円

2級

2級は食物系の大学や短大生、専門学校生の1〜2年生程度を受験対象にした問題が出題されます。

審査基準および出題範囲は以下のとおりです。

これまでの級以上に、専門的な内容となっています。

2級の審査基準は、「健康で安全な食生活で求められる専門的な知識をもって、「切る」、「むく」、「魚をおろす」および、日常の料理を作ることができる」ことです。

筆記試験

領域 内容 出題範囲
食生活と栄養 日本の食文化と料理の特徴を理解している
ライフステージごとの栄養を理解している
季節の料理と行事食
ライフステージごとの栄養の特徴
 何をどれだけ食べたらよいか
生活習慣病と食事の関係を知っている 生活習慣病の発症に関わる食事の特徴と栄養素の働き
食事バランスガイド
四群点数法
食品の1日分の分量
1日分の献立作成
調理と衛生 調理学の基礎的内容を理解している 食品の特徴と調理上の変化
切る、生、ゆでる、煮る、蒸す、焼く、炒める、揚げる、炊飯、だしのとり方
調理器具の扱い方、加熱調理機器の特徴
食品の基本的な調理による変化を理解している 穀類、肉類、魚介類、卵、乳・乳製品、野菜類、芋類、果物、油脂類 他
調味を理解している 調味のタイミング
調味の割合(必要な調味料の計算、計量の仕方)
食品の安全・安心のための基礎的内容を理解している 食中毒の原因と予防、対処方法
食中毒を起こすウイルス、細菌の名称、原因物質名
食品の表示
 アレルギー表示、賞味期限、消費期限等
環境に留意した調理

実技試験

基礎技術 「切る」「むく」「魚をおろす」などの技術が身についている せん切り、皮むき、魚の下処理(つぼ抜き、三枚おろし[手開き、大名おろし])
調理技術 日常の食事に必要な調理ができる 複数食材(下処理含む)の調理
自分の食事(一食の献立)を作ることができる 指定された材料と調理法による肉・魚料理等

◆引用元:家庭料理技能検定「料検」 公式サイト「審査基準/試験内容/出題範囲」

実技試験は基礎技術と調理技術の範囲から、それぞれ2問ずつ事前に出題され、その中の1問が試験として採用されています。
どちらが採用されるかは、当日にならないとわかりません。

どちらもしっかり対策しておくことが必要でしょう。

合格率は筆記が95.8%、実技が82.1%です。

2級以降は、検定日が年に1回となります。

落ちてしまうと次の年までチャンスがないため、筆記・実技ともに対策を怠らないようにしましょう。

2級 試験概要
□ 試験時間:筆記/45分 実技/基礎技術 5分~10分、調理技術 15分~20分 
□ 問題数:筆記/60問
□ 試験会場:全国90ヶ所
□ 試験回数:年1回
□ 受講費用:筆記試験/5,000円 実技試験/7,000円

準1級

準1級では食物系大学や短大生、専門学校生の2年生程度を受験対象にしています。

特徴的なのは、実技試験の合格率がぐんと下がることです。

平成29年度(2017年)度の筆記試験の合格率は89.1%ですが、実技試験は13.2%と、筆記試験に受かってもほとんどの人が実技に合格できない状況になっています。

実技試験は事前に3問が公表され、そのうち基礎技術は2問、調理技術は1問出題されます。

審査基準にも「高度な知識をもって」と記されていることから、知識はもちろん、高い技術力も必要になる級です。

この準1級から、とくに実技試験対策に力を入れる必要があるでしょう。

筆記試験および実技試験の出題範囲は以下のとおりです。

筆記試験

領域 内容 出題範囲
食生活と栄養 日本の食文化を理解し、供食の条件等について知識がある 食事のマナー、盛り付け、配膳
  季節の料理 食材の旬
行事食
対象者に応じた食事を計画できる 食品の栄養素とのその働き
ライフステージ別の食事計画
生活習慣病予防の食事計画
家族のお祝いの食事計画
アレルギー対応食
調理と衛生 調理学、食品学を理解している 各調理法の特徴、食品の調理上の変化、食品加工、調理器具
保健機能食品等
調味を理解している 調味のタイミング
調味の割合(必要な調味量の計算、計量の仕方)
食品衛生学を理解している 食中毒、食品添加物、保存
食品の表示(遺伝子組換え表示等)

実技試験

基礎技術 「切る」「むく」「魚をおろす」などの完成度の高い技術が身についている せん切り、かつらむき、魚の下処理(三枚おろし、イカの下処理と切り方)
調理技術 家族等の日常の食事1食分を作成できる 対象者、季節に合わせた日常の主菜・副菜の調理
指定された材料と調理法による料理を取り入れた日常の献立調理

◆引用元:家庭料理技能検定「料検」 公式サイト「審査基準/試験内容/出題範囲」

筆記試験では、「調理と衛生」の科目で、食品衛生学などの知識が新たな出題範囲となっています。
調理に関する技術的なこと以外のポイントもチェックしておきましょう。

実技試験では、魚の下処理が加わり、より難しい技術が必要とされます。

事前に公表された問題だけでなく、過去問などを見ながらしっかりと対策を講じるのがよいでしょう。

準1級 試験概要
□ 試験時間:筆記/60分 実技/基礎技術 1問につき7分~10分、調理技術 40分~80分 
□ 問題数:筆記/60問
□ 試験会場:筆記/全国90ヶ所 実技/東京・大阪など7ヶ所
□ 試験回数:年1回
□ 受講費用:筆記試験/6,000円 実技試験/8,500円

1級

1級は食物系大学卒業程度の知識や技術が必要となる、もっとも難関な級です。
また、準1級を取得していることが受験の条件です。

平成29年度(2017年)度の実技試験の合格率は16.7%。

数字だけを見ると準1級よりも高いですが、受験者がわずか14人ですので、数字以上に難しい試験だといえるでしょう。

準1級の審査基準は「目的に応じた献立・調理ができる」ことでしたが、1級では「課題に応じた献立・調理が創作できる」こととされています。

技術力はもとより、創作性も必要とされるのです。

出題範囲は以下のとおりです。

筆記試験

領域 内容 出題範囲
食生活と栄養 日本の食文化を伝えることができる 食事の歴史、供食形式、マナー
季節の料理と行事食、郷土料理など
対象者に応じた目的別の食事計画を教えることができる ライフステージ別の食事計画
生活習慣病予防の食事計画
もてなしの食事計画
調理と衛生 日本料理、西洋料理、中国料理の特徴を理解している 和・洋・中等の調理上の特徴、および代表的な料理
栄養・食情報について理解している 現代における栄養・食に関する情報
食品、料理、調理機器
外食と中食
日常からもてなしまでの家庭料理を教えることができる 指定された料理の作り方
もてなし料理(和・洋・中および折衷料理等)
衛生と安全を考えた調理

実技試験

基礎技術 準1級取得者を1級の受験資格とするために実施せず
調理技術 対象者に応じた目的別の食事を作ることができる 指定された材料と調理法による料理を取り入れた、もてなしの献立調理の作成

◆引用元:家庭料理技能検定「料検」 公式サイト「審査基準/試験内容/出題範囲」

筆記試験では、日本料理など各カテゴリの料理の特徴や、もてなし料理についての知識が問われます。

実技試験には基礎技術はありません。
調理技術のみが試験範囲です。

事前に3問出題され、そのうち1問が試験問題として採用となるため、創作性という点も踏まえながら対策を行いましょう。

1級 試験概要
□ 試験時間:筆記/60分 実技/調理技術 80分 
□ 問題数:筆記/60問
□ 試験会場:筆記/全国90ヶ所 実技/東京
□ 試験回数:年1回
□ 受講費用:筆記試験/7,000円 実技試験/10,000円

勉強にオススメのテキスト

家庭料理技能検定 テキスト オススメ

各級の対策にオススメなのが、テキストの活用です。

ここでは人気の対策テキストを、それぞれの級ごとにご紹介します。

家庭料理技能検定公式ガイド5級

イラストや表が多用された、わかりやすいテキストです。

小中学生を対象にしていることもあり、難しい漢字や専門用語があまり使われていないのがポイントとなっています。

5級には実技試験はありませんが、皮のむき方などの実技的な内容もイラスト付きで解説されています。
そのため、今後上位の級を受けたい方も参考にできるテキストといえるでしょう。

家庭料理技能検定公式ガイド4級

こちらもイラストや図表が多用された、わかりやすい内容のテキストです。

5級で学んだ内容を前提に書かれているので、4級から試験を受ける場合は5級のテキストと合わせて購入すると、理解が深まるでしょう。

実用的な内容も多く盛り込まれているので、普段の調理や料理に活かせる知識・技術を得たい方にもオススメです。

家庭料理技能検定公式ガイド3級

筆記試験だけでなく、実技試験対策も盛り込まれた公式ガイドです。

平成29年度(2017年)より大幅に変更された出題傾向に沿った内容となっています。

これまでのテキストに比べて文章量は多めですが、文章だけではわかりにくい部分などが、イラストや図表で補われています。

実技試験対策の章では、練習問題が盛り込まれています。
食材の切り方などが写真つきで詳しく解説されているので、読みながら実際に手を動かして練習できるでしょう。

家庭料理技能検定公式ガイド1級・準1級・2級 筆記試験編

2級から1級までの筆記試験に特化した公式ガイドです。

各級の目標に沿って作られているので、これ一冊で筆記試験の対策が十分できる内容となっています。

わかりにくい内容は図表で紹介されています。
また、各級の学習内容の違いが分かるように記載されているので、ひとつの級だけを受けたい方にもオススメのテキストです。

家庭料理技能検定公式ガイド1級・準1級・2級 実技試験編

2級から1級までの実技試験に特化した公式ガイドです。

実技試験対策は、自分ひとりではなかなか対策を練ることができないもの。
また、合否のポイントも把握することが難しいですよね。

しかし、このテキストには合否のポイントが明記されているので、調理の専門学校などで本格的な調理の学習をしていない方にはとくにオススメです。

合格のためにどんな練習をすべきか、といったトピックもわかりやすく解説されています。

準1級以降は実技の合格率が極端に低いため、このテキストでしっかり対策しておくのがよいでしょう。

家庭料理技能検定に合格できちゃうクッキング本

「家庭料理技能検定に合格できちゃうクッキング本」は、4級と3級の対策を同時にできる問題集です。

「読んで楽しいクッキング本」がコンセプト。
問題はすべて穴うめ形式で出題されています。

公式テキストではありませんが、4級・3級に合格するためのポイントが詰まった一冊です。

料理の基礎知識はもちろんのこと、調理法別のレシピが40個も載っているうれしい特典つきです。
普段の料理にも活用できるでしょう。

摂取カロリーをコントロールする『四群点数法』や『調味パーセント』という味付けに関するノウハウなど、独自の調理方法論が掲載されている点も特徴です。

過去問題集を使って合格に一歩近づく!

公式ガイドからは、過去問題集も発売されています。

収録内容は、1級から5級までの過去問です。
隣り合う級を受けたい方は、これ一冊で過去問の対策ができそうですね。

学習の密度を高め、より確実に合格に近づきたい方は、過去問題集も使ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

家庭料理技能検定 まとめ

家庭料理技能検定は、小学生から社会人、料理初心者から上級者まで、料理に関心のあるすべての人が受験できる門戸の広い資格です。

知識だけでなく、技能も習得できるので、料理に自信のない方にもオススメの資格といえるでしょう。

料理は、できることが増えれば増えるほど、楽しみも増すものです。
資格取得を通じてたくさんの知識・技能を学び、料理の腕前を鍛えてみてはいかがでしょうか。

ウーモアでは、女性にオススメの資格講座や習い事を多数掲載中です。
「何か新しいことを始めたい」
「前から気になっていた○○っていう資格、思いきって取ってみようかな!」
「講座を受講して趣味を極めたい!」
など、気になる資格講座、習い事に関する資料を【無料】でご送付いたします。
少しでも資格講座が気になった方は、お気軽にウーモア編集部までお問い合わせください♪
あなたがなりたい自分になれますように。

参考


【家庭料理技能検定「料検」公式サイト】香川栄養学園(2018年4月18日,https://www.ryouken.jp/app_home.action)
女子栄養大学出版部(2018年4月18日,http://www.eiyo21.com/)
『2019年版資格取り方選び方全ガイド』(2019年,高橋書店,高橋書店編集部)

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

資格学習にはメルマガ登録がオススメ!

50,000人以上が購読するメールマガジンに登録しませんか?

・おすすめの資格講座に関する情報
・メルマガ読者だけの最新講座情報
を無料でお届けします。

メールアドレス


個人情報保護方針に同意して