トリマーになるには?オススメ資格・費用・仕事内容を解説

トリマー 資格 必要 仕事内容 将来性 向いている人

「トリマー」は、「トリミング」と呼ばれる体毛処理や、カット、爪切り、シャンプーなど、犬の身だしなみに関するスペシャリストです。
いわば、ペット専門の美容師です。

動物好きな方やペット業界で働きたい方で、トリマーに憧れている方は少なくないのではないでしょうか。

この記事では、そんなトリマー志望の方に向けて、トリマーに関する情報をまとめました。

トリマーになる方法、資格取得の必要性、学費の目安、仕事内容、そして将来性まで、トリマーを目指す方が押さえておきたいトピックを紹介します。

トリマーになるには?

トリマー なるには

トリマーは、専門資格がなくても就ける職業です。
例えば、ペットショップやペットサロンなどで働きながら、知識と技術を身につけることも不可能ではありません。

しかし、トリマーの資格を取得しておくと、就職時に一定の信頼を得られたり、経験が昇給に反映されたりすることもあります。

資格の勉強を通じて、動物の行動学や衛生学、看護学などの知識を習得できる点も、実際に働き始めてからのアドバンテージとなるでしょう。

トリマーの資格を取得する方法

トリマー 資格 取得

2018年6月現在、国内で認定されているトリマーの資格は、民間資格のみとなっています。

トリマーの資格を取得するには、2つの方法があります。
通信講座を受講する方法と、専門学校に通って学ぶ方法です。

通信講座でトリマーの資格を取得する

通信講座は、ペットショップやペットサロンで働きながらトリマーの資格を取得したい方にオススメです。

自宅にいながらトリミングの基礎や技術を学べるので、通学が難しい社会人や主婦の方とも相性がよいといえます。

受講期間は1年以内というケースが一般的です。

トリミングを実習できる講習会やスクーリングを実施している講座もあるため、技術面に不安がある方は、実践で学べる場に参加してみるとよいでしょう。

専門学校に通う

専門学校では、動物の行動や体の仕組みなどの学科授業や、グルーミングなどの実習を通して、トリマーに必要な知識や技術を全般的に身につけられます。

通学には、以下のメリットがあると考えられます。

●実習が多いため、わからないところは講師に聞きながら技術を習得できる
●人脈を築けるため、仕事を紹介してもらえるチャンスが広がる
●同じ志を持つ仲間と一緒に学べるため、学習上の悩みや課題を共有できる

専門学校での学費は、通信講座と比較してかなり高額になります。

2年制のトリマー養成専門学校では、入学金を含めた初年度の費用は130~150万円前後が一般的です。
2年目の学費は、前期後期合わせて100万円前後が目安です。

専門学校は、卒業後にトリマーとしてすぐに活躍できる点が最大の魅力ですが、学費の面における準備が必要といえますね。

トリマーの資格が取得できる!オススメの通信講座3選

トリマー 通信講座

一般社団法人ジャパンケンネルクラブ「JKC公認トリマー」

一般社団法人「ジャパンケンネルクラブ」が認定する「JKC公認トリマー」は、代表的なトリマーの資格です。

JKC公認トリマーには、5種類の等級があります。

・「C級」
・「B級」
・「A級」
・「特士」
・「師範」

JKC公認トリマーは、基礎資格であるC級の受験からスタートする仕組みになっています。

C級を取得する方法は、以下の2つです。

①JKC公認の養成機関で取得する

18歳以上が対象です。JKCが指定する養成機関で所定の課程を修了し、卒業試験に合格すれば取得できます。

②2年以上のJKC会員歴を経たうえで、独学受験する

養成機関に入学しない場合は、独学で認定試験を受験することになります。
その場合、18歳以上で2年以上の会員歴があれば、C級の「受験資格」を取得できます。

独学の勉強法としては、協会が発刊している「最新ドッググルーミングマニュアル」で筆記科目をカバーできるでしょう。
実技科目に関しては、動物のペットサロンなどで働いて技術を学ぶ人が多いとされています。

JKC公認トリマー資格取得試験は、全国各ブロックの試験会場で、年に1回実施されています。
受験料は5,300円です。

なお、独学受験に関しては、C級を取得してから2年後にB級の受験資格を得られます。

トリマーの資格として高い認知度がある資格ですので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

一般社団法人日本ペット技能検定協会「トリマー2級」

「トリマー2級」は、一般社団法人「日本ペット技能検定協会」が認定するトリマー資格です。

ペットサロンやペットショップ、動物病院において、グルーミングの技術者であることを証明します。

協会指定のカリキュラムを修了すると、受験資格が得られます。

検定試験は、筆記試験と実技試験の2科目で構成されています。

ちなみに上級資格は、「トリマー1級」と「トリマー教師」です。
ただ、上級資格を受験するには2級を取得していることが必須ですので、まずは2級の取得を目指しましょう。

ウーモアでは、「ヒューマンアカデミーたのまな」が開講する「トリミング講座」を掲載しています。
こちらの通信講座を修了すると、トリマー2級を取得できます。

講座の学習期間は、約7ヶ月
3回の添削指導や、「実寸モデル犬」と練習用のハサミとコームがついてくるなど、合格のためのサポート体制も充実しています。
また、検定試験は在宅受験が可能です。

上記の「トリマー2級」取得可能な講座にご興味がある方は、以下より詳細をご覧いただけます。
講座の資料は【無料】でご送付いたします。お気軽にお問い合わせください♪

トリマーの仕事内容

トリマー 仕事内容

ペットとして飼われている犬のトリミンググルーミングが、トリマーの主な仕事です。

カットや爪切り、肛門絞りなどを通して犬の健康をチェックすることも、トリマーの重要な仕事です。

飼い主さんとのコミュニケーションも、トリマーの仕事のひとつ。
お手入れやしつけなどのアドバイスを行うことで、飼い主さんとの信頼関係をさらに高めることができるでしょう。

活躍場所は、ペット専門のペットサロンやペットショップ、動物病院、動物飼育施設など、多岐に渡ります。

勤務場所によってはペット用品やペットの食事に関する知識が求められることもあるそうです。

トリマーに向いているのはこんな人!

トリマー 向いている トリマー 向いてる

当然ですが、犬好きであることは大前提となります。

また、さまざまな犬種、大きさの犬に対応できるスキルも必要です。
暴れたり吠えたりなど、気性の荒い犬にも対応しなければならないときもあるでしょう。

そのため、どんな犬の対応もでき、どんなときでも落ち着いて対処できる能力を持つ方は、トリマーに向いている可能性があります。

犬のトリミングは長時間にわたることもありますので、体力や忍耐力も求められるでしょう。

また、トリマーは接客業でもありますので、飼い主さんとのコミュニケーション能力も必要です。
トリマーは、基本的に飼い主さんが愛犬に望むスタイルを提供しなければなりません。

優れた技術力だけではなく、会話力や飼い主さんの要望を汲み取る力があり、気遣いができるスキルも大切です。

動物が好きで社交性があり、人と接することが好きな方は、トリマーに向いているかもしれませんね。

トリマーの将来は明るい?

トリマー 将来性

一般社団法人「ペットフード協会」の調査によると、2017年10月現在、日本全国でペットとして飼われている犬の頭数は、8,920千頭です。
対する猫の飼育頭数は9,526千頭。

猫が犬を上回る結果となりました。

2013年からの推移を見ると、猫の飼育数はほぼ横ばいですが、犬の飼育頭数は減少しています。

しかし、こうした現状がありながらも犬1頭にかける費用は年々増加しているそうです。

国内のペット市場を調査した「矢野経済研究所」は、費用増加の背景には、犬を家族の一員としてみなす人が増えていることを指摘しています。

また、同協会は2016年のペット市場の規模が1.4兆円だったことを発表しました。
翌年の2017年は、1.5兆円を突破しています。

ペット市場は拡大の一途をたどっていることが分かりますね。

同時に、ペット用品の開発や多様化も進んでいるとのことです。
ペットに関する質の高いサービスのニーズも高まっているといいます。

以上のことから、動物の扱いに長けた力と専門知識を持つトリマーの需要が今後減っていくことは、考えにくいでしょう。

ペットの市場規模の大きさや、サービスに対するニーズの高さを鑑みると、飼い主の期待を上回るような技術とサービスを提供できるスキルが、一層求められる時代になるかもしれませんね。

まとめ

トリマー まとめ

トリマーに関する情報で、「ここは押さえておきたい」というトピックを紹介してきました。

トリマーになるには、必ずしも資格が必要なわけではありません。
しかし、資格を取得しておくと、就職時に有利に働く可能性はあります。

また、命あるペットを相手にハサミを使って接する仕事ですから、やはり専門学校に通ったり、資格取得を通じたりして、専門的な知識と技術を習得しておくことがオススメです。

犬が大好きな方、動物と接する仕事に就きたい方は、専門学校や通信講座のリサーチから始めてみてはいかがでしょうか?

ウーモアでは、トリマーに関する資格講座を掲載中です。
「犬が大好き!犬と関われる仕事がしたい」
「家事が空いた時間に、好きなパートをしたい」
など、自分の「好き」を活かせる仕事がしたい方や、スキルを身に着けたい方は、以下より資格講座の詳細をご覧いただけます。
気になる資料は【無料】でご送付いたします。
お気軽に、ウーモア編集部までお問い合わせください♪
あなたがなりたい自分になれますように。

参考


『日本の給料&職業図鑑』(2016年,宝島社,給料BANK)
『日本の給料&職業図鑑Plus』(2016年,宝島社,給料BANK)
一般社団法人ジャパンケネルクラブ「資格取得の条件」(2018年6月10日,https://www.jkc.or.jp/modules/licenses/index.php?content_id=4)
一般社団法人日本ペット技能検定協会「トリマー」(2018年6月10日,http://www.pet-bunka.net/s_trimmer/index.html)
たのま「トリミングプロフェッショナル講座」(2018年6月10日,http://www.tanomana.com/hpgen/HPB/entries/1.html?code=080847)
一般社団法人ペットフード協会|平成29年全国犬猫飼育実態調査「II.調査結果の要約」(2018年6月10日,http://www.petfood.or.jp/data/chart2017/3.pdf)
矢野経済研究所「ペットビジネスに関する調査を実施」(2018年6月10日,https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/1892)

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

資格学習にはメルマガ登録がオススメ!

50,000人以上が購読するメールマガジンに登録しませんか?

・おすすめの資格講座に関する情報
・メルマガ読者だけの最新講座情報
を無料でお届けします。

メールアドレス


個人情報保護方針に同意して