ペットシッターになる方法!資格取得のメリット・仕事内容

ペットシッター なるには なる方法 仕事内容 資格

旅行や急な外出、出張などで大切なペットを家に残していくとき、飼い主さんは不安な気持ちを抱えるものですよね。

突然家を空けることになってしまったときにペットを預けられる先として、ペットホテルや、動物愛護団体などによる一時預かりサービスがあります。

しかし、慣れないペットホテルに預けるよりも、安心できる自宅でペットを過ごさせてあげたい飼い主さんもいらっしゃいます。

そこで白羽の矢が立つのが、ペットシッターです。

この記事では、ペットシッターの仕事内容、ペットシッターになる方法、そしてオススメのペットシッター資格を4つ紹介します。

動物が好きな方、ペット業界で働いてみたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ペットシッターの仕事内容!どんなスキルが必要?

ペットシッター 仕事内容

ペットシッターは、ペットのお世話が主な仕事です。

依頼主の自宅に伺い、ペットの遊び相手になったり、食事や排泄などのお世話をしたりして、飼い主さんと同様の役割を担います。

仕事をはじめるにあたり、ペットショップやペットホテルなどの施設や設備を用意する必要はありません。

ペットシッターに求められるスキルとして、預かるペットと愛着関係を築く能力や、どんな動物にも柔軟に対応できる能力があげられるでしょう。
動物の特性を把握する専門的な知識も必要です。

大切なペットを預かってお世話をする以上、ペットシッターの責任は重大。
飼い主さんと信頼関係を構築することも欠かせません。コミュニケーション能力も、非常に重要なスキルです。

ペットシッターになるには?資格は取得するべき?

ペットシッター 資格取得

ペットシッターには、国家資格はありません。
また、資格の取得も必須ではなく、任意です。

ペットシッターを派遣する企業や会社に雇用されて、経験と実績を積み重ねることもひとつの手。

ただし、ペットに関連する資格を取得しておくと、一定の知識とスキルを備えた人とみなされ、信頼してもらえる可能性はあります。

ペットの取り扱いに慣れているペットサロンやペットショップなどで働いたことがある方は、経験が役立つケースもあります

ペットシッターとして独立開業する場合は届け出が必須

ペットシッターには、ペットホテルや派遣会社で雇用される形ではなく、開業する方もいらっしゃいます。

独立開業する場合は、自治体に「動物取扱業」の申請をしたうえで、動物取扱業者の登録を行う必要があります。

動物取扱業者とは、営利を目的として動物を取り扱う職種に携わる人のこと。

動物取扱業は、以下の5種類の種別に分類されています。

「販売」
「保管」
「貸出」
「訓練」
「展示」

このうち、開業するペットシッターは「保管」を目的に動物を預かる動物取扱業者として扱われます。

ペットシッターとして開業したあとは、自治体が指定する動物取扱者研修を年に1回受講することが法律で義務付けられています。

「動物取扱業」の申請には、以下のいずれかの要件を満たさなければなりません。

要件1

営もうとする動物取扱業の同一種別に関する実務経験が半年以上ある

要件2

1年以上の修了課程の動物取扱業に関連する教育機関を卒業している

要件3

動物取扱業者としての知識や技術を証明できる資格を取得している

このうち、要件3にあたる資格には、以下のものがあります。

「認定ペットシッター」
「ペットシッター士」
「動物看護士」
「トリマー」

上記以外にも対象となる資格はあります。
ペットシッターとして独立開業したい方は、各地方自治体の要件を確認してください。

参考:東京都動物愛護相談センター「動物取扱責任者の要件」

ペットシッターの資格4選

ペットシッター 資格

ペットシッターの資格を取得するには、ペット関連のスクールや専門学校に通う方法と、通信講座で学ぶ方法があります。

資格を取得するメリットは、動物に関する基礎知識を体系的に身につけられる点。
また、ペットに対応するスキルを習得していることが、目に見える形で証明できる点でしょう。

以下に、代表的なペットシッターの資格をご紹介します。

日本ペットシッター協会「ペットシッター士」

「日本ペットシッター協会」が認定する「ペットシッター士」は、環境省が定める動物取扱業者の要件を満たしているペットシッター資格です。

ペットシッター士を取得するには、以下の3つの方法のいずれかで受講をする必要があります。

・通信講座
・通学コース
・カルチャースクール講座

各講座の課程を修了し、認定試験に合格すると資格取得となります。

【通信講座 概要】
□ 受講期間:6か月以内
□ 受講費用:50,400円
認定試験は全国各地の認定試験会場での受験となります。
【通学コース 概要】
□ 受講期間:6日間
□ 受講費用:88,200円
□ 受講会場:日本ペットシッター協会本校スクール
【カルチャースクール講座 概要】
□ 受講期間:自宅学習と2日間の講習会
□ 受講費用:48,000円+9,200円
□ 受講会場:全国各地のカルチャースクール
受講の申し込みは直接カルチャースクールにお問い合わせください。カルチャースクールの一覧は日本ペットシッター協会の公式サイトから確認できます。

参考:日本ペットシッター協会「カルチャースクール講習」

ペットシッタースクール「認定ペットシッター」

「ペットシッタースクール」の「認定ペットシッター」も、環境省が定めた動物取扱業者の要件を満たす資格です。

資格を取得するには、通学講座通信講座のふたつの方法があります。

通学コースの特徴は、専門家による講義と実践的な実習を受けられる点です。

また、通学コースを修了すると、「パピーティーチャー」の資格も取得できます。
パピーティーチャーとは、子犬のしつけや預かりに特化した専門資格です。

一方の通信講座は、オリジナル教材を活用した学習がポイント。
DVD教材と課題で、ペットシッターとして仕事をするノウハウも習得できます。

講座修了後は、認定試験に合格すれば資格が取得できます。

【通学講座 概要】
□ 受講期間:11日間
□ 受講費用:149,000円(税込)
□ 受講会場:ペットシッタースクール新宿校
【通信講座 概要】
□ 受講費用:72,000円(税込)

ヒューマンアカデミーたのまな「ドッグシッター講座」「キャットケアスペシャリスト講座」

「ヒューマンアカデミーたのまな」では、ペットシッター資格を取得できる講座を開講しています。

犬のお世話に特化した「ドッグシッター講座」と、猫のお世話に特化した「キャットケアスペシャリスト講座」のふたつです。

ドッグシッター講座

「家庭犬トレーニング技法」など、犬のトレーニングに関する基礎技能や、犬の健康管理に特化した専門知識を身につけられる講座です。

ペット業界で働く方や、愛犬のしつけと健康管理に関する技能を身につけたい飼い主にもオススメ。

ドッグシッター資格は、添削課題を提出し、合格ラインをすべてクリアし、ライセンスを申請すれば取得できます。
ライセンスの申請をしない場合は、修了証の交付のみとなります。

資格を取得して実力を示したい方は、ライセンスの申請まで手続きを行いましょう。

また、希望すれば現役のペットシッターに同行して、実地研修を受けることも可能です(費用別途)。

【ドッグシッター講座 概要】
□ 受講費用:79,000円(税込)
□ ライセンス交付料:12,000円
□ 受講期間:4か月(在籍期間:12か月)
□ 添削回数:2回
ウーモアでは、上記の「ドッグシッター講座」を掲載中です。
資料は【無料】でお取り寄せが可能です。講座の詳細情報を知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

キャットケアスペシャリスト講座

キャットケアスペシャリスト講座では、猫の品種、正しい飼育方法、看護学など、猫に関する知識を幅広く学べます。

「キャットケアスペシャリスト」だけではなく、「キャットシッター資格」もあわせて取得できますので、資格をW取得したい方にはピッタリです。
カリキュラムを全て修了すれば、「キャットケアスペシャリスト」と「キャットシッター資格」のふたつを取ることができます。

「全国犬猫飼育実態調査」によれば、猫の飼育頭数は2017年10月時点で犬の飼育頭数を上回っています
2013年からほぼ横ばいの飼育頭数となっており、人気が安定し始めていることが分かりますね。

猫を飼育する家庭が増えていることや、2010年代から火がついたといわれている猫ブームなどの社会的背景を考えると、今後は猫のシッターも需要が増えるかもしれません

猫好きの方、猫について勉強したい方、猫専門のシッターになりたい方は、下記の講座をチェックしてみてはいかがでしょうか。

【キャットケアスペシャリスト講座 概要】
□ 受講費用:89,000円(税込)
□ ライセンス交付料:12,000円
□ 受講期間:4か月(在籍期間:12か月)
□ 添削回数:2回
ウーモアでは、上記の「キャットケアスペシャリスト講座」を掲載中です。
資料は【無料】でお取り寄せが可能です。講座の詳細情報を知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

まとめ

ペットシッター 資格 まとめ
ペットは、飼い主さんにとって家族ともいえる大切な存在です。

「ペットが安心して過ごせる環境を第一に考えたい」。
そんな心情をもった飼い主さんとしては、せっかくペットを預けるのであれば安全で信用できる対応力と知識がある人に預けたいところでしょう。

命を預かる仕事として責任をもち、大切なペットをケアするペットシッター。

「動物が好き」という気持ちを仕事にしたい、ペット業界で働いてみたい方は、ペットシッターの講座の受講を考えてみてはいかがでしょう。

ウーモアでは、ペットシッターに関する資格講座を掲載中です。
「動物のことをもっと理解したい」
「ペットシッターとして仕事を始めたい」
「新しいことを始めたいから、資格を取りたい!」
そんな方は、お気軽にウーモア編集部までお問い合わせください。
気になる講座の資料は【無料】でご送付します♪
あなたがなりたい自分になれますように。

参考サイト


環境省自然環境局|第一種動物取扱業者の規制(2018年6月17日,https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/1_law/trader.html)
東京都動物愛護相談センター|動物取扱責任者の要件(2018年6月17日,http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/douso/dt_gyou/youken.html)
日本ペットシッター協会(2018年6月17日,http://www.pet2211.com/%E5%8B%9F%E9%9B%86%E8%A6%81%E9%A0%85/)
ペットシッタースクール [動物取扱業登録認可]「コース紹介|認定ペットシッター養成講座」(6月17日,http://www.ps-school.jp/content/course.html)
たのまな|キャットケアスペシャリスト講座(2018年6月17日,http://www.tanomana.com/SHOP/1135T276.html?code=080847)
平成29年 全国犬猫飼育実態調査|全国犬猫飼育実態調査|一般社団法人ペットフード協会「調査結果の要約」(2018年6月26日,http://www.petfood.or.jp/data/chart2017/2.pdf)
平成29年 全国犬猫飼育実態調査|全国犬猫飼育実態調査|一般社団法人ペットフード協会「主要指標 サマリー」(2018年6月26日,http://www.petfood.or.jp/data/chart2017/3.pdf)

ABOUTこの記事をかいた人

「なりたい自分」に近づくヒントや情報を提供し、女性の自己実現を応援します。
資格やキャリア、保育に関する情報をピックアップしてお届け!LINE@友達になる

役に立ったと思ったら、シェアをお願いします♪

資格学習にはメルマガ登録がオススメ!

50,000人以上が購読するメールマガジンに登録しませんか?

・おすすめの資格講座に関する情報
・メルマガ読者だけの最新講座情報
を無料でお届けします。

メールアドレス


個人情報保護方針に同意して