幼児教育とは?学べる資格・スクール・開業など解説!

幼児教育早期教育。聞いたことはあっても、何をするのかよく分からない…という方は多いのでは。人間の脳は3歳までに約80%が完成するため、その間に良質な教育を受けられるか否かが、子どもの人生を大きく左右すると言われます。

それだけに、教育の担い手として正しい知識を持つことはとても大切。
今回は、幼児教育・早期教育の大切さや、家庭で実践できること、幼児教育について学べる資格・講座等を紹介します!

幼児教育とは

幼児教育とは
幼児教育とは、小学校入学前の子どもを対象とした教育で、家庭だけではなく地域社会や幼稚園そして保育所などで行われる教育を総称したものです。

幼児期というのは、生涯にわたる人間性の基礎を形成する大切な時期であり、生活や遊びを通して直接的・間接的な経験を重ね、知的な発達や豊かな情緒を育むことが重要です。

幼児教育の意義

幼児教育の目的は、生涯にわたる学習の基礎を築くだけではなく、目先の成長にとらわれず後のびする力を培うこと。
学習意欲や学習態度のベースを幼児期に育むことで、スムーズに学校教育へ移行することができるだけでなく、主体的に学習や活動をしていくことができる意欲や関心を高めます。

学校教育の始まりとして幼児教育をとらえれば,幼児教育は,知識や技能に加え,思考力・判断力・表現力などの「確かな学力」や「豊かな人間性」,たくましく生きるための「健康・体力」から成る,「生きる力」の基礎を育成する役割を担っている。
◆引用元:文部科学省「子どもを取り巻く環境の変化を踏まえた今後の幼児教育の方向性」

文部科学省では上記のように、学習する能力に加えて人間性や体力など人として生きていく上での基礎を育てる教育として位置づけています。

幼児教育の注意点

幼児教育では、単に教育を行うだけではなく、子どもの成長にあわせた教育を行うことが大切です
。そのためには、保育士や幼稚園教諭など「教育者」の立場の方だけでなく、家庭教育を担う保護者も正しい知識を得ることが必要。

1日1日の変化が大きな子どもの成長に関心を持ち、適切な教育を行えるように学ぶ姿勢が求められます。

早期教育とは

早期教育とは
幼児期、とくに3歳までの脳は目覚ましく発達を遂げることが知られています。早期教育は、この時期に適切な教育を行うことで、右脳の発達を促すことを目的とした教育のことです。

早期教育の意義

3歳頃までに脳に与えられる刺激が脳の働きに大きく影響すると言われています。
さらに2歳よりも1歳、1歳より0歳、0歳より胎児というように教育を始める時期が早ければ早い程、天才児になる確率は高くなっていきます。
◆引用元:All About「早期教育のメリット・デメリット」

もちろん天才児の育成を目指さないまでも、子どもに正しい教育を行い、脳の働きを促すことは、乳幼児期だけでなくその後の教育への移行の観点からも意義があることでしょう。
脳の働きを良くする=脳のシナプスの形成を促すことは、例えば第二外国語の習得など多彩な面でプラスになるとも言われます。

早期教育の注意点

早期教育ではしばしばカード教材などを使用しますが、一方通行のインプット教育は子どもが情緒不安定になるケースも。
パターン化された教育は受け身で学習を行うことになるので、自立心が抑圧されてしまう懸念があります。
また、未成熟の脳に情報をおくりすぎると、成長後の学習のために残しておかなければならない領域まで使ってしまうのでは?という指摘もあります。

効果的な早期教育を行うには、幼児教育と同じく、子どもの発達に合わせ適切な刺激を行うことが重要です。
楽しみながら取り組むことで、将来の学習の基礎も作れます。無理強いや過度につめこむことをせず、友達や家族で遊ぶ時間も大切に。
多彩な体験が好影響を与えます。

幼児教育・早期教育、学んでみよう!

幼児教育・早期教育を学ぼう

幼児教育・早期教育を学ぶメリット

幼児教育・早期教育を学ぶと、脳科学心理学といった科学的な観点で子どもの言動を捉えることができます。

「なぜ泣くの?」「寝てくれない…」「どうしたら言うことを聞いてくれるの?」こんな悩みに科学的な根拠で解決策が示されるので、必要以上に子どもの言動にとらわれ、自分を責めることなく子どもと接するようになれるでしょう。

幼児教育・早期教育はこんな方にオススメ

幼児教育・早期教育は、子どもの保護者だけでなく、保育士や幼稚園教諭、看護師など子どもと接する仕事を持つ方にも役立つ知識です。子どもの脳・心の知識を学ぶことで、子どもの言動の背景が分かるようになるため、下記のようにすぐに仕事に活かせるでしょう。

1.子どもの個性や成長に応じて、適切な接し方ができる

2.子どもたちの才能をより引き出してあげられる

3.子どもの保護者やママ友にも実践的なアドバイスができる

幼児教育・早期教育で実を結ぶためには

注目したいのが、以下のポイントです。

加えて,近年の子どもたちは,多くの情報に囲まれた環境にいるため,世の中についての知識は増えているものの,その知識は断片的で受け身的なものが多く,学びに対する意欲や関心が低いとの指摘がある。
◆引用元:文部科学省「子どもを取り巻く環境の変化を踏まえた今後の幼児教育の方向性」

情報化社会が加速するにつれ、自発的に学ぶ姿勢が欠けていくという問題点が指摘されています。
核家族化が進み、人間関係の希薄化が社会問題として取り上げられている昨今。こうした問題点を解決するためには、家庭・地域社会・教育機関が一丸となって取り組みをしていく必要があります。

幼児教育・早期教育を正しく学ぶには?

専門のスクール・講座で学べる!

幼児期の教育がその子の人格形成・人生を左右する… そんな責任重大の幼児教育・早期教育を提供するには、最新かつ正確な知識をベースにしたいもの。書籍で勉強する方法もありますが、民間のスクールや講座で学ぶという選択肢もあります。認定資格を開催している講座や、就業・開業支援を行っている所もあるため、幼児教育・早期教育の講師として活躍する道も。
体系だった勉強方法でプロから直接正しい知識を学んだり、一緒に楽しみながら勉強できる仲間が増えたりと、独学では得られない体験ができるはず。ぜひ講座の受講も検討してみてください。
幼児教育の資格講座は、ウーモアにも掲載されています。こちらから「幼児教育講座」の詳細が確認でき、無料で資料請求もできます。

家庭でできる幼児教育

家庭でできる幼児教育

脳の活性化を促す遊び

手を使うことは、脳に良い刺激を与えるだけではなく、脳の活性化を促すと言われています。例えば箸遣いの練習にもなる豆運びは、2つ並べた食器の片方からもう片方へと、豆を箸で一粒ずつつかんでいれる遊びです。また折り紙は、家庭だけではなく外出時の待ち時間や、電車での移動中にも手軽に取り組むことが出来ます。
「教育」と肩に力を入れて考えず、一緒に遊びを楽しむ中で、適切な刺激ができるように心がけましょう。

言葉遊び

しりとりお話しづくりなど、普段の生活でも取り入れやすい言葉遊びで、語彙力と国語力を鍛えることができます。絵本の読み聞かせを行っている家庭も多いのではないでしょうか。単に読むだけではなく、感想を聞いたり、一緒に続きを考えたり、コミュニケーションを取りながら楽しむのがお勧めです。

幼児教育・早期教育を学べる資格・講座

幼児教育・早期教育を学べる資格・講座については、こちらの記事で詳しく解説しています。

脳育ダンスインストラクター講座で学ぶダンスのメリットとは

2017.09.13

幼児教育・脳育の資格!脳育・手遊び歌インストラクター講座とは?

2017.09.06

人に教えたくなるたのまなの「親子で学ぶインド式計算講座」

2017.07.21

子どもの興味を認めて伸ばす!モンテッソーリ教育の資格とは

2017.03.23

乳幼児教育に携わりたい方へ!「知育」に関わるおすすめ資格3選

2017.03.07

幼児教育のおすすめ資格~乳幼児教育アドバイザーの資格と仕事~

2016.06.30

幼児教室の開業

幼児教育の開業については、こちらの記事をご覧ください。

幼児教室の先生になるには?開業や就職に役立つ資格もご紹介

2016.10.20

幼児教育・早期教育を学べる講座の取材レポート

受講するときに気になる、スクールの内容を編集部が取材してきました!
資料やパンフレットには掲載情報もあるかも?

学ぶほど育児が楽しくなる!「乳幼児教育アドバイザー」【ギフト教育ラボ】取材レポート

2016.07.22

「幼児教育」軽視の日本、将来が危ない!?【ギフト教育ラボ】取材レポート前編

2016.07.14

おわりに

幼児教育・早期教育まとめ
幼児教育・早期教育についてご紹介しました。ノーベル経済学賞を受賞したヘックマン教授は、著書『幼児教育の経済学』で、「5歳までの教育がやる気や忍耐力を伸ばす」と語ります。幼児期の教育が子どもの一生の核となる部分を形作りますが、与える刺激・勉強量が多ければ多いほど良いというわけではありません。大切なことは、正しい知識を持ち、子どもの成長や個性に合わせて適切な教育を行うこと。子どもと一緒に楽しみながら学んでいきたいですね。
幼児教育の資格講座は、ウーモアにも掲載されています。以下より「幼児教育講座」の詳細が確認でき、無料で資料請求もできます。

参考サイト

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/04102701/002.htm
http://allabout.co.jp/gm/gc/186577/
http://www.kubota-me.com/brain.html
http://allabout.co.jp/gm/gc/185360/

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

資格学習にはメルマガ登録がオススメ!

50,000人以上が購読するメールマガジンに登録しませんか?

・おすすめの資格講座に関する情報
・メルマガ読者だけの最新講座情報
を無料でお届けします。

メールアドレス


個人情報保護方針に同意して

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。