資格は必要?ヨガインストラクターになる2つの方法を徹底解説!

ヨガインストラクターになるには? 方法 資格

ベビーヨガ、マタニティヨガ、シニア向けヨガ、陰ヨガ、溶岩ヨガ…。

今やヨガは、特定のターゲット、趣向に絞られたものが次々と台頭しているほど、人気のフィットネスです。

ヨガが趣味で、ヨガについて専門的に勉強したい方、いずれヨガを教える立場になりたい方にとっては、「ヨガインストラクター」になる方法は気になるのではないでしょうか。

この記事では、ヨガインストラクターになる方法、仕事内容、そして収入についてまとめました。

ヨガインストラクターになるには?

ヨガインストラクターになるには?

ヨガインストラクターになるには、

養成スクールで技術や知識を学ぶ

通信講座で勉強して資格を取得する

以上の2つの方法があります。

ヨガインストラクターになるのに資格は必要?

ヨガインストラクターは、資格が絶対に必要な職業ではありません。
また、ヨガインストラクターの資格はすべて民間資格です。

しかし、ヨガインストラクターは人体や健康に関わる仕事です。
そのため、ときに人体の知識が求められることもあります。

本などを使って独学で学ぶだけでは、実はポーズを間違ったまま覚えてしまうなどのリスクもあります。

そこで、養成スクールに通ったり、通信講座を受講したりして、専門的な知識を身につけるのがよいでしょう。

近年は、ヨガインストラクターの資格を発行している養成スクールや講座も多いため、ヨガの専門的な知識を学べる機会も比例して多くなっています。
そのため、いざヨガスタジオやスポーツクラブに就職しようとしたとき、資格を持っていなかったりするとなかなか信頼してもらえない可能性があります。

リスクヘッジや就職時のことを考えると、資格は取得しておくほうが望ましいかもしれません。

ヨガインストラクターになるには「通学」がスタンダード!

ヨガインストラクター スクール 通学

ヨガインストラクターになるには養成スクールに通うのが一般的な方法だそうです。

養成スクールに通うメリットは、その場で分からないことを講師に質問できることや、間違ったポーズを覚えていたらすぐに指摘してもらえることが考えられます。

ここでは、代表的なオススメのヨガスクールをご紹介しましょう。

世界に通用する資格が取れる!「FIRSTSHIP」

「FIRSTSHIP」は、世界一の知名度を誇る「全米ヨガアライアンス」というヨガの協会が認定した養成スクールです。

全米ヨガアライアンスの本拠地はアメリカにあります。
協会が発行している資格は、信頼性が高い資格として世界80カ国で認められています。

資格を取得すると「世界各国で通用するスキル保有者」とみなされ、海外でも活躍することが可能です。

日本において全米ヨガアライアンスが認定した養成スクールは数少なく、そのうちのひとつがFIRSTSHIPです。

FIRSTSHIPでは、以下のコースを展開しています。

RYT200認定資格

講義と実践を通して、ヨガの基本を習得するコースです。
カリキュラムは二段階制となっています。

ヨガの基本となる思想や、基礎トレーニングを勉強します。

また、ヨガインストラクターとして身につけておくべき哲学や、コミュニケーションスキルまで学べる点が特徴です。

RYT200認定資格 概要
□ 受講資格:とくになし
□ 受講費用:615,000円
□ 受講期間:200時間
□ 取得できる資格名:RYT200認定資格

RYT500認定資格

RYT200認定資格の上位にあたる資格です。

RYT500のカリキュラムは、RYT200で受講した内容を前提に、さらに「必須講座」(200時間)と「選択講座」(100時間)の計300時間のカリキュラムで構成されています。

選択講座は、自分にしかない「強み」を強化するための講座です。
自分の興味関心に合った講座を100時間まで自由に選べる点が特徴です。

たとえば、以下のような講座が用意されています。

・キッズヨガ
・ウーマンライフヨガ
・ヨガセラピー
・怪我の対処法

ヨガの基礎知識は必須講座でカバーできるうえに、専門的な知識を自分で選んで学べる点が魅力的ですね。

RYT500認定資格 概要
□ 受講資格:RYT200取得者(他スクール・スタジオの修了生も受講可能)
□ 受講費用:必須講座 300,000円(セットで申し込んだ場合)+選択講座 講座によって費用が異なる
例.必須講座 300,000円+選択講座「マタニティヨガ」「ヴィンヤサヨガ」で計628,000円
□ 受講期間:300時間
□ 取得できる資格名:RYT500認定資格

インストラクター 養成100時間

RYT200よりも、さらに初心者向けのコースです。
RYT200コースの約半分の時間と費用で、ヨガの基礎を学べます。

「ヨガインストラクターの資格を取ってみたいけれど、まずはお試し的な形で受講したい」
という方にぴったりです。

インストラクター 養成100時間 概要
□ 受講資格:とくになし
□ 受講費用: 300,000円
□ 受講期間:100時間

社会貢献×ヨガが理念!「日本YOGA連盟」

ヨガを通じて地域社会や福祉に貢献すること、国民の健康のためのヨガ推進を目的に設立されたのが、「日本YOGA連盟」です。

ボランティアや、社会貢献に繋がる活動を精力的に行っています。

正しい知識と確かな技術を備えたヨガインストラクターの育成にも熱を入れており、以下の資格を設けています。

7日間インストラクター養成講座

ヨガの理論、ポーズの基礎と応用、そして指導法を7日間で学べる講座です。

ヨガ教室の開校に関するノウハウも学べるため、自分の教室を開きたいと考えている方にオススメです。

また、日本YOGA連盟の理念である社会貢献・福祉活動に関連する知識として、高齢者に対するヨガの指導法も学べます。
高齢社会のニーズに応えるようなヨガ事業や、社会貢献的な活動に興味がある方には役立つ知識が得られるでしょう。

講座修了後は、連盟が認定するインストラクター試験を受験できるようになります。
この試験に合格しなければ、連盟認定のインストラクターにはなれませんので注意してくださいね。

7日間インストラクター養成講座 概要
□ 受講資格:とくになし
□ 受講費用: 111,456円(税込)
□ 受講期間:7日間(1日につき6時間程度)
□ 会場:関東、関西、九州、東北の主要都市で順次開催
□ 取得できる資格名:日本YOGA連盟認定インストラクター

上級資格を取れば教室・スクールを開設できる!「一般社団法人 全日本ヨガ協会 AJYA」

一般社団法人「全日本ヨガ協会」・通称AJYAでは、知識、技術、そしてホスピタリティを兼ねそえたヨガインストラクターの育成を行っています。

AJYAが認定するヨガインストラクターには、以下のスキルとマインドの習得が必要です。

・ヨガの本質を理解しており、効果的な指導ができる
・心身のメカニズムに精通しており、安全な指導ができる
・ヨガを通じて、人間同士の関わりやメンタル面の教育ができる

AJYA認定の資格は、3つの等級に分かれています。

3級 MASTER マスター

ヨガの基本を学べる講座です。
講座終了後、試験に合格するとAJYAが認定するスクールと教室でインストラクターとして働けます。

3級 MASTER マスター講座 概要
□ 受講費用:80,000円(教材費込)
□ 受講期間:36時間
□ 講座内容:座学/実技
3級 MASTER マスター認定試験 概要
□ 受験資格:20歳以上(未成年は保護者の承認が必要)
□ 受験費用:10,000円
□ 出題内容:倫理/実技
□ 実施日:随時
□ 受験会場:認定スクール
□ 取得できる資格名:3級 MASTER マスター

2級 ADVANCE アドバンス

3級MASTERコースの進級クラスとして、応用的な内容を学べます。

ヨガに取り入れるとよいアロマテラピーや、「アーユルヴェーダ整体学とヨガの関係」などの知識まで習得できるのがポイント。

2級の試験に合格すると、AJYAが認定する教室を開設できます。

2級 ADVANCE アドバンス講座 概要
□ 受講費用:200,000円(教材費込)
□ 受講期間:64時間
□ 講座内容:座学/実技
2級 ADVANCE アドバンス試験 概要
□ 受験資格:20歳以上(未成年は保護者の承認が必要)
□ 受験費用:20,000円
□ 出題内容:倫理/実技
□ 実施日:随時
□ 受験会場:認定校
□ 取得できる資格名:2級 ADVANCE アドバンス

1級 SENIOR シニア

ヨガについて、基礎から応用までディープに学びたい方にオススメの講座です。
「上級ポーズ」、「陰ヨガ」、「シニアヨガ」、「応急救護」など、ヨガに関連する知識を幅広く習得します。

最上級である1級を取得したら、AJYA認定のスクールを独立開業できます。

1級を取得したインストラクターは、前述した全米ヨガアライアンスのRYT200認定資格を取得することも可能です。

1級 SENIOR シニア講座 概要
□ 受講費用:380,000円(教材費込)
□ 講座内容:座学/実技
1級 SENIOR シニア講座 概要
□ 受験資格:20歳以上/2級会員取得者
□ 受験費用:30,000円
□ 出題内容:倫理/実技/面接
□ 実施日:年2回
□ 受験会場:銀座本校
□ 取得できる資格名:1級 SENIOR シニア
講座については、すべてAJYAの認定校である養成講座の内容・受講料金になります。

なかなか時間がない…そんな社会人や主婦にオススメな「通信講座」

ヨガインストラクター 通信講座 通信

ヨガインストラクターになるには、通信講座で勉強する方法もあります。
通信講座を利用するメリットは、以下のとおりです。

・養成スクールに通う時間がない
・家事や育児、仕事で忙しいため、自分のペースで学習を進めたい
・通学に比べて費用が安い

FIRSTSHIPは「ヨガインストラクター通信養成講座」も展開!

先にオススメの養成スクールとしてご紹介したFIRSTSHIPには、通信講座もあります。
受講対象は、初心者から経験者までと、幅広いのが特徴です。

ヨガインストラクターの資格取得までは考えていないものの、自宅で気軽にヨガを学んでみたい方にも対応した講座です。

FIRSTSHIPに通学していて、講義の内容を自宅で復習したい方にもオススメのカリキュラムとなっています。

FIRSTSHIP ヨガインストラクター通信養成講座 概要
□ 受講資格:とくになし
□ 受講費用:29,800円(税込)
□ 教材:
DVD4枚セット(ハタヨガ、シニアヨガ、リストラティブヨガ、アーユルヴェーダ、機能解剖学、ヨガ哲学)
書籍「ヨガポーズパーフェクトバイブル」
テキスト
□ 修了方法:70%以上の正答率でWebテストに合格すると「FIRSTSHIP通信講座修了証」が発行される
□ 取得できる資格名:FIRSTSHIP通信講座修了証(RYT200などの全米ヨガアライアンス認定資格は、通信講座の修了だけでは取得できません)

FISRTSHIPの通信講座で使われるDVD教材には、スクールで実際に行われている講義の内容が収録されています。
「インストラクターの一日」や「インタビュー」などの特典映像つきです。

「ヨガポーズパーフェクトバイブル」には、134種類のヨガポーズが収録されており、初心者からインストラクターまで使えるポーズが満載。
ポーズ完成に至るまでの過程も、写真つきで細かく解説されています。

スクールに通わずとも、「本当のヨガ」習得に必要なアーユルヴェーダや機能解剖学なども学べる充実の通信講座です。

選べるコースが6つも!資格のキャリカレの「ヨガインストラクター講座」

資格のキャリカレが開講する「ヨガインストラクター講座」では、理論的にクラスを組み立てる方法や、生徒のレベルに合わせた指導方法など、インストラクターとして身につけるべき指導法が学べます。

以下の6つのコースが、講座の最大の特徴です。

・ベーシックコース(必修)
ヨガの基本から応用まで
取得できる資格:ヨガインストラクター
・コアヨガコース
インナーマッスルを鍛えるヨガと指導法を学ぶ
取得できる資格:コアヨガインストラクター
・リラックスヨガコース
癒やし・ストレス解消のためのヨガと指導法を学ぶ
取得できる資格:リラックスヨガインストラクター
・マタニティヨガコース
妊婦さんへヨガを教える指導者育成コース
取得できる資格:マタニティヨガインストラクター
・キッズヨガコース
子どもたちへヨガを教える指導者育成コース
取得できる資格:キッズヨガインストラクター
・シニアヨガコース
高齢者へヨガを教える指導者育成コース
取得できる資格:シニアヨガインストラクター
◆引用元:ヨガの資格なら通信教育のキャリアカレッジジャパン「講座の特長|ヨガインストラクター養成講座」

興味のあるコースの資格だけを取得することもできますが、すべてのコースの資格を取得することも可能です。

6つのコースをすべて修了すれば、ヨガに関連するノウハウを幅広く身につけたインストラクターを目指せるでしょう。

なお、リラックスヨガコース以降のコースの受講は「順不同」です。まずは必修の「ベーシックコース」を修了する必要があります。
資格のキャリカレ ヨガインストラクター講座 概要
□ 受講資格:とくになし
□ 受講費用:56,000円(一括・ネット申し込みの場合)
□ 受講期間:各コース2ヶ月
□ 教材:
学習ガイドBOOK
テキスト7冊(ベーシックヨガ、リラックスヨガ、コアヨガ、マタニティヨガ、キッズヨガ、シニアヨガ、開業サポートBOOK)
DVD6枚
添削問題1冊
添削問題提出用封筒6枚
添削問題返信用封筒6枚
質問用紙10枚
□ 修了方法:修了試験の受験(在宅可能)
添削回数:6回(各コース1回)

生徒との信頼関係が不可欠!ヨガインストラクターの仕事内容

ヨガインストラクター 仕事 ヨガインストラクター 仕事内容

ヨガインストラクターの仕事は、レッスンのメニュー作りや、ヨガの技術を生徒に指導することがメインです。

また、ヨガインストラクターは、人と接する仕事です。

ヨガの知識や技術を備えていることは当然ですが、生徒とどれだけ信頼関係を築けるか、高いホスピタリティを提供できるか、生徒のコンディションを把握できるか、といったコミュニケーション能力は、とくに欠かせないスキルはです。

ヨガインストラクターの職場・活躍方法は?

ヨガインストラクターの職場は、下記のとおりです。

ヨガスタジオ

フィットネスクラブ

カルチャースクール

スポーツジム

介護福祉施設

独立開業

ヨガスタジオやフィットネスクラブなどで働く場合は、正社員契約社員として採用されるパターンが主流です。
シフト制の出勤形態を採用している職場だと、担当クラス、担当するレッスン内容が日によって異なることもあります。

カルチャースクールでは、マタニティヨガ、ベビーヨガ、高齢者向けのヨガなど一定のテーマを設けたレッスンが人気とのことです。

介護福祉施設でレッスンを行う場合は、高齢者向けのレッスンメニューを考え、高齢者に体を動かす喜びを実感してもらいます。
リハビリテーションや、レクリエーションの一貫としてヨガを取り入れている施設も。

なかには、フリーランスとして活動するヨガインストラクターもいます。
フリーランスの場合は独立開業したり、時間講師としてヨガスタジオなどと契約したり、生徒の自宅に訪問するプライベートレッスンを行ったりと、働き方はさまざまです。

日本でも副業を解禁する企業が増えてきました。
平日は会社で働き、土日はヨガのインストラクターとして活躍することも夢ではありません。

ヨガインストラクターの収入はどれぐらい?

『日本の給料&図鑑』によれば、ヨガインストラクターの生涯賃金は1億3760万円とのこと。

雇用期間を22歳から65歳までと仮定し、平均給与とボーナスをかけ合わせて算出しています。

平均給与は20万円
初任給の平均は、15万円から18万円とされています。

ヨガインストラクターとして収入をアップさせるには、人口が多い主要都市のヨガスタジオか、専門的な分野に特化したスタジオ(ヨガ専門、ピラティス専門など)に就職する方法が考えられます。

いかに集客率の高いレッスンを行えるかがカギでしょう。

まとめ

ヨガインストラクター まとめ

ヨガインストラクターになるには、資格の取得は必須ではありません。

しかし、人の健康に関わる仕事であることや、就職時のことを考えると、取得しておくに越したことはないでしょう。

養成スクールに通学する方法と、通信講座で資格を取る方法では、それぞれメリットも異なります。

学べる時間の有無やライフスタイルの違い、自分の目標などによって、講座に求める条件も人それぞれでしょう。

通学にせよ、通信にせよ、ヨガインストラクターになるために勉強したい方は、
・今の生活状況で学習を継続できるか?
・どのような内容の講座に魅力を感じるか?
・ヨガに関連した特定分野の専門知識を身につけたいか?
・どのような学習方法が自分に合っているか?

など、まずは自分にふさわしい講座の条件を洗い出してみてはいかがでしょうか。

ウーモアでは、女性にオススメの資格講座や習い事を多数掲載中です。
「何か新しいことを始めたい」
「そろそろ私もキャリアアップしてもいいころなんじゃないかしら?」
「前から気になっていた○○っていう資格、思いきって取ってみようかな!」
など、気になる資格講座、習い事に関する資料を【無料】でご送付いたします。
少しでも資格講座が気になった方は、お気軽にウーモア編集部までお問い合わせください♪
あなたがなりたい自分になれますように。

参考


『日本の給料&職業図鑑Plus』(2016年,宝島社,給料BANK)
『日本の給料&職業図鑑』(2016年,宝島社,給料BANK)
全米ヨガアライアンスについて(2018年5月25日, http://firstship.net/character/alliance.html)
ヨガスタジオ・インストラクター養成スクールのFIRSTSHIP(ファーストシップ)「資格一覧」(2018年5月25日, https://www.firstship.net/academy/lic#step1)
ヨガスタジオ・インストラクター養成スクールのFIRSTSHIP(ファーストシップ)「資格一覧 – RYT200」(2018年5月25日,https://www.firstship.net/academy/lic/ryt200)
ヨガスタジオ・インストラクター養成スクールのFIRSTSHIP(ファーストシップ)「資格一覧 – RYT500」(2018年5月25日,https://www.firstship.net/academy/lic/ryt500)
全米ヨガアライアンスについて「RYT500カリキュラム |国内プログラム」(2018年5月25日,http://firstship.net/be/ryt500.html)
ヨガスタジオ・インストラクター養成スクールのFIRSTSHIP(ファーストシップ)「インストラクター養成100時間」(2018年5月25日,https://www.firstship.net/academy/lic/inst100)
全米ヨガアライアンスについて「学費 | 国内プログラム」(2018年5月25日,http://firstship.net/be/price.html)
NPO法人日本YOGA連盟「日本YOGA連盟とは」(2018年5月25日,http://www.npo-yoga.com/introduction/nipponyogaunion.html)
NPO法人日本YOGA連盟「ヨガインストラクターになるには」(2018年5月25日,http://www.npo-yoga.com/ikusei/yoga_instructor.html)
NPO法人日本YOGA連盟「7日間インストラクター養成講座」(2018年5月25日,http://www.npo-yoga.com/ikusei/yoseikoza/shidosha_yosei.html)
一般社団法人 全日本ヨガ協会(AJYA)「ヨガインストラクター資格」(2018年5月25日,http://www.ajya.jp/license/)
オンフルールヨガ(群馬/新横浜/銀座/つくば/吹上)「インストラクター養成講座案内」(
2018年5月25日,http://www.honfleur.jp/yoga/contents/college/course.php)
ヨガスタジオ・インストラクター養成スクールのFIRSTSHIP(ファーストシップ)「ヨガインストラクター通信養成講座」(2018年5月28日,https://www.firstship.net/correspondence#2)
ヨガの資格なら通信教育のキャリアカレッジジャパン「ヨガインストラクター養成講座|仕事と収入」(2018年5月28日,http://www.c-c-j.com/course/products/healing/yoga-instructor/revenue.html)

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。

こちらの記事もお役に立てるかも?

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

50,000人以上が購読するメールマガジンに登録しませんか?

・おすすめの資格講座に関する情報
・メルマガ読者だけの最新講座情報
を無料でお届けします。

メールアドレス


個人情報保護方針に同意して